ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


 
 
 

カテゴリトップ > P.A. > マイク > ダイナミックマイク
カテゴリトップ > P.A. > マイク > マイク 全て

コスパ最高!ボーカル、スピーチ、司会、プレゼンに最適!
【安心の国内サポート】PGM-58S スイッチ付きダイナミックマイク / ボーカル 司会 スピーチ カラオケ 【マイクホルダー・マイクケーブル・キャリーケース付, 即日発送】 Pro-group(プロ・グループ)

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの事ならフレンズにご相談ください。

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sセット商品一覧

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの特長!
コスパ最高!ボーカル、スピーチ、司会、プレゼンに最適!

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sのココが凄い!
ハードケース、マイクホルダー(変換ネジ)、XLRケーブル(3m)までついてすぐにご使用頂けます。
※スイッチなしのPGM-58も発売

優れたコストパフォーマンスながら明瞭なサウンドと、そのスタンダードなデザインで、ボーカル用途、会議、講義での使用からスピーチなどにも幅広く様々なシチュエーションでご使用頂けます。
ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属しておりますので、届いてすぐにご使用頂けます。

※こちらはスイッチ付きタイプです。

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sのメーカー説明

高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルながらも、拘りの明瞭なサウンドと特性をもつ単一指向性(カーディオイド)ダイナミック型マイク。

【主な特長】
・ボーカル用途から会議、スピーチなど幅広く様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンド
・徹底したノイズ、ハウリングの対策
・ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属
・スイッチあり

【マイク選び方のポイント】
マイクで1番気になるのはやはりその「音質」ではないでしょうか。マイクそれぞれに特徴があり、音質もそれぞれ異なります。使う用途や声質により、それぞれあなたに合ったマイクは異なってくるかと思います。そこで注目するのがスペックの各項目です。それでは詳しく説明していきましょう。

■インピーダンス:
「交流抵抗」「抵抗値」等とも呼ばれますが、機器同士の抵抗のことです。
「抵抗」が大きいほど電流が流れにくくなり、音にノイズが乗りやすくなります。
数値の上では、PGM-58はSM58と比べて4倍もノイズを拾いやすい、ということになります。

■感度:
マイクから拾うことができる音の感度を表します。0から遠いほど感度が悪い、という事になります。
PGM-58はSM58の近似値を示していますが、より高い感度を誇っています。

■周波数特性:
マイクがどこまでの音(高低)を拾って認識できるかを表します。この幅が広い程、多くの音を漏らさず拾うことができるということになります。
PGM-58の周波数特性は「50Hz〜15kHz」となり、SM58と同じ帯域をカバーしています。

■指向性:
音を拾う範囲・向きを表します。これはマイク選びにおいて指向性は非常に重要です。
ライブパフォーマンスで使うマイクと、レコーディングで使うマイクが異なるように、この指向性によってそのマイクの特性は全く異なってしまいます。
「指向性」とは、どの角度の音をはっきりと捉える事ができるか、どの向きの感度が良いかを表し、マイクの持ち方から、音を拾う範囲まで全く異なります。
単一指向性、全指向性(無指向性)、双指向性、超指向性などが御座います。
PGM-58やSM58は単一指向性のため、前方への単一な指向性を持ち、ボーカルの音をしっかり捉えます。

■個性・特性・くせ:
初めに「音質」について触れさせて頂きましたが、スペックなどの数値に表す事が出来ない、それぞれのマイクの特徴を知る必要があります。
そのクセが特徴として評価される場合もありますが、低い音を拾いにくいとか、雑音を拾いやすいとかいう物もあります。
これは実際に多くのマイクを使ってみないとわからないかもしれません。

■強度:
マイクにも強度が必要です。激しいライブパフォーマンスにも耐えられる頑丈な作りと、ノイズを発生させない作りが必要です。もちろん水に濡れたら壊れてしまうので、湿気・湿度に強いかどうかも重要なポイントです。
ライブパフォーマンスとしてマイクを投げたり、叩きつける姿も見ますが、多少乱暴に扱われても簡単に壊れない頑丈さが求められています。

■デザイン:
見た目のカッコ良さも一つの基準となるでしょう。好きなカラーである事で選択肢にもなり得るかと思います。
また、握って使用する事が多いため、誰でも握りやすいサイズ・太さであるかは、実は非常に重要だったりします。

■総評:
音質を構成する要素はこれらのスペックからある程度判断する事が出来ます。
用途に合った物を使用する事は非常に重要ですが、音質が良いか悪いか、自分の好みの音に近いかどうかで選んでいくことができるでしょう。

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの仕様

■形式:ダイナミック
■指向特性パターン:カーディオイド(単一指向性)
■再生周波数帯域:50Hz 〜 15KHz
■出力インピーダンス:600Ω±30%(@ 1Khz)
■感度:-52dB±3dB(1V/Pa)
■質量:298g
■付属品:マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)、ハードケース



商品番号: 1085573
お気に入りに追加
お気に入りに追加

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの事ならフレンズにご相談ください。

PGM-58S

PGM-58S

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの特長!
コスパ最高!ボーカル、スピーチ、司会、プレゼンに最適!

