大徳寺重・滝村弘美(気軽なおもてなしに・・・ 大徳寺重・滝村弘美)

和食器・送料
和食器・消費税

《定期販売》 width=

カテゴリトップ > 《風景》 > 漆器
カテゴリトップ > 【重箱・お弁当箱・鰻箱】 > 重箱

  大徳寺重  

大徳寺重

滝村弘美



 



































夏は鱧ずし。「縁高」の身に鱧ずし、蓋にはお酒のセットを・・・。




鱧ずしは関西の夏の風物詩。
滝村弘美さん独特の美しい色を魅せてくれる春慶塗の大徳寺重です。

蓋はお膳にもなります。
御茶事などで、様々な調理法で作られた旬のお料理を盛り込む大徳寺重(大徳寺縁高)。色とりどりの季節の幸を目でも愉しませてくれます。たくさんのお料理を準備するのはさすがに大変ですが、お寿司を入れたり、家庭でも気軽にお使いいただけます。

蓋はお膳としてもお使いいただけますので、酒の肴を身に、酒器を蓋にセットして気軽に一献・・・もおつなものです。

色絵四方おもだか小皿
蓋はお膳にもお使いいただけます。
取り皿は「色絵四方おもだか小皿」です。

焼茄子は茗荷たっぷりの白味噌仕立てのお味噌汁にも美味しい!








春慶塗

 春慶塗は黄色っぽくてあまり丈夫でないぬりものと思っていらっしゃる方が多いと思います。 それもそのはず、産地の一般の飛騨春慶は、オーラミンという染料で黄色に染め、それを呉汁(豆をつぶして煮た汁)につけて乾かし、もったいないことにその上に最高の透漆を塗ったものなのです。そのようにすると漆を塗る回数が少なくて済むのです。
 産地の商品はその様な造り方で出来ているので、呉汁が木部を覆っていて、漆は木部に密着していません。それ故、上に塗った漆が剥がれるというわけです。この手法はどちらにしても古いものではなく、昭和に入って編み出されたものです。(※長い間この手法で産地は成り立って来ましたが、今はオーラミンはあまり使わないそうですし、呉汁につけるという方法も一般には行われておらず、カゼインやウレタン等を使ったものが多いそうです。)

 30数年前、飛騨春慶の作家・滝村弘美さんが、古い春慶や粟野春慶等はそんなものではなかったことをつきとめ、故 奥田達朗氏から下塗りに油なしの漆を使ったものではないかとの アドバイスがあり、滝村さんはそれ以来この手法でさまざまのものを作って来られました。
 桧の木地に直接拭漆をしてしみこませながら最低8〜11回、その上に花漆を1回、物によっては2回施します。木地は桧(国有林のものと民材があり、使用法によってどちらかを選びます)、他に松、栃などです。とにかく木地も漆の材料もとびきりよいものを使わないとこの艶にはならないのです。
こんな立派な仕事が今、窮乏の危機に直面していて、大変もったいないこと、なんとかお仕事を続けていってほしいと思うばかりです。

 

店主 真木啓子










大徳寺重・滝村弘美


大徳寺重・滝村弘美


気軽なおもてなしに・・・ 
大徳寺重・滝村弘美

商品番号  0149-0001
価格26,000円 (税込 28,080 円) 送料別
個数     
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを見る(1件)/ 書く
春慶塗り・縁高・漆器・お重箱
蓋有り:225mm × 225mm × 高さ80mm
蓋無し:210mm × 210mm × 高さ72mm

和食器の愉しみ・工芸店ようび





□あわせておすすめしたい器たち□

ぐい呑み・山本芳伸 ぐい呑み
山本芳伸
色絵四方おもだか小皿・伏原博之 色絵四方おもだか小皿
伏原博之
白磁胴紐片口 水野克俊 白磁胴紐片口
水野克俊
4.2寸汁椀・奥田志郎 4.2寸汁椀
奥田志郎
松材尺3寸丸盆・滝村弘美 松材尺3寸丸盆
滝村弘美
春慶縁高・滝村弘美 春慶縁高
滝村弘美

おもてなし料理

→漆器いろいろ

→重箱いろいろ



この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

雪山閣さん 30代/男性

評価5.00

投稿日:2011年12月27日

商品到着後、包み紙を開いたとたんしっとりとした艶につい息を呑んでしまいました、よく見かける春慶と言われる器とは全く別次元の出来栄えです、これから正月の料理を盛りつけるのが楽しみです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 自分用 


茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器
茶托・錫器