現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

バラのアーチの作り方

バラの家 【バラ苗専門店】:バラ苗 専門店 イングリッシュローズなど1000種類以上のバラを販売!






バラの台風対策&通過後のお手入れはこちら











同梱可能数


ショップ・オブ・ザ・イヤー 2008 2009 2010 2011 2012 2014 受賞店

予約苗とその他の商品(即納苗や、資材、雑貨など)をご購入の場合は、必ずこちらをご覧ください。






































































2007.3月
お庭にバラのアーチを作っちゃおう♪



↑店長 おすすめのつるバラです☆



こんにちは。
バラの家 店長木村です。

遅れてしまいましたが、
月間店長始めまっす♪


今回は、春と言う事で
バラアーチの簡単な作り方をお伝えいたします。


今回作業を行ってもらうのは、
最近当店に入社したばかりの中島さんです。


バラは大好きなんだけど、
あまり育て方はわからない?と言う事で、
勉強しながら仕事をしよう!と、一石二鳥な中島さんです☆


彼女は、
草取り大好き、お話大好きな、元気いっぱいの女性です。

土いじりが大好きで、汚い仕事を一生懸命してくれるので、
助かっているのですが、

カタカナを覚えるのが苦手という、
バラを生業にするなら必須な事がダメなんです(笑)


   何故って


だって、バラの名前ってカタカナばかりじゃないですか(笑)


バラをピッキングする時、
目の前に、その名前のバラがあるのに、

そのバラの前で2周〜3周しています(苦笑)


店長頑張って鍛え上げますので、
中島さん! ぜひ付いて来る様に(笑)


回り道はこれ位にして、
さあ! 作業開始です♪





アーチはいろんな種類がありますがこちらのアーチを、今回は使用しました。

風の強い場所には不向きなのですが、
それほど強くない場所なら安心して使用出来ます。


アーチ自体の作り方も書こうかなと思ったのですが、
本当に簡単なのでやめました(笑)

大人が二人いれば楽〜に作れます。


↓まず、アーチ幅になる場所に、
縦横、そして深さ50cm位の穴を掘ります。


そして、バラ向きの培養土をひと穴にひと袋入れます。

こちらの『バラの家 培養土』もおすすめです。

地植えですと、バラひと苗に10リットル以上は
良い土を入れた方が良いので、一袋使ってください。






次に、植えつける場所の土が良い土でしたら、
培養土と混ぜ込んでください。

実は、培養土はまっさらな土ですので、
自然の微生物が少ないんです。

土着の微生物を馴染ませる事によって、
根の病気などが発生しずらくなります。

なお、悪い土の場合は培養土のみお使い下さい。
その場合は、ひと苗に培養土2袋必要です。


ここだけは、絶対にケチらないでくださいね!!!

どんな良い肥料使っても、
根が健全に張れる土作りができてないとダメなんです!!!

↓こんな感じで混ぜ込みました♪





↓次に、そこにアーチを入れます♪
だいたい30cmは土に入れてくださいね。

それより浅いと、抜けやすくなります。


そして、ポイントは
必ずバラよりも先にアーチを入れる事です。

逆だと大変になりますよ(笑)





↓こんな感じです。





その時大切な事は、
必ず遠くからも見てくださいね!!

アーチが地面に対して斜めになっていたり、
曲がっている事もありますから…


「もうちょい右下げて」

「もうちょい…」


「違う!」


「んあぁ〜 下げすぎ!!」


な〜んて家族で、
ちょい喧嘩しながらやると楽しいですよ(笑)


↓こんな感じで遠くから見てください。





これでアーチの仮設置はおしまいです。
次に待望のつるバラを植えつけます♪


ここで中島さんに
何を植えたいか聞きました☆


(中島)ん〜  イングリッシュローズのつるバラがいいですね♪
(店長)贅沢じゃないかい?
    普通のつるバラでいいじゃん。

(中島)イングリッシュローズのピンクと白がいいです。
(店長)なんで?

(中島)だって甘〜い感じが好きなんです♪
(店長)何を植えたいの?

(中島)種類は分からないんですけど…



はいはい。
わ〜〜かりました!

完全にイングリッシュローズに感化されてるなぁ〜
種類は何でもいいんだってさ。。

でも、聞いた手前、
違うの植えるわけにもいきませんし、

店長の好みで、
キャスリン モーリーとザ ジェネラス ガーデナー
を植えつけることにしました。


きっと甘〜い感じになる… はずです(笑)


↓さあ、では植えつけてもらいましょう♪

まず、用土を崩さないように、
鉢の形のまま、用土を抜きます。


その時のコツは、鉢をさかさまにすると
重力を利用し、少ない力で”すっぽっ”と用土の形のまま抜けますよ♪

試してみてくださいね☆





↓そして、そのつるバラをアーチの外側に、
接木部分が地面より上になるよう置きます。

反対側もおなじようにし、両側に置きます。





そして、あまっていた用土を
隙間に入れ込みます。

その時、用土をバラの周りにドーナツ状にすれば、
ウォータースペース(水を溜める場所)が出来ますので、

その後の生育に良い影響が出ます。
これをしておかないと、

水をあげているつもりが
下(バラの根の周り)にはいっていなく、

根が乾燥して枯れてしまいます!!

ポイントですので、
必ず行ってくださいね♪





↓こんな感じに、
ま〜るく水溜りが出来ていれば、
下に水が行っています♪





はい!つるバラの植え付け終了です♪
↓遠くから見るとこんな感じです。


だいぶ出来上がってきましたが、
まだまだ変ですね。

バラが乱れすぎです。
ですので、次に誘引を行います。





通常つるバラは
らせん階段のように、

左右に誘引する事が多いのですが、

まだまだ、小さな苗ですので、
↓緩やかに誘引しています。
一年目の秋までは、
全体を覆うのを目標にして、

誘引はおおらかで大丈夫です。

その時のポイントとしましては、
枝は太りますので、

カラータイや麻紐などで枝を結ぶとき、
枝と紐の間に十分な隙間とって、結んでくださいね。





↓ではでは、バラのアーチ植え付け設置完了です♪

パチパチ!
中島さん不慣れな作業ご苦労様でした。

初めてにしては上手にできましたよ☆





正面から見るとこんな感じです。
右のモッコウバラの枝と一緒にトンネルのようになり

どこかに行ける、秘密のアーチみたいになれたらと思っています。


   「あれ… 」


いつの間にか、店長の頭の中も甘〜くなってきてしまいました(苦笑)

影響うけてるぞ!(汗…)


これからもバラの成長に合わせ
作業してもらいますので、中島さん宜しくです。




どうぞ皆様も末長〜くご覧くださいませ♪





↑一年後の春開花の様子です^^


↓こちら店長おすすめのつるバラ達です♪



ピエール ド ロンサール




バレリーナ




カクテル




 お気に入りページに追加