ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

La Sirena 【ラ・シレナ】

>>「できることから…」楽天公式募金窓口

TOPページお支払いと送料店舗紹介メルマガ登録バスケット送料無料のウラワザ  


面白すぎます、南ア

ハリデー95点ピノ

濃厚ガツン系ピノ

上半期<MVP>

【特売】ツイン金賞

スパークリング一覧

オーパスの隣人

南ア試飲会BEST赤

【旨】ボーグル新兵器

黄金のシュナン

正規蔵出開幕!

【書籍】ガイドブック

メルマガ登録

高品質マールボロがこの価格!?
今年もやります、サマーセール!
新型モデル登場
送料無料のウラワザ

キーワード





●赤ワイン全種
│ [US] [NZ] [OT]
●カベルネソービニヨン
│ [US] [NZ] [OT]
●ピノ・ノワール
│ [US] [NZ] [OT]
●メルロー
│ [US] [NZ] [OT]
●シラー/シラーズ
│ [US] [NZ] [OT]
●ジンファンデル
●プティ・シラー
●その他の赤
│ [US] [NZ] [OT]

○白ワイン全種
│ [US] [NZ] [OT]
○シャルドネ
│ [US] [NZ] [OT]
○ソーヴィニヨンブラン
│ [US] [NZ] [OT]
○リースリング
│ [US] [NZ] [OT]
○その他の白
│ [US] [NZ] [OT]

★スパークリング
◆デザート/ロゼ
▼ポート

※各品種下段の【カッコ】をクリックで、さらに国別で絞り込めます。
…【US】→アメリカ
…【NZ】→ニュージーランド
…【OT】→その他の国





茜屋珈琲店のぐれいぷじゅうす
同梱12本までOK!
eロバート・パーカー掲示許可





【ラ・シレナ】 ≪La Sirena≫



ラ・シレナ(La Sirena)

1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューを果たした、ワインの女神…ハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える人魚の意味を持った "ラ・シレーヌ" の名をこの我が子に付け、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーをこのブランドから誕生させました。毎年リリースと同時にワイナリー完売を迎える、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。日本マーケットでは現在ほとんどその姿を確認することが出来ません

こちらのページでは、ハイジ・バレットのプライベート・レーベル 『ラ・シレナ』 と、彼女に関わるその他のワインをご案内させて頂きます(アミューズ・ブーシュ系、パラダイム系ワインは最下部より特設ページへのリンクがございます。)



ハイジ・バレット(Heidi Peterson Barrett)
故ロバート・モンダヴィ翁や、ニコスルのキース・ニコルス、スペクテイター誌のジェームス・ローブなど、ワイン造りを「科学と芸術の融合」と述べる業界関係者は多く、これまでも良く言われてきた事です。ならば科学者で醸造家の父と、芸術家の母を持つハイジ・ピーターソン・バレット女史が、今日ナパにとって無くてはならない最高の女性醸造家の一人として存在するのは、なんら驚くべき事ではないのかもしれません。そんな彼女の足跡を少し辿ってみたいと思います。

父リチャード・ピーターソンは、彼女に醸造家になることを薦めたり、ほのめかしたりする事は一切無かったと言います。将来の全ての可能性について寛大であった父に対し、彼女は「今でも感謝している」と語ります。実際、海洋学者や海洋生物研究者になりたいと考えた事もあったそうですが、やはり彼女に流れるDNAは天啓の地をワイン界という大海原に見出し、そして伴侶にも醸造家を選びました(モンテリーナのボー・バレットが旦那様)。

高校時代に遡りましょう。在学中から夏休みを利用してはワイナリーや畑を巡っていたという彼女は、もう学生時分で既に畑における葡萄樹の剪定・カッティング作業から、大きな機械を目の前にしてのボトル詰めラインワークまで一通りを経験したと言います。卒業後はUCデイヴィス校に入学し、ここではアロマ・ホイール(ワインの風味を分類する円形状チャート)を開発したアン・ノーブル教授の助手として学びます。また実務研修でドイツに渡った際は研修先が大手の協同組合であり、赤・白問わず様々な品種を扱っていたことから、実に多彩な葡萄品種の醸造に、早い段階から直に触れられた事も幸運でした。

