ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > 出版社 > (海外) > スペシャリスト(Specialist)
カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(海外)1
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD
カテゴリトップ > BPコレクション > マーチ&ミリタリー

★30数名のバンドが生み出す素晴らしきサウンド、
そしてイギリス民謡を使った2つの組曲にブラボー!!
使える・楽しめる曲が満載、中編成バンドは必聴だ!!


キングズ・バンドスタンド/AKing'sBandstand/キングズ・ディヴィジョン・バンド




キングズ・バンドスタンド
キングズ・ディヴィジョン・バンド

A King's Bandstand

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-1449
価格
3,241円 (税込 3,500 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
■その他「バンドスタンド」シリーズはこちら!



 超マニアックで超高品質なCDを届けてくれているイギリスの「スペシャリスト」レーベルから、今度は「バンドスタンド」シリーズの新作が到着。

 今回初登場となる「キングズ・ディヴィジョン・バンド」は、2006に再編された英国陸軍軍楽隊(Corps of Army Music)に所属する23のバンドのうちの一つで、プレストンという地方を拠点にしているそうです。

ちなみに「キングズ・ディヴィジョン」っていうのは、「国王師団」っていうふうに訳すみたいですね。

 編成されたのが2006年の12月ってことで、まだ出来立てホヤホヤって感じですが、元々国王師団のバンドだった「ノルマンディー」と「ウォータールー」が合併して出来たそうで、

メンバーはネラーホール陸軍音楽学校で音楽教育を受けた35人のメンバーで構成されて、音楽の任務だけでなく、戦闘(戦争)時や緊急時には陸軍衛生隊としても召集されるとのこと。なかなか大変です。


 さてそんなバンドによる、色んな曲が盛りだくさんの聴いてて楽しいCDなんですが、やっぱ聴きモノだったのはクレア・グランドマンの「イギリス組曲」、そしてアーネスト・トムリンソンの「イギリス舞曲による組曲」、この2曲でしょう。
両方ともイギリスの民謡が使われているんで、まあだいたい想像できる通りなんですが、やっぱイギリス民謡ってのは心にグイグイきますよね。


 クレア・グランドマンは編曲者としてもバーンスタインの「キャンディード序曲」でおなじみなんじゃないかと思いますが、この曲も彼の編曲手腕が見事に発揮されていて、どれも聴いた事ある曲なのにメッチャメチャ新鮮、演奏効果バッチリ保証付き!!って感じの大興奮間違いなしの一品になっております。

 あの超有名な「ブリティッシュ・グレナディアーズ」でこれでもかとド派手に盛り上がってくるラストなんて、ブラボーものですから!!(楽譜はブージー&ホークス)

トムリンソンのほうは元は6楽章構成の管弦楽曲ですが、作曲者本人が吹奏楽版を編曲したものから3曲を選び、このCDには収録されています。前半二つの比較的穏やかなナンバーと、最後の「Woodicock」のイケイケ・ノリノリ感のコントラストがたまりませんよ。(楽譜はノヴェロ)

そして忘れてはいけないのが感激モノのマーチ、ウォータラーの「ジブラルタル」。こんなにメロディーがかっこよくて鳥肌モノのマーチって久しぶりに聴いたなあ。2分20秒を過ぎた後から、完全にノックアウト。


 他にはスパークの「ホワイト・ローズ」やウォルトンの「リチャード3世より 前奏曲」などといった思わずニヤリの曲も入ってます。

 フランクの名曲「天使の糧」も、おそらく皆が知っているであろうリードのアレンジとはまた違って、美しく穏やかながらも結構ビートの効いた仕上がりになってるんですよね。さすが「マウントバッテン」でおなじみマクダーモット。これも面白い。(あ、でもこれは演奏のせいかも??)


 さらにバンドスタンド・シリーズだけあってポップな曲も入ってたんですが、おなじみの曲が出てくる「ラーナー・アンド・ロウ・イン・コンサート」と「コール・ポーター・オン・ブロードウェイ」はマジでコンサート向けの極上のメドレーになってて、かなりイチ押しのアイテムです。

楽譜はそれぞれハル・レナード、ワーナー(アルフレッド)から出ているみたい。


 バンドの秘蔵音源みたいな曲もあったりするんですけど、別に秘蔵音源集ではないのでほとんどの曲は楽譜を手に入れられそうだし、演奏もグレートだし、選曲用にも鑑賞用にもオススメの一枚!!

