ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

タッド・ウィンド・コンサート(9) アルフレッド・リード/エルサレム賛歌【吹奏楽 CD】WST-…

カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD


★生前にリード本人から絶大な信頼を得ていた
タッド氏ならではのアナリーゼが光る、
聴きごたえ満点の感動的な『エルサレム賛歌』を収録!


タッド・ウィンド・コンサート(9)アルフレッド・リード/エルサレム賛歌


タッド・ウィンド・コンサート(9)アルフレッド・リード/エルサレム賛歌


タッド・ウィンド・コンサート(9) 
アルフレッド・リード/エルサレム賛歌

【吹奏楽 CD】WST-25012


商品番号  CD-2091
価格
1,334円 (税込 1,440 円) 送料別
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便


■その他「タッド・ウインドシンフォニー」のCDはこちら!



<メーカーより>

 《タッド・ウィンド・コンサート》は、アメリカのプロたちも絶えずその動向に注目する、タッド・ウインドシンフォニーのアツいライヴをアーカイヴするCDシリーズです。

 そのクオリティは権威あるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)の折り紙つきで、全CDが同アーカイヴ・コレクションに選定されています。

 シリーズ第9弾のこのCDには、2009年6月11日、東京・大田区民ホール アプリコで行なわれた「第16回定期演奏会」の第2部とアンコールがそっくりそのまま収録されています。

 CD冒頭の2つのトラックは、この日が日本初演となった2曲!

 1曲目は、イギリスのフィリップ・スパークの『ディザーツ』です。
この作品は、“砂漠(ディザート)”のような何もないところから音楽に魂を招き入れる“作曲家”の一人として追い求めてきたもの、すなわち自身の人生を音楽に投影したもので、いつもの楽天主義的作風を封印した作曲者の新境地を強く感じさせる音楽となっています。

 作曲家としていよいよ円熟の領域に達し、聴けば聴くほど新しい発見がある噛み応え満点の作品ですが、オーディオ的に見ても、最弱音から最大音に至る音楽表現の奥行きとダイナミック・レンジの広さは驚異的です!

 2曲目は、この日のためにアメリカからはるばる来日したアンソニー・ラバウンティを客席に迎えて演奏された『アジアのための祈り』です。
この作品は、作曲者の友人である指揮者、鈴木孝佳(タッド鈴木)への特別なプレゼントとして作曲されました。
「音楽を用いた祈り、願いが世界中に広がるように」という西洋の思想が主なテーマとして表現され、ある日の祈りの時間に神の啓示によって与えられたというテーマは、ときに東洋的なムードも感じられます。

 心に染み入るように演奏される、曲冒頭に近い箇所で聴かれるクラリネット・ソロは、とても印象に残ります。

 3曲目は、第16回定期演奏会のフィナーレとして演奏されたアルフレッド・リードの名曲『エルサレム賛歌』です。
アルメニアの音楽学者ゴミダス・ヴァタベットが蒐集した7世紀の「アルメニア教皇管区教会の典礼歌集」に含まれる「エルサレム賛歌」を主題に書かれた味わい深い変奏曲で、日本でも大ヒット曲となりました。

 生前に作曲者から絶大な信頼を得ていたタッド氏ならではのアナリーゼが光る、聴きごたえ満点の感動的な演奏です。
フィナーレでは、2階席の左右に配したトランペットとトロンボーンによるバンダが、ステージ上と呼応しながら、劇的かつ神々しいクライマックスを演出します。

 当日と同じように爆音で聴いてみたい、ものすごい演奏です!

 この第9集CDでは、ボーナス・トラックとして、リクエストの多いロバート・E・ジェイガーのコンサート・マーチ『ツール・ド・フォース』を4曲目に収録しています。
このマーチは、タッド・ウインドシンフォニーのアンコール曲としてだけでなく、BPラジオ「ウィンド・シンフォニー・アワー」のクロージング・テーマとしてもおなじみですね!
これもぜひ、フル・ボリュームで愉しんでみてください!

 シリーズ各CDは、各作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報など、コンパクトながら資料としても充実!

 聴けば聴くほどに味わいが出るウィンド・ミュージックの逸品たち!!

 1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!

 

A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤

TADウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
1992年、アメリカで活躍する指揮者、鈴木孝佳氏を音楽監督に招いて結成されたシンフォニック・ウィンド・オーケストラ。メンバーは、東京を中心に幅広い音楽シーンで活躍するプレイヤーで構成。鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現とTADWSの重厚で新鮮なサウンドは、定期公演、依頼演奏、CDリリース等を通じ、国内外を問わず高い評価を受けている。2007年、初リリースのCD「タッド・ウィンド・コンサート」は、各国放送局で取り上げられたほか、米メリーランド州にあるA.B.A.リサーチ・センターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されている。


・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM

・収録:2009年6月11日 大田区民ホール アプリコ(東京)

1. ディザーツ/フィリップ・スパーク 【11:28】 - 日本初演 -
   Deserts/Philip Sparke

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

2. アジアのための祈り/アンソニー・ラバウンティ 【6:26】 - 日本初演 -
   Prayer for Asia/Anthony LaBounty

3. エルサレム賛歌〜アルメニアの復活祭の賛歌による変奏曲/アルフレッド・リード 【16:07】
   Psaise Jerusalem!/Alfred Reed

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


4. ツール・ド・フォース/ロバート・E・ジェイガー 【2:53】
   Tour De Force/Robert E. Jager

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

 


≪2010年06月新入荷≫




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(3件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.33

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2011年04月29日

演奏会の選曲で探していたので、とても助かりました。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 リピート 

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2010年10月09日

メインのエルサレム賛歌はバランスにやや難がある部分も見受けられますが、ライブとしてはまとまった演奏と言えるでしょう。 

カリソン加世田人さん 30代/男性

評価5.00

投稿日:2010年08月16日

やはりTADは最高です。先日もレッスンしていただきました。本当に音楽が変わります。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 リピート