ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

まり椀


和食器・送料

消費税増税対応
[特集]の新価格表示は順次対応とさせていただいています。お手数ですが、 正しい価格は買い物かごの価格をご参照下さい。

《定期販売》 width=

漆器・まり椀・奥田志郎|和食器の愉しみ・工芸店ようび
まり椀・奥田志郎

まり椀・奥田志郎

まり椀・奥田志郎

まり椀・奥田志郎

まり椀・奥田志郎

→漆器の素材の違いについて

→見えない技・下地の工程

漆器の店としてスタートした「工芸店ようび」の人気定番漆器は、こちら「まり椀」です。
この「まり椀」から漆器入門されると、漆器の良さを十二分に会得されることでしょう。漆器初心者にお勧めの一品です。
飯椀として汁椀として、どちらにでもお使いいただけます!

まり椀・奥田志郎
まり椀・奥田志郎
まり椀・奥田志郎
まり椀・奥田志郎

お椀(お碗)は、歴史的には陶器ではなく木製の時代が長く続きました。軽いこと、さめにくいこと、熱い料理を盛っても、持つ手や唇が熱くならないなど、陶磁器よりも利点がたくさんがあります。
さらに、「まり椀」の場合、椀の中で適度に湯気が対流し、ご飯(強飯)をよりいっそうおいしくしてくれます。また、口元にのぼってくるほどよい湯気で、さらにおいしくいただくことができます。
身体にいいけどごわごわで食べにくい古代米や五穀米、麦飯に違いがはっきりしてきます。

まり椀・奥田志郎

はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。弥生の土器から生まれた漆器まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。
弥生の土器から生まれた漆器・・・
まり椀・奥田志郎

商品番号  0140-okd-0015
価格18,000円 (税込 19,440 円) 送料別
売り切れになりました。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送
漆器・お椀・飯椀、汁椀、お茶碗、ご飯茶碗、本漆・欅(けやき)
まり椀でいただくお茶漬けは、一味も二味も違います。
ご一読くださいませ。

→まり椀誕生

→漆のものについて
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
八分目で300mlほど入ります。
直径11.0×高さ7.5cm




きれいな黒に仕上がっています!【月の暈】黒まり椀・奥田志郎


黒まり椀・奥田志郎


黒まり椀・奥田志郎


はじめて漆器を持つ方にお勧めします。
弥生の土器から生まれた漆器・・・
黒まり椀・奥田志郎

商品番号  0140-okd-0016
価格18,000円 (税込 19,440 円) 送料別
売り切れになりました。お気軽にお問い合わせくださいませ!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送
漆器・お椀・飯椀、汁椀、お茶碗、ご飯茶碗、本漆・欅(けやき)
まり椀でいただくお茶漬けは、一味も二味も違います。
ご一読くださいませ。

→まり椀誕生

→漆のものについて
【月の暈】

奥田志郎さんの求める漆器の光沢は、鏡のように光を跳ね返すような光沢ではなく、「月の暈(うん)」のような柔らかな温かみのある光沢です。
この「月の暈(うん)」を追求すべく、奥田志郎さんは、上塗りのみで(上塗りの後、研磨し生漆を刷りこむ数度の行程(呂色(ろいろ))をせずに)仕上げられます。このことで、漆本来の被膜が損なわれず、漆本来の強さが保たれ、そして、漆本来の優しい光沢の仕上がりになります。

上塗りの塗りむらを研磨などでカバーすることができない為、熟練の塗師のみが可能な難しい仕上げ方ですが、一方、全身全霊細心の注意を払って上塗りをしても、まれに、空気中や木地のちりが付き、小さな小さなポッチのようなふくらみができる場合があります(フシがかかると言います)。研磨する呂色(ろいろ)の行程がないため、フシがかかってしまうと残念ながら取り除くことができません。
使用上はまったく問題がありませんが、奥田志郎さんの漆器へのこだわりの(まれな)産物とご理解された上で、お求めくださいませ。
八分目で300mlほど入ります。
直径11.0×高さ7.5cm




茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器

和食器の愉しみ・工芸店ようび > 漆器・重箱・お椀 > まり椀
和食器の愉しみ・工芸店ようび > お茶碗・飯碗 > まり椀
和食器の愉しみ・工芸店ようび > 特集・和の朝食 > まり椀



まり椀


 お気に入りページに追加