ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは





カテゴリトップ >  > 日体大ビブリオシリーズ

日本体育大学公開講座、日体大ビブリオシリーズ、日本体育大学
日体大ビブリオ「育てる」シリーズ3 "人間力"を育てる−スポーツと教育をく貫く芯
商品番号: b_nittaidai006
お気に入りに追加
お気に入りに追加
バスケットボール選手から指導者へ。指導者から教育者へ。
その流れを貫く"人間力"とは何か
大学学長としての現在、その信念を語る

苦難の少年時代でも明るく強く、周囲の人たちに育てられた。日本体育大学ではバスケットボール部に所属。
卒業後は教員となり、バスケットボール部監督として悩み、導かれながら公立高校初のインターハイ出場を果たす。
さらに教育現場では、学校の改革を目指し、自らの信念と行動をもって成果をあげる。
そして芦屋大学の学長となった今、若き指導者に伝えたい重いとは。比嘉先生の"人間力"教育を余すことなく明かした1冊。

【主要目次】
Higa Satoru(フォトギャラリー)
まえがき

第1部 選手として歩んだ道
第1章 バスケットボールとの出会い
  小学校で受けた沖縄差別が生き方の柱のひとつに/プロ野球選手を夢見た選手時代

第2章 人生を変えた恩師との出会い
  憧れの強豪チームへ/生きる道筋と照らしてくれた恩師たち

第3章 日本体育大学へ
  クーデター失敗で合宿所から脱走/日体大は社会の教室

第2部 指導者として歩んだ道
第4章 教員・指導者としての一歩を踏み出した羽曳野高校
  憧れの教職につく/ゼロポイントからの出発/公立高校では11年ぶりにインターハイ出場/やんちゃくれを育てる

第5章 教育委員会時代
  「なみはや国体」と「なみはやドーム」の立ち上げ/高校生のためのインターハイを

第7章 芦屋大学で学生とともに夢を追い続ける
  アスリートを学生の中心的存在に/学長としての改革に着手

第3部 私を導いてくれたもの
  母の無言の教えから人としての生き方を学んだ/人生の危機を何度も救ってくれた読書/部活動は「本物の体験」や「見えない学力」の宝庫/若いときの失敗や苦労が大切

あとがき

仕様


商品名 日体大ビブリオ「育てる」シリーズ3 "人間力"を育てる−スポーツと教育をく貫く芯
発売元発行/学校法人 日本体育大学
企画・構成/日体大総合研究所
著者比嘉 悟(芦屋大学 学長)
発売日2016年7月22日
体裁A5判、96ページ(カラー口絵8ページ)




◆ご注文ありがとうございます!

◆お客様の声をご紹介!


ショップへ相談