ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(木)9:59まで このショップに投票する
☆ピッツバーグ序曲 作曲:フィリップ・スパーク A Pittsburgh Overture【吹奏楽-楽譜セット…

カテゴリトップ > 演奏時間 > 〜6分未満
カテゴリトップ > 作曲家・編曲家 > S > フィリップ・スパーク(Philip Sparke) > 楽譜セット(吹奏楽)
カテゴリトップ > グレード > 3(中級)
カテゴリトップ > 出版社 > (海外) > ステューディオ・ミュージック(Studio Music) > 楽譜セット(吹奏楽)

★輝かしいファンファーレ、ワクワクする主部や展開部のメロディーなど、
曲の端々でスパーク・パワーが炸裂するブリリアントなコンサート序曲


ピッツバーグ序曲/APittsburghOverture/作曲:P.スパーク【吹奏楽-楽譜セット】




☆ピッツバーグ序曲 
作曲:フィリップ・スパーク 

A Pittsburgh Overture

【吹奏楽-楽譜セット】


商品番号  SET-9926
価格
14,445円 (税込 15,600 円) 送料無料
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便



 『ドラゴンの年』『オリエント急行』『ダンス・ムーブメント』『宇宙の音楽』『ハイランド讃歌』などでおなじみのイギリスの作曲家フィリップ・スパークの超人気序曲です。

 オリジナルは、ブラスバンド編成の作品で、1991年、アメリカのプロのブラスバンド“リバー・シティー・ブラス・バンド”が委嘱した『ピッツバーグ交響曲』の第1楽章として作曲されました。

 (『ピッツバーグ交響曲』:第1楽章“ピッツバーグ序曲”、第2楽章“リバー・シティー・セレナーデ”、第3楽章“山の歌”、第4楽章“バーレスク”の4楽章構成の交響曲。委嘱から作品全体の完成までおよそ5年を費やし、第1楽章“ピッツバーグ序曲”は、全楽章中、最後に完成。全曲初演は、1992年、リバー・シティー・ブラス・バンドを作曲者が指揮して行なわれた。)

 輝かしいファンファーレの導入部、ワクワクする主部や展開部のメロディーなど、曲の端々でスパーク・パワーが炸裂するブリリアントなコンサート序曲です。

 原曲がブラスバンド編成ということもあるのでしょう。このウィンド・バンド(吹奏楽)用バージョンでも、木管、金管、打楽器のすべてにおいて、使用楽器の数や種類を拡大することなく、とてもコンパクトにまとめられているのが大きな特徴となっています。演奏効果の点でも編成の大小を選びません。

 コンサートを華やかに幕開けるオープナーとしてはもちろん、コンクール用としてもOK!

 演奏者、聴衆の双方に喜ばれる、BPオススメ作品です!    

【フィリップ・スパーク】
1951年12月29日、イギリスのロンドンに生まれる。ロンドンの王立音楽カレッジ(RCM)にピアノ、トランペット、作曲を学び、在学中から主にブラス・バンド(サクソルン属を中心とする金管楽器と打楽器によるバンド)のための作品を発表。BBC放送の委嘱でブラス・バンドのために作曲した『スカイライダー』(1985)、『オリエント急行』(1986)、『スリップストリーム』(1987)の3作で、“ヨーロッパ放送ユニオン(EBU)新作バンド曲コンペ”3年連続第1位に輝き、アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱でウィンド・バンド(木管、金管、打楽器からなるいわゆる“吹奏楽”)のために作曲した『ダンス・ム−ブメント 』(1995)でアメリカの“サドラ−国際作曲賞”を、大阪市音楽団第90回定期演奏会のために書いた『宇宙の音楽』ウィンド・バンド版(2004)で同じくアメリカの“NBAレヴェリ賞”を受賞。世界的な活躍がつづいている。




・グレード:3
・作曲:
フィリップ・スパーク (Philip Sparke)
・TIME:5分59秒(CD-0109参照)

・出版:ステューディオ・ミュージック (Studio Music)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット) 

 
剣と王冠/The Sword and the Crown
〜Great British Music for Wind Band Vol.2

Piccolo
Flutes <div.>

Oboe

B♭ Clarinets (I <div.>、II、III)
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet

Bassoon

E♭ Alto Saxophones (I、II)
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpets(I <div.>、II、III)

F Horn (I、II)

Trombones(I、II、III)

Euphonium

Tuba <div.>

Timpani

Mallet Percussion
(Glockenspiel、Xylophone)

Percussion
(Snare Drum、Bass Drum、Clash Cymbals、Suspended Cymbal 、Triangle)