ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(国内) > タッド・ウインド・シンフォニー
カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD

★ダイナミックにして繊細! 1曲1曲に情熱を注ぎ込むプロたちの最高のパフォーマンスを存分にお楽しみください!

タッド・ウィンド・コンサート(1)トミー・ユー灰から救われた魂たち(世界初演)【吹奏楽CD】WST-25003


タッド・ウィンド・コンサート(1)トミー・ユー灰から救われた魂たち(世界初演)


タッド・ウィンド・コンサート(1)トミー・ユー灰から救われた魂たち(世界初演)【吹奏楽CD】WST-25003


タッド・ウィンド・コンサート(1) 
トミー・ユー 
灰から救われた魂たち(世界初演)

【吹奏楽 CD】WST-25003


商品番号  CD-1129
価格
1,334円 (税込 1,440 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

■その他「タッド・ウインドシンフォニー」演奏CDはこちら!




 2007年4月のリリース以降、アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドやダラス・ウィンド・シンフォニーなど、並みいるアメリカのプロたちをも“こいつは凄い!”と唸らせ続け、A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)のアーカイヴにも選ばれた《タッド・ウィンド・コンサート》シリーズの記念すべきファースト・アルバム。

  CDには、2006年6月8日、東京の大田区民ホール アプリコで催された“第13回定期演奏会”の第1部を彩った3曲が、当日の演奏曲順どおりに収録されています。

  1曲目のジェームズ・バーンズの『交響的序曲』は、アメリカ空軍ワシントンD.C.バンドの委嘱曲で、輝かしいファンファーレの導入部、スピーディーな主部、サックスのメロウなソロが聴かれる中間部など、変化に富んだ展開で聴くものを興奮させずにおきません。

  2007年に始まったBPラジオ“ウィンド・シンフォニー・アワー”のオープニング・テーマとしてもおなじみですね。

  2曲目の『灰から救われた魂たち』(世界初演)は、アメリカに学んだ台湾の作曲家トミー・ユーの心洗われるとても美しい作品です。広島、長崎への原爆投下の悲劇にインスピレーションを受けて書かれた作品で、作曲者は、この曲を通して、世界平和への私の願いを伝え、私たち全てに戦争の代償はいつも罪のない人々を犠牲にして支払われるのだということを喚起しています。

  この日の演奏は、作曲家を客席に招いてのパフォーマンスとなりました。CDリリース後に、台湾のFM放送局から全土へ向けてラジオ放送されたこの初演ライヴは、今もブログで語り継がれるほど、台湾の人々に大きな感銘を与えました。

  3曲目のアルフレッド・リードの名曲『オセロ』(全曲)は、この日演奏された曲目の中でもとくに聴衆を魅了し、“名演中の名演”と語り継がれる演奏となりました。まさに変幻自在。作曲者リードが全幅の信頼を寄せたタッドが描く、シェークスピアのファンタスティック・ワールドをたっぷりとお愉しみ下さい。

  この演奏もまた、全米ネットのFM放送局から、アメリカ全土に向けて放送され、タッド・ウインドシンフォニーの名を広く知らしめました。

  その他、シリーズの特徴として、各作曲家の写真、作曲年、初演データ、出版社情報など、コンパクトながら資料としても充実をはかりました!

  ダイナミックにして繊細!

  1曲1曲に情熱を注ぎ込む、プロたちの最高のパフォーマンスでお愉しみ下さい!

【A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)アーカイヴ選定盤】

【TADウインドシンフォニー (TAD Wind Symphony)】
1992年、アメリカで活躍する指揮者、鈴木孝佳氏を音楽監督に招いて結成されたシンフォニック・ウィンド・オーケストラ。メンバーは、東京を中心に幅広い音楽シーンで活躍するプレイヤーで構成。鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現とTADWSの重厚で新鮮なサウンドは、定期公演、依頼演奏、CDリリース等を通じ、国内外を問わず高い評価を受けている。2007年、初リリースのCD「タッド・ウィンド・コンサート」は、各国放送局で取り上げられたほか、米メリーランド州にあるA.B.A.リサーチ・センターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されている。



・演奏団体:タッド・ウインドシンフォニー(TAD Wind Symphony)
・指揮者:鈴木孝佳(タッド鈴木)(Takayoshi "TAD" Suzuki)

・発売元:WINDSTREAM

収録: 2006年6月8日 大田区民ホール アプリコ(東京)


1. 交響的序曲/ジェームズ・バーンズ 【10:30】
   Symphonic Overture/James Barnes
楽譜セット購入⇒(吹奏楽)
2. 灰から救われた魂たち/トミー・ユー<世界初演> 【11:53】
   Their Souls were Lifted from the Dust/Tommy Yu - World Premiere

3. オセロ(全曲)/アルフレッド・リード 【15:24】
   Othello/Alfred Reed

I. 前奏曲(ヴェニス) Prelude (Venice)  【2:38】
II. 朝の音楽(キプロス) Aubade (Cyprus) 【1:37】
III.オセロとデズデモーナ Othello and Desdemona 【3:55】
IV. 廷臣たちの入場 Entrance of the Court 【2:49】
V. デズデモーナの死、終曲 The Death of Desdemona; Epilogue 【4:25】

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


 

≪2007年04月新入荷≫








この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

euphくじらさん 40代/男性

評価5.00

投稿日:2007年07月06日

大学の後輩や知り合いも多く乗っているこのバンドのCDが出るのを毎回楽しみにしております。特にバーンズやリードはTADの得意技といいますか、この演奏を聞いた後では他団体のものは霞んで聞こえるほど、情熱的かつ繊細であります。特に秀逸なのは「オセロとデズデモーナ」、若く純真な二人の恋の結末を予感させるものでありました。