ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD > 作品集
カテゴリトップ > 作曲家・編曲家 > B > デリック・ブルジョワ(Derek Bourgeois)
カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(海外)1
カテゴリトップ > コンクール選曲に使えるCD
カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(海外)1 > オランダ王国海軍(De marierskapel der Koninklijke marin)

★楽しい、かっこいい、美しい・・・と
まさに3拍子そろったデリック・ブルジョワ作品集。
「シンフォニー・オブ・ウィンズ」はぜひ、
演奏会やコンテストでじゃんじゃん取り上げて欲しい傑作だよね。
オランダ王国海軍の演奏も味があってクセになりそう・・・ 


CD-0805


シンフォニー・オブ・ウィンズ〜デリック・ブルジョワ作品集vol.1オランダ王国海軍軍楽隊SymphonyofWinds〜DerekBourgeoisVol.1【吹奏楽CD】


 シンフォニー・オブ・ウィンズ
〜デリック・ブルジョワ作品集vol.1 
オランダ王国海軍軍楽隊 

Symphony of Winds〜Derek Bourgeois Vol.1

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-0805
価格
2,389円 (税込 2,580 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

■その他「デリック・ブルジョワ」作品集CDはこちら!

■その他「オランダ王国海軍軍楽隊」演奏CDはこちら!




 ブルジョワさんの曲って、基本的に曲の感じがハデで、しかも天才的にカッコイイ・フレーズが連発されるから、新しいCDが発売されるたびに興奮しまくりって感じなんですが、今度のこのアルバムも期待以上の内容で、ゴキゲンそのもの。聴くたびに“雄たけび”を上げまくりって感じです。

 ま、日本ではリードや、スパーク、ヴァンデルローストほどは、メジャーではないので、吹奏楽ファンならさしずめ「ウインド・ブリッツ」、ブラス・ファンなら「コンチェルト・グロッセ」くらいしか知らないかもしれないけど、この人の曲は、ほとんどハズレがないので、「デリック・ブルジョワ」の名前はしっかり記憶に刻んでおいた方がいいかもね。


 さて、オイラをとりこにしてやまない、このアルバムですが、イチオシはやはりタイトル・ナンバーにもなってる「シンフォニー・オブ・ウィンズ」ですよね。全3楽章、約15分の曲なんですが、耳に残る印象的なフレーズが随所に散りばめられていて、音が流れ込むように心の中に入ってくるんだよね。カッコよさと美しさをかねそなえた、見事な作品だと思うよね。ぜひ、聴いてみるといいよ。

 「アルト・サキソフォーン協奏曲」も、この手の作品にありがちな、小難しさは皆無。一言でいえば、サックスがフィーチャーされてる楽しい吹奏楽曲って感じなので、おじーちゃん、おばーちゃんも聴きに来る演奏会で演奏しても、喜んでもらえる楽しい作品に仕上がってます。バンドにうまいサックス吹きがいたり、ゲストで呼んだりするときは、候補にいれてみてもいいじゃない?

 あと、「バス・トロンボーンとトランペットのための二重協奏曲」も抜群に面白かったよね! いきなり、スパニッシュムード爆発って感じで、いったいこれから何が始まるわけ?って期待が膨らむオープニングの演出も見事だし、バス・トロとトランペットの掛け合いだけでなく、バックで流れる演奏との三位一体さ加減とでもいいましょうか・・・とにかく楽しめ曲でしたね。聴いたら、チャレンジしたくなるバンド、多いかもね。ぜひ、やるべし!


<BPスタッフレビュー2>

吹奏楽では「ウィンド・ブリッツ」が比較的有名なデリック・ブルジョワさん。

交響曲が多くてなんか大作ばっかのイメージですが、過去盤からいいの見つけてきましたよ!

この盤にも「アルト・サキソフォーン協奏曲」「バス・トロンボーンとトランペットのための二重協奏曲」という20分超えの作品があるにはありますが、そのほかの2作品は11分、15分となかなか手頃サイズ。(難しそうですけどね・・・)

まず1曲目の「フリブール」からしてなんとカッコよく、なんと美しく、そしてなんと楽しいことか!!

デリック・ブルジョワここにあり!って感じで、オススメです。

そして目玉はアルバムタイトル作でもある「シンフォニー・オブ・ウィンズ」。

なにこれー!ときめいちゃうんですけどー!!!

久々に聴いたんですが、やっぱすげえー。いいわあ。

店長もオススメの作品ですが、聴いたら一度はトライしたくなっちゃう!そんな魅力に満ちあふれていますね。

「ウィンド・ブリッツ」しか知らない人は、この機会に是非聴いてみてください。

名門・オランダ海軍の演奏も素晴らしいですよ!ぶっ飛ぶぜ〜!


【デリック・ブルジョワ(Derek Bourgeois)】
1941年、イギリスのキングストン生まれ。
ケンブリッジ大学を最も高い級の優等学位で卒業し、続いて博士号を取得した。
王立音楽大学で作曲をハーバート・ハウエルズに、指揮法をエイドリアン・ボールトに師事。
68もの交響曲を書いているが、吹奏楽での交響曲は6つである。


・演奏団体:
オランダ王国海軍軍楽隊(Marine Band of the Royal Netherlands Navy)
・指揮者:ピーター・ヤンセン (Major Pieter Jansen)

・発売元:ハファブラ・ミュージック(HAFABRA MUSIC)  

 


作曲:デリック・ブルジョワ(Derek Bourgeois)【全曲】

1. フリブール 【11:03】
   Fribourg (The Old City)

   楽譜セット購入⇒(吹奏楽)


2. アルト・サキソフォーン協奏曲 【23:38】
   Concert for Alto Saxophone and Band
    soloist:Suzanne Welters

I)Part1 【8:32】
II)Part2 【9:13】
III)Part3 【5:53】

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

3. シンフォニー・オブ・ウィンズ 【15:03】
   Symphony of Winds

I)Hurricane 【3:19】
II)Zephyr 【4:47】
III)March Winds 【6:57】

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)

4. バス・トロンボーンとトランペットのための二重協奏曲 【23:22】
   Double Concerto for Bass Trombone,Trumpet and Band
    soloist:Jos Jansen (Bass Trombone)
    soloist:John Curfs (Trumpet)
I)Part1 【11:02】
II)Part2 【6:06】
III)Part3 【6:14】