ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

タッド・ウィンド・コンサート(32) フィリップ・スパーク/交響曲第3番「カラー・シンフォ…

カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD
カテゴリトップ > 予約・新規取扱 > 新規取扱CD・DVD

★“NBAウィリアム・レヴェリ作曲賞2016”受賞作となったスパーク3作目のシンフォニー、交響曲第3番『カラー・シンフォニー』の日本初演を収録。

タッド・ウィンド・コンサート(32)フィリップ・スパーク/交響曲第3番「カラー・シンフォニー」TADWINDCONCERTVol.32SymphonyNo.3-AColourSymphony【吹奏楽CD】


タッド・ウィンド・コンサート(32) 
フィリップ・スパーク/交響曲第3番「カラー・シンフォニー」 

TAD WIND CONCERT Vol.32
Symphony No.3 - A Colour Symphony

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-4230
価格
1,500円 (税込 1,620 円) 送料別
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便



 《タッド・ウィンド・コンサート》は、アメリカのプロたちも絶えずその動向に注目す る“タッド・ウインドシンフォニー”のパフォーマンスをアーカイヴするシリーズCDです。

 ライヴながらも、権威あるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)のリクエストで、すべてのCDがアーカイヴ・コレクションに選定され、メリーランド州のA.B.A.リサーチ・センターで広く一般に公開されています。

 シリーズ“第32作”となったこのディスクは、“NBAウィリアム・レヴェリ作曲賞2016”受賞作となったスパーク3作目のシンフォニー、交響曲第3番『カラー・シンフォニー』の日本初演が行われた2016年1月23日(土)、ティアラこうとう大ホール(東京)における《TAD Wind Symphony ニュー・イヤー・コンサート2016》第2部とアンコールを収録した注目のアルバムとなっています!

 第2部の1曲目は、岡本 謙のフルート・ソロをフィーチャーしたナイジェル・ヘスの『ラヴェンダーの咲く庭で』でした。もとは2004年のイギリス映画の主題曲として書かれた音楽ですが、今や映画を離れ、いろいろなジャンルのアーティストによって演奏されています。この日のライヴでも、会場のいたるところから“美しい!”と声がかかった心に響くパフォーマンスが光ります!

 2曲目は、このコンサートで最も期待を集めたスパークの交響曲第3番『カラー・シンフ
ォニー』で
す。

 この作品は、2011年にTADが日本初演に取り組んだ交響曲第2番『サヴァンナ・シンフォ
ニー』(シリーズVol.16に収録/CD-2531)の演奏を絶賛した作曲者から再び日本初演を託された5楽章構成のシンフォニーで、音楽監督のタッド氏(鈴木孝佳)がスコアを受け取ったのは、ドイツでの世界初演4ヵ月後の2015年春のことでした。

 各楽章には、「ホワイト」「イエロー」「ブルー」「レッド」「グリーン」と“色”が小題としてつけられ、楽器の音色と特定のハーモニーから色彩を感じながら音楽が進行していきいます。

 作曲を委嘱したドイツの指揮者からの“ウィンドオーケストラに使われるすべての楽器をフィーチャーした”作品をというリクエストから、充実した木管低音楽器、ピアノ、チェロなどが惜しげもなく使われています。また、第3楽章は木管楽器と弦楽器、第4楽章は金管楽器と打楽器のために書かれています。

 ウィンドオーケストラに使用される各楽器のキャラクターとハーモニーの色彩感が織り成すすばらしい時(とき)を体感できる作品です。

 2016年11月に大阪・泉大津のコンサートに来日した作曲者も、録音を聴いて『とても美しいレコーディングだ!』と言って大賞賛!! たまたま来日が重なったタッド氏とガッチリ握手を交わしています。

 TADウインドシンフォニーにとって記念碑的なパフォーマンスとなりました!

 アンコールは、タッド氏のおしゃべりのあと、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム“ブルーインパルス”の展示飛行の際使われるBGMとして作曲された矢部政男の『ドルフィン・イン・ザ・スカイ』が演奏されました。

 これも、TADウインドシンフォニーが2006年に演奏した同じ作曲者の『月の宴』(シリーズVol.2に収録/CD-1215)を、あらためてタッド氏がアメリカに紹介し、あちらでも演奏されるようになったことへの“返礼”として贈られた楽譜による演奏でした。

 “ブルーインパルス”の使用機T-4は、丸みを帯びたフォルムから“ドルフィン(いるか)”という愛称があり、曲は、その“ドルフィンたち”が編隊のままテイクオフして大空を駆け巡る様を爽快に描いています。この日は、チェロも加わったとてもゴージャスな演奏となりました。

シリーズ各CDは、作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報などを揃え、コンパ
クトながら資料としても充実!

 聴けば聴くほどに味わいが出るウィンド・ミュージックの逸品たち!!

 1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!

【「タッド・ウィンド・コンサート」シリーズをチェックする】

【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】


・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM
・収録:2016年1月23日、ティアラこうとう大ホール (東京)
・メーカー品番:


1. ラヴェンダーの咲く庭で/ナイジェル・ヘス【4:55】
Ladies in Lavender/Nigel Hess

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

2. 交響曲第3番「カラー・シンフォニー」/フィリップ・スパーク - 日本初演 -
A Colour Symphony - Symphony No.3/Philip Sparke
I) 第1楽章:ホワイト White 【5:17】
II)第2楽章:イエロー Yellow 【4:33】
III)第3楽章:ブルー Blue 【7:27】
IV)第4楽章:レッド Red 【4:19】
V) 第5楽章:グリーン Green【5:00】

  楽譜セット購入⇒(吹奏楽)
フルスコア購入⇒(吹奏楽)

3. ドルフィン・イン・ザ・スカイ/矢部政男 【5:09】
Dolphin in the Sky/Masao Yabe


≪2017年05月新入荷≫