現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


ユニバーサルトレーダー:海外製カーセキュリティ、カーオーディオの輸入販売。










































  ●VIPER 4706





エンジンスターター内蔵タイプ
 ●VIPER 5906
 ●VIPER 5706
 ●VIPER 5806
 ●VIPER 5606(リモコン1個)
エンジンスターター無しモデル
 ●VIPER 3606(リモコン1個)
 ●VIPER 3105(リモコン2個)
 ●VIPER 3105(リモコン1個)
純正キーレス連動モデル
 ●VIPER 330V
 
 ◆追加センサー
 ◆ボイスモジュール
 ◆スキャナー
 ◆ドアロックパーツ
 ◆イモビライザー解除KIT
 ◆サイレン/スピーカー
 ◆リモコンとアンテナ
 ◆リレー/ダイオード
 ◆その他パーツ
 ◆当店オリジナルパーツ
 ◆CANBUS取付KIT



















営業日カレンダー
2020年9月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
2020年10月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ



現在、多くの方が当たり前になってきた車のスマートキー。
手ぶらで車のドアロックを解除してそのままエンジンスタート・・・という便利さゆえに
従来のキーシリンダーを回してエンジンを掛ける車では不便を覚えるようになってきました。

こんなにも便利なスマートキーですが、
[リレーアタック]という方法を使うと強固な盗難防止システムを持つ最新型車でも
ドアロックが破られ、プッシュボタン押せばエンジン掛かって盗まれてしまう恐ろしい状況になっています。


では、[リレーアタック]という窃盗方法とはどんな方法なのでしょう?



スマートキーは持っているだけでクルマのロック解除ができて、
そのまま車内に入ってプッシュボタンを押すだけでエンジン始動できる純正キーですが、
スマートキーはイモビライザーと呼ばれるセキュリティ機能と連動しており、
極めて高度な盗難防止機能を持っています。

こういった観点から「スマートキーを使っていれば盗難されることがない」という認識でしたが
ここが盲点となっているのです。

スマートキーは1mくらいしか飛ばない微弱な電波を出し続けていて
スマートキーを持ったままドアノブに触れると通信してドアロック解除するというシステムです。

通常はスマートキーの電波は暗号化されているので、同じスマートキーでないと動かすことはできませんが、
リレーアタックはこの特性を逆手に取ります。



まず、窃盗団は2名で行動します。
スマートキーを持った持ち主がコンビニなどに立ち寄ってレジで待っている場合、
窃盗団の一人(A)が持ち主の背後に並びます。

この時にスマートキーの1m以内に接近し、常時出ている微弱な電波を中継器でキャッチします。
その受信した電波をもう一人(B)の窃盗団へ送信すると
受信した窃盗団(B)は車のスマートキーは持っていなくても
受信した電波を利用してスマートキーを持っている状態と同じになってしまいます。

そして、このまま狙っている車に近づき、ドアノブを触ることでドアロックが解除されてしまい、
さらにエンジンまで掛かって逃走できるのです。

この方法であればエンジンを止めない限りどこまでも走れるので
さらに近くにいる窃盗団(C)の協力を得て車を隠せば傷ひとつ無く車を盗めてしまえます。

当然、その後は車両をバラして部品として売ったり、
車両のコンピューターを差し替えてエンジンが掛けられる状態にしたうえで海外へ輸出します。


自動車メーカーも「防犯の観点からノーコメント」としているものの
車自体が持ち主のスマートキーの電波でエンジンを掛けている以上、防ぐことが難しいとされています。


さらに追い討ちを掛けるように[リレーアタック]を行う為の送受信パーツは
2〜3,000円程度で入手できるということで
悪意を持った窃盗団が大量に増えてしまう可能性があるということになります。




そういった意味でリレーアタックで車両を狙われたら防ぐ方法は
VIPERなどのカーセキュリティーをスマートキーに連動しない独立したシステムとして設置することが重要と思います。

リモコン付きのVIPER本体を設置すれば
仮に[リレーアタック]を仕掛けられてもVIPER本体は停止せず、サイレンを鳴らして威嚇できます。
愛車を守る最後の砦としてきっと役に立つでしょう。



しかし、スマートキーのように手ぶらでドアロックを解除できる便利さは残したいところです。
そこでiPhoneのブルートゥース機能を利用したVSK100を組み合わせる方法があります。



VSK100はiPhoneのブルートゥース電波で愛車に近づくとセキュリティー(アンロック)を解除し、
愛車から離れると自動的にセキュリティーON(ロック)する機能があります。

仮にリレーアタックを仕掛けられて、スマートキーが攻略されても
登録したiPhoneを持っていなければVIPERは解除されずにサイレンを鳴らすことができます。

さらにブルートゥースユニットの場合、飛距離は長くありませんが、
月々の使用料金などは掛からない点が大きなメリットになります。

使い勝手を損なわず、リレーアタックに対応できるオプションとして考えてみてはいかがでしょうか?



こういった状況から「スマートキーだから安心」という認識は既に過去のものとなっていて
むしろスマートキーだから危険という認識が愛車を守る唯一の方法と言えます。












































 



 お気に入りページに追加