ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


カテゴリトップ > 吹奏楽 > CD > 作品集
カテゴリトップ > 作曲家・編曲家 > F > フェルレル・フェルラン(Ferrer Ferran) > 作品集CD
カテゴリトップ > コンクール選曲に使えるCD
カテゴリトップ > バンド名 > 吹奏楽(海外)1 > Banda Sinfonica La Artistica Bunol

★オー、マイ・ゴッド! 
こんな演奏聴いたら並みのCDじゃ満足できなくなっちゃうかも?
オケでは決して味わえない吹奏楽ならではの醍醐味を
トコトン味わうべし!


CD-0361


 キリストの受難 〜フェルレル・フェルラン作品集 
ブニョール“アルティスティカ”交響吹奏楽団 

La Passio de Crist

【吹奏楽 CD】


商品番号  CD-0361
価格
2,204円 (税込 2,380 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
14:00までの注文は当日発送(休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く


■その他「フェルレル・フェルラン作品集」CDはコチラ!

■その他「ブニョール“アルティスティカ”交響吹奏楽団」CDはこちら!



 スペイン最強の吹奏楽団、ブニョール“アルティスティカ”の最新盤(2002年)ということで、メチャメチャ楽しみに待ってたこの1枚。タイトルを見れば「キリストの受難」だなんて、いかにもおいしそうなネーミングじゃないですか。

 さっそくバリバリとサンプル盤を開いたら、なんでも今回はフェルランという作曲家の作品集らしい・・・(で、フェルランっていったい誰なのよ???? 実はオイラも初めて目にする名前・・・)。そんなわけで、ちょっとドキドキしながら聴いたら、これが大ビンゴ! 全曲ともかなりレベルが高くて、マジ、スゲェーって感じ! 

 一番の聴きものは、思ったとおり「キリストの受難」だったね。キリストの誕生から死までを3つのシーンに分けて描き出した大作なんだけど、退屈する部分が全くなしって感じで、一気に聴かせられちゃった。とにかく、個々の楽器のキラキラ光るようなうまさ、吹奏楽ならではのスピード感と劇的なスケール感は、ホント、特筆モノ! 

 オケでは決して味わえない“吹奏楽ならではの醍醐味”をトコトン味わうべし!

【フェルレル・フェルラン】
1966年、スペインのヴァレンシアに生まれる。15才までにピアノと打楽器を修め、室内楽および伴奏者としてのディプロマを得る。その後、ロンドンの王立音楽アカデミー(RAM)で、作曲と指揮法を学ぶ。管弦楽、室内楽、吹奏楽などの各ジャンルで、作曲家、指揮者、ピアニストとして活躍する一方、ヴァレンシア高等音楽院で教鞭をとっている。交響曲第2番『キリストの受難』が紹介された後、日本でも、その名は広く知られるところとなった。作品は、スペイン、フランス、オランダで出版され、2002年、自身の出版社 Iber Musica を設立した。


・演奏団体:
ブニョール“アルティスティカ”交響吹奏楽団(Banda Sinfonica La Artistica, Bunol)
・指揮者:ヘンリー・アダムス(Henrie Adams)

・発売元:ワールド・ウィンド・ミュージック(World Wind Music)


作曲:フェルレル・フェルラン(Ferrer Ferran) 【全曲】

1. 交響曲第2番「キリストの受難」【38:27】
   La Passio de Crist(The Passion of Christ)
   Symphony No.2 for symphonic band

l) Birth, Massacre of the Innocents, The Baptism 【7:06】
ll) The Three Temptations 【11:30】
lll) Arrival at the Temple, The Last Supper, Arrest, Sentence, Crucifixion, Hope 【19:51】

楽譜セット購入⇒(吹奏楽)
フルスコア購入⇒(吹奏楽)
スタディースコア購入⇒(吹奏楽)


2. オーボエ協奏曲「魔法の森」【16:40】
   El Bosque Magico(The Magic Forest)
   Concerto for oboe and symphonic band

l) The Elves 【6:46】
ll) The Fairies 【6:13】
lll) The Gnomes 【3:41】

3. アルヘミス【12:46】
   Algemiz
   Two historical episodes for symphonic band

l) The Battle at the Sucro 【7:06】
ll) Dance of the Conquerors【5:40】




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

購入者さん 

評価4.00

投稿日:2010年10月14日

メインの『キリストの受難』は交響曲というより交響詩。映画音楽風(壮大、ときに壮絶)で楽しめましたが、やや冗長な感じがしました。その点、『魔法の森』、『アルヘミッツ』はコンパクトでさらっと聴けます。※解説書の順番が目茶苦茶だったのでホッチキスを外して入れ替えました。海外盤はときに日本では考えられないようなミスがありますね(笑)