ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

タッド・ウィンド・コンサート(17) 大栗 裕/仮面幻想 TAD WIND CONCERT Vol.17Mask Fanta…

カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD

★往年の名曲に世界初演をまじえた聴きごたえ満点のタッド・ワールド!
同じ時代をともに生きた作曲家への敬意のこもるタッド氏のタクトも絶好調!


【予約商品-12/20発売予定】タッド・ウィンド・コンサート(17)大栗裕/仮面幻想TADWINDCONCERTVol.17MaskFantasy


タッド・ウィンド・コンサート(17)大栗裕/仮面幻想TADWINDCONCERTVol.17MaskFantasy【吹奏楽CD】WST-25022


タッド・ウィンド・コンサート(17)大栗裕/仮面幻想TADWINDCONCERTVol.17MaskFantasy【吹奏楽CD】WST-25022


タッド・ウィンド・コンサート(17) 
大栗 裕/仮面幻想 

TAD WIND CONCERT Vol.17
Mask Fantasy

【吹奏楽 CD】WST-25022


商品番号  CD-2764
価格
1,334円 (税込 1,440 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


 

《タッド・ウィンド・コンサート》は、アメリカのプロたちも絶えずその動向に注目する“タッド・ウインドシンフォニー”のパフォーマンスをアーカイヴするシリーズCDです。

 ライヴながらも、権威あるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)のリクエストによって、すべてのCDがアーカイヴ・コレクションに選定され、メリーランド州のA.B.A.リサーチ・センターで一般に公開されています。

 シリーズ第17弾となるこのCDは、2012年1月14日、東京・サンパール荒川 大ホールで行なわれた「ニュー・イヤー・コンサート2012」のベストをセレクトしたアルバムです。

 アルバムは、満場の拍手とともにフランク・エリクソン(1923〜1996)の『序曲祝典』で幕開けます。この曲は、かつて日本中を熱狂させた今や懐かしのオリジナル・ピースですが、この「これこそ、吹奏楽だ!」と言わんばかりのリズムにのった疾走感と躍動感は、聴く者の興奮を誘います。

 2曲目は、没後30周年というメモリアル・イヤーのためにとり上げられた大栗 裕(1918〜1982)の『仮面幻想』です。奈良の春日大社や東大寺に伝わる“新鳥蘇(しんとりそ)”という舞楽で使われていた面からイメージを脹らませて書かれた作曲者の最後の吹奏楽作品で、この面を使って踊られたという、今は失われてしまった幻想的ないにしえの踊りが変幻自在な音楽絵巻として表現されていきます。

 つづくジャスティン・レインズ(1979〜)の『メトロポリス』(世界初演)は、タッド・ウインドシンフォニーの委嘱作で、この日演奏された曲目の中でも異彩を放ちます。大きな建物が林立して人々が忙しそうに立ち回り、至るところから騒音が飛び込んでくる巨大な都市は、一方で、実際にはとても美しいものも存在し、その両方が調和とバランスを保っているというイメージから作られた現代曲ですが、コンテンポラリーに偏らず、室内楽的な美しさも随所に散りばめられています。
 
 4曲目は、ヴァーツラフ・ネリベル(1919〜1996)の『交響的断章』です。ウィンド・ミュージックのために書かれたオリジナルの中で不朽の名作の1つとして数えられていますが、これはもう、インパクトのあるイントロのサウンドから聴くものを“ネリベル・ワールド”の中へとグイグイ引き込んでいきます。発表当時“革命的”と評されたこの作品に共感を覚える男性的で密度の高い演奏です。

 フィナーレは、モートン・グールド(1913〜1996)の『ジェリコ〜シンフォニック・バンドのためのラプソディー』です。モーゼの教えに導かれてエジプトを脱出したイスラエルの民がジェリコの城壁に行く手を阻まれたとき、神の啓示によって7日間ラッパを吹き続けると城壁が崩れ落ち、町に入ることができたという旧約聖書の“ジェリコの戦い”を描いたスペクタキュラーな作品で、休みなく受け渡しをしながら吹き放たれるトランペットの咆哮、城壁が崩れ落ちるシーンのまるで地響きのようなパーカッション、スウィンギーなクラリネットなど、聴きどころが随所に散りばめられています。

 往年の名曲に世界初演をまじえた聴きごたえ満点のタッド・ワールド!

