ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD

★迫真、感動のドラマ!!
TADウインドシンフォニー第14回定期ライヴから、
話題の本邦初演曲『ヴィジルス・キープ』を含む、
第1部プロ全3曲を完全CD化!


タッド・ウィンド・コンサート(3)/ジュリー・ジロー:ヴィジリス・キープ(本邦初演)


タッド・ウィンド・コンサート(3)ジュリー・ジロー:ヴィジリス・キープ(本邦初演)


タッド・ウィンド・コンサート(3) 
ジュリー・ジロー:ヴィジルス・キープ(本邦初演)

【吹奏楽 CD】WST-25006


商品番号  CD-1437
価格
1,334円 (税込 1,440 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
■その他「タッド・ウインドシンフォニー」演奏CDはこちら!



 収録3曲の作曲家全員が絶賛したハイテンションのライヴ・アルバム!!

 東京を中心に活躍がつづく、タッド・ウインドシンフォニーのアツいライヴをアーカイヴ化。ファンの圧倒的支持を集める《タッド・ウィンド・コンサート》シリーズ第3弾CDです。

 このCDには、2007年6月1日、東京・大田区民ホール アプリコで催された“第14回定期演奏会”の第1部で演奏された3曲が、当日の演奏曲順どおりに収録されています。

 1曲目は、ロン・ネルソンの名曲『ロッキー・ポイント・ホリディ』です。1966年に作曲され、ミネソタ大学コンサート・バンドのソヴィエト演奏旅行では、コンサートのオープニング曲として毎回演奏されました。活力に溢れ、躍動感溢れる管楽器と打楽器の動きは、聴くものすべてを魅了します。

 これは必聴! 演奏は爽快そのもの!

 『この年になって、若い頃の自分の作品にこんなに興奮させられるとは思わなかった。とにかく、“ロッキー・ポイント・ホリディ”に再び新しい命を注ぎこんでいただいたことに対して大いに感謝したい。』という、ネルソン自身の演奏に対するアツいコメントが、そのすべてを物語っています。

 2曲目は、近年人気急上昇中のフランク・ティケリの『サンクチュアリー』です。曲名の「Sanctuary」は、ラテン語の「Sanctus(聖なる-)」を起源とします。2005年に書かれたこの作品は、詩的なとても美しい作品となりました。曲中、ホルンがメッセンジャーとして大活躍します。クラリネットを中心とするハーモニーの美しさにも心が洗われるようです。

 いつも冷静なティケリもCDを聴いて『とても美しい演奏』と称賛! 心からの賛辞をタッド・ウインドシンフォニーに届けています。

 アルバム最後を飾るのは、エミー賞作曲家ジュリー・ジローが2005年に作曲した『ヴィジルス・キープ』です。曲名には“寝ずの番は続きます”という意味があります。南部諸州の教会でよく歌われる“セイクリッド・ハープ”の曲集にある“ウェイフェアリング・ストレンジャー(見知らぬ旅人)”という歌をもとに書かれ、黒人も白人も似たような貧困を耐えしのぶ南部の暮らしとトラッドへの音楽的称賛となっています。

 CDを聴いた作曲者から、『どんなにこの演奏を楽しんだか、言葉にすることができません!!! 絶対的な真実として話すべきことは、それは私をうれし泣きさせたということです。』という感動のメッセージが届き、その結果、『グレンバリー・グローヴ』というすばらしい新作がタッドWSのために書かれるきっかけにもなった、とても有名な演奏です。作曲家を心から感動させたその演奏を、ぜひともお愉しみ下さい。

 他方、各作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報など、コンパクトながら資料としても充実!

 A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーションのアーカイヴにも選ばれました。

 聴けば聴くほどに味わい深いウィンド・ミュージックの逸品たち!!

 1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!

【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】

【TADウインドシンフォニー (TAD Wind Symphony)】
1992年、アメリカで活躍する指揮者、鈴木孝佳氏を音楽監督に招いて結成されたシンフォニック・ウィンド・オーケストラ。メンバーは、東京を中心に幅広い音楽シーンで活躍するプレイヤーで構成。鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現とTADWSの重厚で新鮮なサウンドは、定期公演、依頼演奏、CDリリース等を通じ、国内外を問わず高い評価を受けている。2007年、初リリースのCD「タッド・ウィンド・コンサート」は、各国放送局で取り上げられたほか、米メリーランド州にあるA.B.A.リサーチ・センターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されている。




・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM

収録:2007年6月1日 大田区民ホール アプリコ(東京)


1. ロッキー・ポイント・ホリディ/ロン・ネルソン【6:14】
  Rocky Point Holiday/Ron Nelson

2. サンクチュアリー/フランク・ティケリ【11:01】
  Sanctuary/Frank Ticheli

3. ヴィジルス・キープ(本邦初演)/ジュリー・ジロー【11:32】
  Vigils Keep - Inspired by Sacred Harp #457 -“Wayfaring Stranger”/Julie Giroux

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)



≪2008年01月新入荷≫