 それにしても30数名でこのサウンドか〜・・・教会での録音ってのもあるのかもしれませんが、中編成バンドはこれを聴いて、マネすべし!!

p.s.アンダーソンの「トランペット吹きの子守歌」は岩井直溥さんの譜面が使われてますよ!




★スペシャリスト「バンドスタンド」シリーズとは?

 イギリスではポピュラーな野外奏楽堂(バンドスタンド)でのコンサートスタイルで、ひとつのテーマに沿ったレパートリーを録音したシリーズ。各軍楽隊秘蔵のナンバーも入っていたりして、その演奏水準の高さとともに収録曲もマニア必携のアイテムとなっています。

・演奏団体:キングズ・ディヴィジョン・バンド(The Band of the King's Division)
・指揮者:リチャード・ワターソン大尉(Captain Richard H. Watterson BA(Mus))

・発売元:スペシャリスト(SPECIALIST)

・録音:2007年3月6-7日、プレストン St.Walburgh's Church

<バンドスタンド・シリーズ>


1. ベスト・フット・フォワード/アーネスト・トムリンソン 【3:54】
   March: Best Foot Forward/Ernest Tomlinson

2. ホワイト・ローズ/フィリップ・スパーク 【7:28】
   Overture: The White Rose/Philip Sparke
楽譜セット購入⇒(吹奏楽)
3. 天使の糧/セザール・フランク(arr.マイクル・マクダーモット) 【4:12】
   Panis Angelicus/Cesar Frank(arr.Michael Dermott)

4. イギリス組曲/クレア・グランドマン 【8:33】
   English Suite/Clare Grundman
I) The Oak and the Ash 【2:14】
II) Barb'ra Allen 【2:30】
III) The Girl I Left Behind Me 【1:50】
IV) The British Grenadiers 【1:59】
5. ジブラルタル/リチャード・ウォータラー 【4:15】
   March: Gibraltar/Richard Waterer

6. エレジー/ジョージ・サルベン=ボール 【4:04】
   Elegy/George Thalben-Ball

7. クオリティ・プラス/フレデリック・アルトン・ジュエル 【3:07】
   March: Quality Plus/Frederick Alton Jewel

8. ラーナー・アンド・ロウ・イン・コンサート/フレデリック・ロウ(arr.ウォーレン・バーカー) 【8:07】
   Lerner and Loewe in Concert/Frederick Loewe(arr.Warren Barker)
feature the songs;
Get me to the church on time
Thank heaven for little girls
The night they invented champagne
If ever I would leave you
I could have danced all night
9. イギリス舞曲による組曲/アーネスト・トムリンソン 【8:30】
   Suite of English Folk-Dances/Ernest Tomlinson
I) Dick's Maggot 【2:55】
II) Hunt the Squirrel 【3:52】
III) Woodicock 【1:43】

10. リチャード3世より 前奏曲/ウィリアム・ウォルトン(arr.ノーマン・リチャードソン) 【4:47】
   Prelude: Richard III/William Walton(arr.Norman Richardson)

11. トランペット吹きの子守歌/ルロイ・アンダーソン(arr.岩井直溥) 【3:09】
   Trumpeter's Lullaby/Leroy Anderson(arr.Naohiro Iwai)

12. 陸海空軍人家族協会行進曲/ロジャー・スウィフト 【3:33】
   The SSAFA Concert March/Roger Swift

13. グリーンスリーヴス/伝承曲(arr.アルフレッド・リード) 【5:30】
   Greensleeves/Trad.(arr.Alfred Reed)

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


14. コール・ポーター・オン・ブロードウェイ/コール・ポーター(arr.ウォーレン・バーカー) 【6:38】
   Cole Porter on Broadway/Cole Porter(arr.Warren Barker)

feature the songs;
Let's do it
You do something to me
Anything Goes
Just One of those things
You're the top
What is thing called love
Night and day
Blow Gabriel Blow
Love for sale

≪2008年03月新入荷≫