現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

地植えの冬剪定の行い方

バラの家 【バラ苗専門店】:バラ苗 専門店 イングリッシュローズなど1000種類以上のバラを販売!






バラの台風対策&通過後のお手入れはこちら











同梱可能数


ショップ・オブ・ザ・イヤー 2008 2009 2010 2011 2012 2014 受賞店

予約苗とその他の商品(即納苗や、資材、雑貨など)をご購入の場合は、必ずこちらをご覧ください。






































































2007.2月
地植えの冬剪定と元肥のあげ方

真冬のホーム&ガーデン 寒さの為花色が濃くなっています。 濃いのも綺麗ですね♪



こんにちは。
バラの家 店長木村です。

今回は更新早かったでしょ♪
我ながら、ちょっと頑張りました(笑)


今回は、地植えの冬剪定と元肥のあげ方を行ないます。

今年は暖冬の為、年が明けて一番寒い季節なのに、
バラが咲いていませんか?

当店でも、クラシカルな花形で人気の ホーム&ガーデン
が2月だというのに満開に咲き誇っています!

↓直径1m位の大きなコンクリートポットに
 植えつけていますが、大きさ的に地植え扱いです。

高さは、なんだか太った男性が写っていますが(苦笑)
彼は(笑)身長が175cmですので、1m位の高さでしょうか。

これを50cm位まで切り戻し剪定します。  





2月で↓これですから!
今年の暖冬は異常です!!

一重や半八重なら、まだ分かりますが、
これだけ八重のバラが今咲いているなんて、この仕事を始めから初めてです。





 最終的には
↓このような感じに剪定します。
 どうぞお付き合いくださいませo(^-^)o





↓まず剪定する場所ですが、
芽の上1cmで切り戻してください。

斜めに切り戻すと良いとか本などでは書かれていますが、
普通に栽培出来ていれば、水平切りで大丈夫です。

そして必ず良く切れる剪定ハサミをお使いくださいね☆

木を柔らかく育ててしまった場合などは、
芽の方を高く斜めに切り戻すと良いでしょう。





それでは「地植えの冬剪定」始めます♪

↓こんな感じで、

剪定後をイメージしながら(今回は50cm均一に切り戻す)
ひと枝ひと枝、切り戻し始めます。





チョキン





チョッキンと





ひと枝ひと枝、丁寧に均一に切り戻していきます。





↓だいぶ進んだでしょ♪  





左半分は終わったから、今度は右半分を剪定します。





チョキン





チョッキンと





はい!!
大雑把にですが、これで剪定の8割は終了です!

↓大体50cmの高さで切り戻しました。





ここまでは高さを切り戻しただけですが、
これから古い枝を切り落とします。

株元から十分な枝が出ているようでしたら、
古い枝は風通しを悪くするだけなので切り落とします。

そうして株の世代交代、若返りを行います。

↓チョキン





チョッキンと





そして割り箸よりも細いような枝を切り落として、
(細枝性の種類や枝立ちが悪い場合は割り箸位の枝も残します)


     はい☆  剪定 お・し・ま・い♪



↓どうです?!

 さっぱりしたでしょ♪
 散髪終了って感じです(笑)





↓遠くから見るとこんな感じです。





次に草や、昨年落ちた落ち葉などを掃除します。

これらは、病害虫が越冬する棲み家になっていますので、
意外と注意しなければならないポイントです!





よっこらせ♪  ほいっこらせ♪





はい!お掃除完了で〜す☆





さてさて、大分作業も進んできました♪
「地植えの冬剪定」の方は終了です。




お次は「元肥のあげ方」になります。
本などでは牛糞や骨粉、油粕等を入れるとありますが、

実は実は、バラ用培養土バラ向きの培養土が良いんです!!


というのは牛糞や骨粉、油粕等の元肥を入れれば、
肥料分は十分ですが、用土の通気性や用土の柔らかさなど、

土の物理性はあまり改善されません。

そうなると肥料はあるけど根は成長しづらい。
だから、バラは肥料を吸収できず、用土の肥料の濃さが上がる。

結果嫌地となり、どんどんバラが育ちづらい土となります。


(バラ用培養土バラ向きの培養土には、土の物理性を改善する
 ピートモスや腐葉土、パーライト等が入っています。)


もちろん、牛糞や骨粉、油粕などで、良く育てている方も
多くいますが、初心者の方などには、バラ用培養土バラ向きの培養土をおすすめします。


それを↓下の写真のように、
3年で1回転するように、ローテーションで用土を変えるんです。

いきなり全部変えると、バラの根が傷むので、3分の1ずつ
3年周期で変えると、嫌地にならず、いつまでもバラの栽培が可能になります。


元々の土が柔らかな良い土ならバラ用培養土を半分混ぜ、掘った穴に戻して再利用してください。


硬い土や、長年使ってきた土は、全部変えるのがベストです!





よっこらせ♪  ほいっこらせ♪





大体40cm〜50cm掘ります。 スコップの長さが30cm位です。





↓細かな根が沢山出ているでしょ♪
これは良い発育の印です。

掘りあげた元の土と、バラ用培養土バラ向きの培養土を半分ずつ混ぜ、
掘った穴に戻してください。


毛細根が出ていない場合は、
土が疲れているので、


バラ用培養土バラ向きの培養土だけを使うのをおすすめします。
もしくは赤玉小粒を2〜3割混ぜてお使いください。





バラ用培養土バラ向きの培養土を ざざ〜 ざざ〜〜  と入れます。





↓はい☆ 片方終了です。

あともう半分!





↓対角線の反対側も入れて、これで「冬の元肥入れ」お終いです!!


最後にたっぷりと4〜5回に分けて水あげしてくださいね!
追肥は3月からです。新芽が3cm〜5cm位伸びたらあげてください。



■今回のポイントは、肥料あげは、
近年は良い追肥肥料が出ているので、一年間いつでも良いんです。


「冬の元肥入れ」で大切な事は、
他のシーズンでは大幅に改良の出来ない、

用土の通気性、保水性、そして根を張りやすい柔らかな土など、
物理性に優れた用土を作る事なんです。
そして同時に有用微生物の住処を作る事です。


その為には骨粉や牛糞、油粕などよりも、
土壌改良剤の入っているバラ用培養土バラ向きの培養土の方が、
初心者の方には一番良いですし、失敗しません。
大変そうですが、この作業をやるだけで春以降の栽培が楽になりますよ♪


【注意】
牛糞や骨粉などを使った栽培を否定している訳ではありません。
トップクラスの方々もいます。

ですが、今回は初心者の方でも、
長く同じ場所で失敗なく栽培出来る様、店長おすすめの方法をお伝えいたしました。





↓こんな感じで、3年1回転でローテーションしてくださいね☆





そうすれば春には、 ↓こ〜んな感じで、とっても綺麗に咲きますよ♪





↓遠景。 手前がホーム&ガーデン 奥がバレリーナ☆





長々とお付き合いありがとうございました♪次回は何をしようかなぁ〜?



 お気に入りページに追加