ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

☆ナポリの休日 作曲:フィリップ・スパーク Neapolitan Holiday Philip Sparke【吹奏楽 楽…

カテゴリトップ > 演奏時間 > 7分〜8分未満
カテゴリトップ > 作曲家・編曲家 > S > フィリップ・スパーク(Philip Sparke) > 楽譜セット(吹奏楽)
カテゴリトップ > グレード > 5(上級)
カテゴリトップ > 出版社 > (海外) > アングロ(Anglo) > 楽譜セット(吹奏楽)

★フィリップ・スパークとともに過ごす南イタリアの休日!

SET-8984




☆ナポリの休日 
作曲:フィリップ・スパーク 

Neapolitan Holiday 
Philip Sparke

【吹奏楽 楽譜セット】


商品番号  SET-8984
価格
23,889円 (税込 25,800 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く



  『ウィークエンド・イン・ニューヨーク』が大ヒットのフィリップ・スパークが、今度はイタリアのナポリで過ごした休日を題材に書いた作品です。

 この作品は、アメリカのノース・カロライナ州ケーリーにあるグリーン・ホープ・ハイスクールの“ウィンド・アンサンブル”と“シンフォニック・バンド”の委嘱で作曲されました。初演は、同校の新校舎のオープン10周年を祝う、2009年5月21日、同校バンド監督のブライアン・マイアーズが“ウィンド・アンサンブル”と“シンフォニック・バンド”の合同演奏を指揮して行なわれました。

 アメリカでは、1つのパートを必要最少限(原則1人)のプレイヤーで演奏する“ウィンド・アンサンブル”と、楽器を重ねて、時には100名を超えることもある“シンフォニック・バンド”は、明確に区別されています。作品の中でこれら2つのグループを組み合わせることは、委嘱時の最も重要な条件の1つでした。このため、オーケストレーションではかなりの冒険となりましたが、さらに、スパークは、ナポリの祭りの日の描写やイタリアの明るい空気感をとり込んだ陽気な作品とするために、メンデルスゾーンやエルガー、レスピーギの手法や色彩感も参考にしています。

 曲は、祝賀ムードを表わす導入部に始まります。トランペットがナポリのセレナーデを奏でた後、主部に移りますが、途中それがパレードで遮られたり、ダンスが現れたりと、祭りの日のさまざまなシーンがつぎつぎと描かれていきます。そのスパークらしい語り口の速い爽快な運びは、演奏者のみならず、聴衆をも魅了します!

 ラテン系特有の、楽天的と言っていいほど明るいお祭りムードを表現するには、かなりのセンスとフィーリングが求められますが、滑らずに決まったときの愉快さは格別です。

 フィリップ・スパークとともに過ごす南イタリアの休日!

 名古屋芸大ウィンドオーケストラのCDでこの曲を指揮したヴァンデルローストも、「とてもいい曲だ!」と絶賛!

 スパーク・ファンならずとも、ぜひ取り組んでみたい作品です!


【フィリップ・スパーク】
1951年12月29日、イギリスのロンドンに生まれる。ロンドンの王立音楽カレッジ(RCM)にピアノ、トランペット、作曲を学び、在学中から主にブラス・バンド(サクソルン属を中心とする金管楽器と打楽器によるバンド)のための作品を発表。BBC放送の委嘱でブラス・バンドのために作曲した『スカイライダー』(1985)、『オリエント急行』(1986)、『スリップストリーム』(1987)の3作で、“ヨーロッパ放送ユニオン(EBU)新作バンド曲コンペ”3年連続第1位に輝き、アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱でウィンド・バンド(木管、金管、打楽器からなるいわゆる“吹奏楽”)のために作曲した『ダンス・ム−ブメント 』(1995)でアメリカの“サドラ−国際作曲賞”を、大阪市音楽団第90回定期演奏会のために書いた『宇宙の音楽』ウィンド・バンド版(2004)で同じくアメリカの“NBAレヴェリ賞”を受賞。世界的な活躍がつづいている。


・出版社グレード:5
・作曲:フィリップ・スパーク (Philip Sparke)
・TIME:7分30秒(CD-2147参照

・出版:アングロ・ミュージック (Anglo Music)
・分類:販売譜(フルスコア&パート譜セット)

   

ナポリの休日/ヨーロピアン・パノラマ
〜ヨーロッパを巡る音楽の旅〜


タッド・ウィンド・コンサート(13) 
フィリップ・スパーク/ナポリの休日

2011 新曲コンサート 
埼玉県・楽曲研修会


Piccolo
Flutes (I、II)
Oboes (I、II)
English Horn

E♭ Clarinet
B♭ Clarinets (I <div.>、II <div.>、III <div.>)
E♭ Alto Clarinet
B♭ Bass Clarinet
B♭ Contrabass Clarinet

Bassoons (I、II)
Double Bassoon

E♭ Alto Saxophones (I、II)
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpets (I、II、III、IV)
F Horns (I、II、III、IV)
Trombones (I、II、III)
Euphoniums <div.>
Tubas <div.>

Double Bass

Timpani

Mallet Percussion
(Xylophone、Glockenspiel、Vibraphone、Celeste (opt.:Synth.))

Percussion
(Snare Drum、Bass Drum、Clash Cymbals、Suspended Cymbal、
Hi-hat Cymbals、Splash Cymbal (small)、Tambourine、
Triangle、Wood Block、Templeblock、Maracas)