 同じ時代をともに生きた作曲家への敬意のこもるタッド氏のタクトも絶好調!
 
 シリーズ各CDは、各作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報などを揃え、コンパクトながら資料としても充実!

 聴けば聴くほどに味わいが出るウィンド・ミュージックの逸品たち!!

 1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!


「タッド・ウィンド・コンサート」シリーズをチェックする


【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】

【鈴木孝佳】
福岡県に生まれる。東京コンセルヴァトワール尚美および東京藝術大学でトロンボーンを専攻し、伊藤 清、ヘルマン・エンディヴァルト(ベルリン音楽院教授)の両氏に師事。指揮法を小林研一郎、汐澤安彦の両氏に学び、レナード・バーンスタイン、アンドレ・プレヴィン両氏の門も叩く。在京オーケストラ等での演奏活動の後、指揮者、指導者の道を歩み、福岡工業大学附属高校吹奏楽部を率いた全日本吹奏楽コンクールでの活躍や、英米における演奏は今も語り草。退任後、アメリカより乞われ、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校客員教授となり、その後、2011年5月退任までの15年間、ネバダ大学ラスベガス校大学院教授として教鞭をとる。推挙により日本人初のA.B.A(American Bandmasters Association)正会員。ニューヨークの“ザ・ユナイテッド・ブラス”、東京の“タッド・ウインドシンフォニー”の音楽監督、指揮をつとめ、内外各レーベルから多数のCDをリリース。国内外から委ねられる初演を数多く手がけるなど、ウィンド・ミュージックの世界でもっとも影響力のある指揮者の一人である。

【タッド・ウインドシンフォニー】
1992年、アメリカで活躍する指揮者、鈴木孝佳氏を音楽監督に招いて結成されたシンフォニック・ウィンド・オーケストラ。メンバーは、東京を中心に幅広い音楽シーンで活躍するプレイヤーで構成。鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現とTADWSの重厚で新鮮なサウンドは、定期公演、依頼演奏、CDリリース等を通じ、国内外を問わず高い評価を受けている。2007年、初リリースのCD「タッド・ウィンド・コンサート」は、各国放送局で取り上げられたほか、米メリーランド州にあるA.B.A.リサーチ・センターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されている。




・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM

・収録:2012年1月14日 サンパール荒川 大ホール(東京)



1. 序曲祝典/フランク・エリクソン 【8:06】
  Overture Jubiloso/Frank Erickson

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


2. 仮面幻想/大栗 裕 【11:30】
  Mask Fantasy/Hiroshi Oguri

3. メトロポリス/ジャスティン・レインズ 【9:58】 - 世界初演
  Metropolis/Justin Raines

4. 交響的断章/ヴァーツラフ・ネリベル 【7:43】
  Symphonic Movement

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


5. ジェリコ〜シンフォニック・バンドのためのラプソディー/モートン・グールド【13:25】
  Jericho〜Rhapsody for Symphonic Band

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


≫その他「タッド・ウインドシンフォニー」CDはこちら!

≪2012年12月新入荷≫




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(3件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.33

購入者さん 

評価3.00

投稿日:2017年11月08日

 始めて購入

初めてTADのCDを購入して聴きました。とても綺麗な演奏でサウンドも良いですね。このようなバンドがあったのかと驚きました。ただ、もう少しスリル感もあってもいいのかなと感じました。仮面幻想はその昔札幌白石高校の全国大会金の演奏に慣れ親しんだ為かなにか安全運転のように聴こえて少し物足りなかったです。この曲目当てに購入したので星の数が厳しめになってしまいました。でも是非また別のCDを買って聴いてみ... 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

toyashirouさん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2013年06月22日

 熱演に心が踊りました

福岡のとある中学校で吹奏楽部員であった私は鈴木孝佳先生に何度かご指導いただきました。その後、福岡大学、福岡工業大学付属高校を指導され、鈴木先生は著名な吹奏楽指導者のお一人ですが、先生の偉大さを知らない当時の私は、「おもしろい指揮をされる先生」と熱心に指導される先生のお姿が印象的でした。私が一般バンドで演奏した「仮面幻想」「ジェリコ」をどんな演奏されたのか聴きたく購入しました。先生の音楽(吹奏... …続きを読む

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 リピート 

購入者さん 

評価5.00

投稿日:2013年01月14日

 楽しんでいます

ライブ感がいいケースも簡易で薄く逆にたすかります 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 リピート