現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは


レンタル着物みやこもん 着付け不要、自分で着られるワンタッチ着物。簡単、安心、片付け不要で便利、京都西陣の呉服屋が日本全国にお届けします。

9/30までの注文は、ご利用日が10/1以降になる場合もお支払金額に変更ありません。安心してご注文ください。

季節による着物の選び方

着物の種類について

 着物の種類は季節にあわせて、袷、単衣、夏物の3種類で、ゆかたを加えると全部で4種類あります。

 着物はお使いになる季節・気候に応じてお選びください。どれを選んでいいか分からない方は、下記のカレンダーから、1月から12月まで気候に合った着物をお選びください。

種類 時期 特徴
あわせ
春・秋・冬用
着用時期
1〜5月/10月〜12月
着物(および羽織に)裏地がついています。 袷の裏地
ひとえ
単衣
初夏・初秋用
着用時期
5〜6月/9〜10月
着物に裏地がついていません。 単衣裏地なし
なつもの
夏物
盛夏用
着用時期
7〜8月
紗(しゃ)や絽(ろ)といった、メッシュ状の生地を使っています。 裏地がついていません。 ゆかたとは異なりセミフォーマルにも使える着物です。 夏物の生地
ゆかた
浴衣
盛夏用
着用時期
7〜8月
温暖な所、温泉地や屋内では年中着用可能。
裏地がついていません。浴衣の下にはじゅばんを着ません。洋服でいうとTシャツ感覚に近く、ラフな衣装です。 浴衣の生地
衣替えカレンダー 袷 単衣 夏物 単衣 袷 浴衣

 カレンダーは京都・東京の気候を基準に記しています。 したがって、九州南部など暖かい地方では、単衣・夏物はより早い時期から着ることができます。東北など涼しい地方では、単衣・夏物はより遅い時期から着るのがお奨めです。

 例えば、5月のように「袷」「単衣」が重なっている部分は移行期です。洋服の衣替えと同様に、気候に合わせてお選びください。「気温が25度以上になったら」または「ブラウス一枚で過ごせる気候になったら」というのを一応の目安にしてください。

気候に合わせて選べばよい

ゆかたの着用時期について

 ゆかたは基本的には盛夏用(7月〜8月)の着物です。 洋服に例えるとTシャツ1枚に近い感覚の衣装です。

 ただし、温泉地や温暖な地域の屋内では一年中用いることができます。またお祭りやイベントでも一年中用いることができます。

「ゆかた」と「夏物」の違いについて

 ゆかたは洋服の感覚ではTシャツに近くラフな衣装となり、本来はフォーマルな場面には向きません。一方で夏物(の小紋)はセミフォーマルな衣装としてお使い頂けます。用途に応じて、夏祭りやカジュアルな場面には浴衣、格式あるパーティーには夏物、というように使い分けください。詳細は用途に応じた着物の選び方をご覧ください。

羽織について

 女性の羽織は「紅葉が赤くなったら着て、桜が咲く頃に脱ぐ」と一般的に言われます。京都の気候では、11月下旬から3月頃までが着用の目安です。肌寒い時期は、羽織ではなく手軽に「洋服用のストール」で代用することをお奨めしています。屋内の場合は、冬場でも羽織は不要です。

 女性用の羽織は基本セットには含みませんが、オプションで付けることができます。

選び方に迷ったらお気軽にお問い合わせくださいね。


★ママ割限定!七五三レンタル ポイント3倍★
レンタルポイント3倍

用途・タイプで選ぶ

セミフォーマル 大人カジュアル カワイイ系

レンタルの流れ

ご利用ガイド

レンタルの流れ

送料と配送

送料

ご都合に合わせて選べます。

ご自宅へお届け、ご自宅から返却 ご自宅へお届け、コンビニから返却 コンビニ受取、コンビニから返却

季節に合せた着物の選び方

用途・場面に合せた着物の選び方


 お気に入りページに追加