1980年にUCデイヴィス校を卒業すると、『フランシスカン』『シルバー・オーク』 にて名匠ジャスティン・メイヤーの下で研鑽を積みます。その後は 『リンデマンズ』(豪)や 『ラザフォード・ヒル・ワイナリ』 で果実の破砕や圧搾などの下積みを続け、1983年に 『ブシェイン』 でようやくアシスタント・ワインメーカーのポストを手にすると、同年、遂に彼女にチーフ・ワインメーカーとしての記念すべき初仕事が訪れます…それが 『ビューラー』 でした。このときまだ若干25歳。同年のビューラーのカベルネは【WS93点】、翌年も【WS92点】を受賞し(当時の価格は$13)、当初6,000ケースだった生産量も、退陣時には2万ケースにまで増産するなど早くも溢れる才能を存分にふりまいていました。

1988年にビューラーを退社してフリーランスの醸造家として独立すると、1週間も経たずにコンタクトを取ってきたのが 『ダラ・ヴァレ』 のグスタフ・ダラ・ヴァレで、そして話は直ぐにまとまりました。ダラ・ヴァレという名の高いレベルを要求されるアトリエは、同時に彼女に大きな飛躍の機会を与えます。『ダラ・ヴァレ・マヤ』、1992年にて【RP100点】獲得。これが全米史上初のパーカー・パーフェクト・ワイン誕生の瞬間でした。更には1992年から新たにクライアントとして加わった 『スクリーミング・イーグル』 でも1997年ヴィンテージにて自身2度目となる【RP100点】を受賞。後に2000年のNVWAワイン・オークションでは1992年ヴィンテージの6リッターボトルに対して$500,000(約5,500万円=\110換算)もの値が付き、これは当時の「たった1本のワインに対して払われた金額の世界最高記録」となりました。

カリフォルニアには「第一人者」と呼ばれる女性醸造家が他にも存在し、また現在も若手の台頭が著しいものですが、やなり女帝ヘレン・ターリー、そして女神ハイジ・バレット、この二人は今後も「別格」として扱われるのではないかと思います。彼女が手綱を握ると、暴れん坊のタンニンもたちまちおとなしくなり、どのワインを見ても女性らしい…というよりもハイジらしい気品に溢れたエレガントなワインに仕上がります。パーカーをして「ワイン界のファースト・レディ」と、タイムス誌からは「ワインの女神」と呼ばれるカリフォルニア女流醸造家の中心人物、ハイジ・バレット。これからも彼女から目が離せない時代は続く事でしょう。


■ハイジ・バレットが(醸造家/コンサルとして)携わったワイナリ一覧(過去実績含む)

≪アルファベット順≫:アミューズ・ブーシュ(Amuse Bouche)、バーバー(Barbour)、ビューラー(Buehler)、ダラ・ヴァレ(Dalla Valle)、デヴィッド・アーサー(David Arthur)、ダイヤモンド・クリーク(Diamond Creek)、ファンテスカ(Fantesca)、グレース・ファミリー(Grace Family)、ハートウェル(Hartwell)、ジョーンズ・ファミリー(Jones Family)、ケンゾー・エステート(Kenzo)、ラ・シレナ(La Sirena)、ランボーン(Lamborn)、リンチ(Lynch)、オークフォード(Oakford)、パラダイム(Paradigm)、レヴァナ・ファミリー(Revana)、ルビコン(Rubicon/ニーバム・コッポラ時代)、スクリーミング・イーグル(Screaming Eagle)、ショウケット(Showket)、ヴィンヤード29(Vineyard 29)...など


[ →アミューズ・ブーシュ系ワインはこちら ]  [ →パラダイム系ワインはこちら ]

ラ・シレナ(シレーヌ)モスカート"アズール"ナパ・ヴァレー[2012](正規品)LaSirenaMoscatoAzul


≪ブラン・ド・ブルーよりオススメ≫
ラ・シレナ ドライ・モスカート(マスカット・カネリ) "アズール" カリフォルニア [2012] (正規品) La Sirena Moscato Azul

【正規輸入】復活
■ワインという大海原を泳ぐ人魚〜ハイジが探し求めた
果実を麗しきブルーボトルに込めて…貴重モスカート☆

【La Sirena Moscato "Azul" California 2012】

*パーカー曰く…「ハイジが確立させたとびきり楽しげなワイン」


2015年8月、ラ・シレナ日本輸入復活!
米国女流醸造家の二大巨頭として知られる、女神ハイジ・バレット。もう一方の女帝ヘレン・ターリーとは対照的に、ナパはヴァレー・フロア(平野部)のカベルネ・ソーヴィニヨンを得意とする彼女は、それ以外の品種をあまり手掛けない事でも知られます。

