ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

タッド・ウィンド・コンサート(37)セルジュ・ランセン/マンハッタン交響曲TAD WIND CONCERT…

カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD

タッド・ウィンド・コンサート(37)セルジュ・ランセン/マンハッタン交響曲TADWINDCONCERTVol.37ManhattanSymphony【吹奏楽CD】


タッド・ウィンド・コンサート(37)
セルジュ・ランセン/マンハッタン交響曲

TAD WIND CONCERT Vol.37
Manhattan Symphony

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-4404
価格
1,500円 (税込 1,620 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く



《タッド・ウィンド・コンサート》は、アメリカ、そして今やヨーロッパのプロたちもその動向に注目する“タッド・ウインドシンフォニー”のパフォーマンスをアーカイヴするシリーズCDです。

ライヴながらも、権威あるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)のリクエストで、すべてのCDがアーカイヴ・コレクションに選定され、メリーランド州のA.B.A.リサーチ・センターで広く一般に公開されています。

シリーズ“第37弾”となったこのディスクは、2018年1月12日(金)、杉並公会堂大ホール(東京)で開催された《ニュー・イヤー・コンサート2018》の第2部を彩ったアルフレッド・リード、スティーブン・メリロ、セルジュ・ランセンという3人の作曲家のオリジナルにスポットを当てています!!

オープニングを飾るのは、アメリカの作曲家アルフレッド・リード(1921〜2005)の『アレルヤ!ラウダムス・テ』です。

1973年2月24日、米オハイオ州カントンで初演された作品で、作曲者は“合奏による無言賛美歌である”と表していました。“管打楽器と随意のオルガンのための祝典賛歌”との副題を持っていますが、この日のタッドWSの演奏でも、オプションのオルガンを加えた演奏となっています。

自宅書斎に、タッド氏が指揮した演奏ばかりをコレクションした“タッド・コーナー”を作り、愉しんで聴いていたというリード。もし、この演奏を聴いたら、一体どんな感想をもったことだろうか? 思わず、そんな愉快な想像をさせたくなるような荘厳華麗な圧倒的なパフォーマンスです。

2曲目は、スティーブン・メリロ(1957〜)の『嵐の海の少年』です。

2014年11月12日、オランダ、ロッテルダムのデ・ドゥーレンで開催されたオランダ王国海軍バンドのコンサートで初演された新しい作品です。

冒頭クラリネットが歌いだす哀愁感漂う旋律は、オランダの代表的な港湾都市ロッテルダムの伝承曲“ケテルビンキー”です。それがひとしきり歌われた後、音楽は激しい嵐の海の描写へと移っていきます。

クライマックスを飾ったのは、フランスのセルジュ・ランセン(1922〜2005)の『マンハッタン交響曲』でした。

ランセンが書いた初の吹奏楽曲(1962)で、初の吹奏楽曲ということから、パリ音楽院でともに学んだ友人であり、この作品を委嘱したパリ警視庁吹奏楽団の楽長デジレ・ドンデイヌ(1921〜2015)がオーケストレーションを施しています。

曲は、「マンハッタン到着」「セントラル・パーク」「ハーレム」「ブロードウェイ」「ロックフェラー・ビルディング」という連続して演奏される5つの楽章で構成。有名なジョージ・ガーシュウィンの「パリのアメリカ人」(1928)の逆パターン、すなわちニューヨークに行ったフランス人が書いた“音楽によるニューヨーク紀行”となっています。

1964年にオランダで出版されましたが、タッドWSの演奏では、21世紀に入って新たにコンピュータ浄書された新版での演奏となっています。

“ニュー・イヤーだけに、とにかく愉しいコンサートを!”という音楽監督タッド氏の想いが聴衆のハートと見事にクロスする、お洒落で粋なパフォーマンスとなりました。

シリーズ各CDは、作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報などを揃え、コンパクトながら資料としても充実!

聴けば聴くほどに味わいが出るウィンド・ミュージックの逸品たち!!

1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!

【「タッド・ウィンド・コンサート」シリーズをチェックする】

【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】




・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM
・収録:2018年1月12日、杉並公会堂大ホール (東京)
・メーカー品番:


1. アレルヤ!ラウダムス・テ/アルフレッド・リード 【7:32】
Alleluia! Laudams Te/Alfred Reed

2. 嵐の海の少年/スティーブン・メリロ 【7:03】
A Boy in Storm at Sea/Stephen Melillo

3. マンハッタン交響曲/セルジュ・ランセン  【18:06】
Stephen Melillo/Serge Lansen
I) 第1楽章:マンハッタン到着 Arrivee a Manhattan 【2:28】
II)第2楽章:セントラル・パーク Central Park 【3:42】
III)第3楽章:ハーレム Harlem 【4:14】
IV)第4楽章:ブロードウェイ  Broadway  【3:31】
V) 第5楽章:ロックフェラー・ビルディング  Rockefeller Building  【4:11】

 

≪2018年6月新入荷≫