現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


 検索キーワード: 価格範囲指定:  

キャスト
御子柴礼司 - 三上博史
東條幹也 - 染谷将太
東條美津子 - とよた真帆
白石隼也
野間口徹
山下容莉枝
堀部圭亮
中原丈雄(特別出演)
渡瀬 - リリー・フランキー

スタッフ
監督 - 青山真治
脚本 - 西岡琢也
原作 - 中山七里『贖罪の奏鳴曲』
音楽 - 山田勳生、青山真治


2012年2月18日放送の『王様のブランチ』でも紹介され、大森望も推奨した著者初のリーガル・サスペンス作品。2012年3月号の『ダ・ヴィンチ』の今月のプラチナ本にも選ばれた。
著者の他の作品にも度々登場する古手川と渡瀬のコンビが今作でも登場し、主人公である御子柴礼司に迫る。出版元は違うものの『連続殺人鬼カエル男』と同じく古手川が埼玉県警に配属になって1年が過ぎた頃の話だが、時系列的にはこちらの方が後[注釈 1]になり、人物や出来事が多数リンクしている。
著者の中山は、「主人公が変化していく物語と謎が解決していく物語を一緒に描きたい」と考え執筆を開始。結果、どんでん返しを含んだミステリーというだけではなく、少年法の是非や、障害者を持つ家族の実態、贖罪の意味など様々な問題を投げかける作品となった。”贖罪の奏鳴曲”というのは御子柴自身のソナタを表しており、ベートーベンの「ピアノソナタ第23番ヘ短調〈熱情〉」を聴くことによって改めて自分の罪と向き合うなど、音楽にも重要な役割がもたせてある。ある懲役囚から自身の本の感想を聞いた時、人を殺す人間というのは何かが欠落しており、それは言葉や知識ではなく感性であるということを知った中山は、音楽で感性が目覚めるというシーンを描くことを決意。医療少年院でピアノを弾く少女と出会うシーンでそれを実現させたが、演奏シーンが長すぎるのではないかという意見が編集者から挙がる。しかし長めにとらなければ主人公が変わっていくリアリティーが失われてしまうと思い、当初の長さのままにしてほしいとこだわって押し通した。


ご使用いただいた俳優 三上博史 / 御子柴礼司役 着用時計

ファッションWEBマガジン 
.fatale(ファタール)にBELLE MONDEのアンティーク時計が掲載されました。



Ultimate Standard Lesson
東京で着こなすスタンダード
2015/02/13
一時的なトレンドに流されることなく、「定番」として支持される一着。それゆえ組み合わせによって、大いにその魅力を発揮する。スタンダードなアイテムを際立たせるスタイリングのレッスン。
photo&styling: Takashi Kumagai
hair&make-up: Shinji Konishi
model: Yui Sakuma



カルティエ マスト アンティーク

価格 128,000 円




 お気に入りページに追加