ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

タッド・ウィンド・コンサート(15) クロード・T・スミス/華麗なる舞曲 TAD WIND CONCERT …

カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD

★タッドWSの真骨頂!
美しくハートフルな演奏に、タッド氏の変幻自在なタクトと共に奏でられるドラマチックな演奏までもを楽しむことが出来る貴重なCD!
「ココぺリ・ダンス」で有名になったネイソン・タノウエの新作『ロキの復讐』にも注目!


CD-2489


タッド・ウィンド・コンサート(15)クロード・T・スミス/華麗なる舞曲TADWINDCONCERTVol.15DanseFolatre


タッド・ウィンド・コンサート(15)クロード・T・スミス/華麗なる舞曲TADWINDCONCERTVol.15DanseFolatre


タッド・ウィンド・コンサート(15) 
クロード・T・スミス/華麗なる舞曲 

TAD WIND CONCERT Vol.15 
Danse Folatre

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-2489
価格
1,334円 (税込 1,440 円) 送料別
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便



《タッド・ウィンド・コンサート》は、アメリカのプロたちも絶えずその動向に注目する“タッド・ウインドシンフォニー”のパフォーマンスをアーカイヴするシリーズCDです。

 ライヴながらも、権威あるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)のリクエストによって、すべてのCDがアーカイヴ・コレクションに選定され、メリーランド州のA.B.A.リサーチ・センターで一般に公開されています。

 シリーズ第15弾のこのCDには、2011年6月17日、東京・めぐろパーシモンホール 大ホールで行なわれた「第18回定期演奏会」第1部を彩った英米の新旧オリジナル4曲が収録されています。

 1曲目は、イギリスの作曲家フィリップ・スパークが、2011年3月11日の大震災と津波被害からの復興への願いを込めて発表した『陽はまた昇る』です。
 
  この曲は、アメリカの自宅でテレビで震災のニュースを見て強いショックを受けた指揮者のタッド氏が、少しでも自分たちの気持ちが届けばと願い、急遽、プログラムの1曲目をスタートさせる前に演奏されることになったものです。

 ステージ上にも客席の中にも感銘が広がった、とても美しくハートフルな演奏です!

 2曲目の『オーストラリアの大地』(本邦初演)は、「パリのスケッチ」や「マルコム・アーノルド・ヴァリエーション」、「エルガー・ヴァリエーション」などでグングン知名度を高めているイギリスのマーティン・エレビーの会心作です。

 厳しい海岸線に打ち寄せる荒波のようなイントロ、多くの生命を育む大いなる大地に広がるロマンや夢、新しい時代に向けての賛歌など、タッドWSは、オーストラリアの大自然と歴史にインスパイアーされたこの作品をタッド氏の変幻自在なタクトにのり、ドラマチックに描いていきます!

 3曲目の『ロキの復讐』は、シリーズ第2弾CD(CD-1215)に収録されている「ココぺリ・ダンス」の成功で一躍その名が知られるようになったアメリカのネイソン・タノウエの作品です。

 北欧神話に登場する悪戯好きな神“ロキ”のキャラクターのイメージから生まれた冒険大活劇で、これまたタッドWS名物(!?)の本邦初演曲!クラリネット、サクソフォン、フルート、トランペットなど、ソロも随所に散りばめられ、理屈抜きに愉しめます!!

 アルバムは、コンサート第1部のラストを飾ったクロード・T・スミスの『華麗なる舞曲』でしめくくられます!

 アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱で1986年に書かれたこの作品は、今も世界中のバンド・ファンを興奮させているマスターピースの1つです。

 タッドWSは、華やかなパッセージ、木管楽器の各々のカデンツァ、金管や打楽器の細かな音符の連続などと特徴づけられるこの超絶技巧曲を、あるときはすさまじいまでのパワーと推進力で、またあるときは表情豊かな繊細さで、聴かせます!聴かせます!

 そして、曲が終わった瞬間ホールに消えていくキラキラと煌めくサウンド!

 これぞ、まさにタッドWSの真骨頂!ファンの誰もが憧れる瞬間です!
 
  シリーズ各CDは、各作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報などを揃え、コンパクトながら資料としても充実!

 聴けば聴くほどに味わいが出るウィンド・ミュージックの逸品たち!!

 1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!


「タッド・ウィンド・コンサート」シリーズをチェックする


【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】


【演奏:TADウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)】
1992年、アメリカで活躍する指揮者、鈴木孝佳氏を音楽監督に招いて結成されたシンフォニック・ウィンド・オーケストラ。メンバーは、東京を中心に幅広い音楽シーンで活躍するプレイヤーで構成。鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現とTADWSの重厚で新鮮なサウンドは、定期公演、依頼演奏、CDリリース等を通じ、国内外を問わず高い評価を受けている。2007年、初リリースのCD「タッド・ウィンド・コンサート」は、各国放送局で取り上げられたほか、米メリーランド州にあるA.B.A.リサーチ・センターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されている。


・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM

・収録:2011年6月17日 めぐろパーシモンホール 大ホール(東京)


1. 陽はまた昇る/フィリップ・スパーク 【6:29】
   The Sun Will Rise Again/Philip Sparke
楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

2. オーストラリアの大地/マーティン・エレビー 【12:32】 - 本邦初演
   Terra Australis/Martin Ellerby
楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

3. ロキの復讐/ネイソン・タノウエ 【10:48】 - 本邦初演
   Loki's Revenge/Nathan Tanouye

4. 華麗なる舞曲/クロード・T・スミス 【9:56】
   Danse Folatre/Claude T. Smith
楽譜セット購入⇒(吹奏楽)



≪2012年04月新入荷≫



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

2005ナディアさん 50代/女性

評価5.00

投稿日:2012年06月19日

この、演奏会は、聴きに行けなかったので、CD届くのを、楽しみにしていました。個人的には、華麗なる舞曲が1番良かったです。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 リピート