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sのココが凄い!
ハードケース、マイクホルダー(変換ネジ)、XLRケーブル(3m)までついてすぐにご使用頂けます。
※スイッチなしのPGM-58も発売

優れたコストパフォーマンスながら明瞭なサウンドと、そのスタンダードなデザインで、ボーカル用途、会議、講義での使用からスピーチなどにも幅広く様々なシチュエーションでご使用頂けます。
ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属しておりますので、届いてすぐにご使用頂けます。

※こちらはスイッチ付きタイプです。

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sのメーカー説明

高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルながらも、拘りの明瞭なサウンドと特性をもつ単一指向性(カーディオイド)ダイナミック型マイク。

【主な特長】
・ボーカル用途から会議、スピーチなど幅広く様々なシチュエーションでの使用を想定したサウンド
・徹底したノイズ、ハウリングの対策
・ハードケース、マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)が付属
・スイッチあり

【マイク選び方のポイント】
マイクで1番気になるのはやはりその「音質」ではないでしょうか。マイクそれぞれに特徴があり、音質もそれぞれ異なります。使う用途や声質により、それぞれあなたに合ったマイクは異なってくるかと思います。そこで注目するのがスペックの各項目です。それでは詳しく説明していきましょう。

■インピーダンス:
「交流抵抗」「抵抗値」等とも呼ばれますが、機器同士の抵抗のことです。
「抵抗」が大きいほど電流が流れにくくなり、音にノイズが乗りやすくなります。
数値の上では、PGM-58はSM58と比べて4倍もノイズを拾いやすい、ということになります。

■感度:
マイクから拾うことができる音の感度を表します。0から遠いほど感度が悪い、という事になります。
PGM-58はSM58の近似値を示していますが、より高い感度を誇っています。

■周波数特性:
マイクがどこまでの音(高低)を拾って認識できるかを表します。この幅が広い程、多くの音を漏らさず拾うことができるということになります。
PGM-58の周波数特性は「50Hz〜15kHz」となり、SM58と同じ帯域をカバーしています。

■指向性:
音を拾う範囲・向きを表します。これはマイク選びにおいて指向性は非常に重要です。
ライブパフォーマンスで使うマイクと、レコーディングで使うマイクが異なるように、この指向性によってそのマイクの特性は全く異なってしまいます。
「指向性」とは、どの角度の音をはっきりと捉える事ができるか、どの向きの感度が良いかを表し、マイクの持ち方から、音を拾う範囲まで全く異なります。
単一指向性、全指向性(無指向性)、双指向性、超指向性などが御座います。
PGM-58やSM58は単一指向性のため、前方への単一な指向性を持ち、ボーカルの音をしっかり捉えます。

■個性・特性・くせ:
初めに「音質」について触れさせて頂きましたが、スペックなどの数値に表す事が出来ない、それぞれのマイクの特徴を知る必要があります。
そのクセが特徴として評価される場合もありますが、低い音を拾いにくいとか、雑音を拾いやすいとかいう物もあります。
これは実際に多くのマイクを使ってみないとわからないかもしれません。

■強度:
マイクにも強度が必要です。激しいライブパフォーマンスにも耐えられる頑丈な作りと、ノイズを発生させない作りが必要です。もちろん水に濡れたら壊れてしまうので、湿気・湿度に強いかどうかも重要なポイントです。
ライブパフォーマンスとしてマイクを投げたり、叩きつける姿も見ますが、多少乱暴に扱われても簡単に壊れない頑丈さが求められています。

■デザイン:
見た目のカッコ良さも一つの基準となるでしょう。好きなカラーである事で選択肢にもなり得るかと思います。
また、握って使用する事が多いため、誰でも握りやすいサイズ・太さであるかは、実は非常に重要だったりします。

■総評:
音質を構成する要素はこれらのスペックからある程度判断する事が出来ます。
用途に合った物を使用する事は非常に重要ですが、音質が良いか悪いか、自分の好みの音に近いかどうかで選んでいくことができるでしょう。

Pro-group(プロ・グループ) / PGM-58Sの仕様

■形式:ダイナミック
■指向特性パターン:カーディオイド(単一指向性)
■再生周波数帯域:50Hz 〜 15KHz
■出力インピーダンス:600Ω±30%(@ 1Khz)
■感度:-52dB±3dB(1V/Pa)
■質量:298g
■付属品:マイクホルダー、変換ネジ、XLRケーブル(3.0m)、ハードケース




OAタップ(長さ1.5m) 【サーキットブレーカー内蔵 / 雷サージ制御機能付 / 15cm延長コード付 / 音質激アップ!】 母の日 セール
価格1,408円
【欠品中:次回納期未定】ProGroup&HomeSound / MS-210J (L/R 2台ペア) - アンプ搭載モニタースピーカー
価格8,778円
 

CDJとDJ機材の激安通販 ミュージックハウス フレンズ 楽天店

ショップへ相談