ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

消費税増税に関する重要なお知らせ

ショップからの発送が10/1以降になる場合は新税率が適用され、増税分が後から請求されることがあります。 詳細はこちら


バラの家 【バラ苗専門店】:バラの家 バラ苗 専門店 ロサオリエンティスなど2000種類以上のバラを販売

消費税増税に関するお知らせ
バラの家 楽天市場店では9月27日(金)16時より消費税増税に伴い、バラ栽培資材などを中心に値上げになります。また、現在販売中の大苗・中苗につきましては、値上げはせずに頑張って今の価格のままで販売を続けたいと思います。10月より販売開始予定の冬の予約大苗につきましては、現在販売中の大苗よりも価格が値上がりになります。※一部据え置き価格のバラ苗もございます。
なお、現在10月2日(水)以降のご指定日は承ることが出来ません。

バラの台風対策&通過後のお手入れはこちら












今の時期、新苗・中苗・大苗は1箱に4苗まで同梱可能です。



ショップ・オブ・ザ・イヤー 2008 2009 2010 2011 2012 2014 受賞店

予約苗とその他の商品(即納苗や、資材、雑貨など)をご購入の場合は、必ずこちらをご覧ください。









































































※凍結による破損の恐れがあるため、冬期のご使用は避けてください。
※冬季は潅水コンピューター本体を蛇口から取り外しください。




自動で水やりできるシステムって憧れですよね!

暑い日も風の強い日も、気分が向かない日も、
しっかりとバラに水をあげてもらえるのは何よりです。


でも、自動の水やりって、
自宅で使う為にはいくつかハードルがあって、

いざ思っても、使い始められない事が多いと思います。


使うのをためらうのは下記のような条件ではないでしょうか?



とても高い。

設置するのが難しい。

点滴だとお気に入りの置肥が使えない。

鉢のサイズと合わないかも。




それらの問題をすべてなくした、
自動水やりチューブのご提案です。






まずお値段ですが、
10鉢(鉢の大きさにもよりますが)に水やりできるチューブが、

なんと2,580円


一鉢あたり258円で自動水やりチューブが買えちゃいます!


30鉢でも7740円 50鉢で12900円 100鉢で 25800円

今までのお値段からするととても安価!



それと設置も簡単♪

使うのは10鉢自動水やりキットとホースだけ!








10鉢の中間あたりまでホースを並べて、
そこに10鉢自動水やりキットをつなげば、すぐに使えちゃいます。


あとはそれを直列に並べれば100鉢以上も簡単に自動水やりできちゃいます。
(水圧にもよるので自動水やりできる鉢数に限りがあります)



また点滴でなく、細かな水滴がシャワーのように出るので、
有機や化成の置肥もしっかりと効果が出るように使えます!



そして水滴が出る部分は自分がやりたい形に曲げられますので、
好きな鉢の形に変えられます。


また10号鉢など大きな鉢の場合は、
水滴が出るチューブを2つ入れればそれでOK!


鉢の大きさや用土量に合わせて、
チューブの本数を変えればよいだけです。

もちろん鉢植えだけでなく、
地植えのバラにも使えます。



お庭を掃き掃除するまえに水を出して、
終わったら水を止めれば、もう100鉢に水やりできてる!


そんな楽ちんな自動水やりチューブです。


そして別売りのタイマーを設置すれば、
長期の旅行などにも安心してお出かけできます!





また季節ごとに一度に出る水やりの時間や回数を変えれば、

その季節ごとのバラが求める水分量にすることがで出来ます。


自動でもバラが良く育つ水やりも可能です。


サスティーを設置し、

どの頻度で水やりすればよいか、確かめながら時間等を決めるのも良いでしょう。


もちろん、水やりを楽しみたい時には、
手動で自らやればよいだけですので、


園芸の楽しみを奪われることはありません。


自動水やりチューブ。


これがあれば暑い夏も、
長期の旅行も怖くありません!


ぜひお庭やベランダでお使いください。



潅水コンピューター、滴下チューブ、メッシュグリーンホースの
お得なセットもご用意しました^^










潅水コンピューターに付属の金属製のパーツを蛇口に取り付けます。

この時パーツを接続部のねじが見えるくらいまで少し緩めてから、
ドライバーでネジを均等に閉めていきます。




ネジでしっかりと固定できたら、
下の部分をしっかりと締め付けて固定します。
力の弱い方はプライヤーなどで締めてください。




蛇口に取り付けた金属製のパーツに
潅水コンピューター本体を取り付けます。

ネジ山を合わせ反時計回りに回してください。
最後は本体上部のアタッチメントを持ち良く締め付けます。




潅水コンピューターに付属のプラスチック製パーツに
ホースを取り付けます。

下部パーツをホースに通し、ツメの間にホースを差し込み、
反時計回しに良く締め付けてください。






ホースの反対側に滴下チューブを取り付けます。

滴下チューブ付属のホースバンドをホースに通し、

コップなどに熱湯を用意し、ホースの先端を10秒ほど浸けてから
滴下チューブ本体にまっすぐ差し込みます。

ホースバンドはネジ部分を持ち回しながら、
上へ押し上げるのがポイントです。



↓クリックすると動画が見れます




反対側には付属のエンドキャップを同じように取り付けます。 滴下チューブを2個以上連結させる場合は、 同じ手順で増やしていきます。 滴下チューブ本体を設置したい鉢の中心に置き、 それぞれの鉢にチューブを置いていきます。 ぐるりと株の周りを廻るように設置するのがポイントです。 また10号鉢など大きな鉢の場合は、 水滴が出るチューブを2つ入れればそれでOK! ホースが細く本体もコンパクトなので 景観を損なわないのもうれしいポイントですね♪ 滴下チューブひとつで10鉢の水やりが可能! バラが10鉢あるとそれだけでこんなに華やかになります^^ 潅水コンピューター本体をくるりと回し、 黒いネジを緩め単三乾電池3本をセットしてください。 後はホースをつなげて、 タイマーをセットすれば、 自動水やりシステムの設置完了です^^ 付属の説明書に従い、現在時刻を合わせてから 水やりの時間や回数、間隔を設定してください。 説明書にそって行うと簡単に設置ができます^^ ※凍結による破損の恐れがあるため、冬期のご使用は避けてください。 ※冬季は潅水コンピューター本体を蛇口から取り外しください。

 お気に入りページに追加