赤品種ですらそうですが、とりわけ特徴的なのは、イーグル、ダラ・ヴァレのダブル満点ワイナリを筆頭に、グレース・ファミリー、パラダイム、ランボーン、ショウキット、レヴァナ、アミューズ・ブーシュから、そして近年夫であり、モンテリーナの醸造家として知られるボー・バレットと夫婦で立ち上げた最新ブランド 『バレット&バレット』 まで、ことごとく「白ワイン」を造らないこと。現在彼女が進行形で手掛ける白で、確認できるものは僅かに三種。これまで携わってきたブランド数が20を越えることを考えても明らかに少ないです。



ひとつが 『ケンゾー・エステート』『あさつゆ』(ソーヴィニヨン・ブラン)。ひとつが 『ファンテスカ』(シャルドネ)。そして最後が、彼女自身が所有するプライベート・ブランド、『ラ・シレナ』 で手掛けるこの 『アズール』 です。

スペイン語で「青」を意味し、品種はマスカットカネリ100%。ハイジは次のように語ります。「私は長年、カリフォルニアにはドライ・リースリングもドライ・ゲヴュルツもあるのに、なぜ辛口のマスカットは無いのだろう?なぜ誰も造らないのだろう?と不思議に思い、ならば私が、とドライ・スタイルのマスカットを造りを決心しました。そして遂に偉大なるフルーツ・ソースを発見したのです」と。カリフォルニア産マスカットの名作がほとんど甘口デザートであるのに対し、彼女はあくまでドライ(辛口)タイプにこだわり、辛口マスカット造りを目論見ます。それは彼女自身が「今作はそれら(甘口のマスカット)とは違う。」と公言していることでも明らか。では、この作品を実現させ、彼女をして "遂に見つけた" とまで言わしめたフルーツ・ソースは一体どこを指すのでしょう。


▼ソラーリ・ヴィンヤード(Solari Vineyard)
ナパはカリストガのプレミアムワイナリであり、2012年に、'02年の回顧試飲にて【RP100点】を獲得し、満点ナパの一つに名を連ねた 『ラークミード』。このラークミードが所有する畑が 『ソラーリ・ヴィンヤード』 です。そしてそれこそがハイジが熱望したマスカットの出所。ソラーリ畑は1800年代後半からというカリフォルニア最古の畑の1つであり、1947年までソラーリ・ファミリーが所有。90年代序盤〜中盤にはカリフォルニア大学デイヴィス校の栽培試験所としての役目を担い、様々な葡萄品種が栽培されて多くのクローン研究の礎となりました。そのため他では見られぬ珍しい品種や樹齢100年を軽く超える古木が存在したりと、一般的な畑とは少し性格が異なり、ナパのワイン史の観点から見ても重要な畑なのです。ハイジ女史が目をつけたのは、この畑からの特異なマスカットでした。

▼ラ・シレナ・ワインズ(La Sirena Wines)
1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューしたハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル 『ラ・シレーナ』。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える "人魚" の意味を持つこの名を自らのブランドに冠し、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーを誕生させました。デビューからメディアの好評価を受け続けますが、それらとは無関係に世界中に散らばるハイジ・ファンから常に熱望され、また意外なほどに少ない生産量、そして増産の拒否から毎年品薄となる、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。


ラ・シレナの日本マーケット撤退により、このアズールも'06年を最後に正規輸入が途絶えておりましたが、'12年より実に6年ぶりの復活。楽天市場で購入できる、正規蔵出し品のハイジの白は、2015年9月現在、今作が唯一です(ケンゾー・エステートでは自社ショップ以外での一般小売販売をしていないため、楽天内に存在するケンゾー・エステートに正規蔵出し品は一切存在しません)

それにしても…美しいブルー♪

ワインを飲む事は、ボトルを眺める事からもう始まっている」と述べる造り手も在るように、視覚的影響を軽んじない生産者は多いもの。ハイジ・バレットもまたその一人で、ボトルにも女性ならではの感性を生かし、「視覚的な」美を求めました。

美しきコバルト・ブルーのガラス瓶(ハイジは「アズール・グラス」と呼んでいます)に詰められ、ボトルキャップは黄金色、そしてコルクまで青色に…。そして美をポイントとする点は、酒質においても然り。ワインに余計な風味付けを行わず、果実本来の持ち味をそのまま楽しめるよう木樽との接触は一切無し。果実は9月下旬に収穫されましたが、同年の12月か遅くとも翌年1月にはもうボトル詰めされています。生の感触をそのままにするため、熟成期間も極めて短く設定されているのです。'12年のフルーツ・ソースは非公開ですが、ナパ産果実72%にパソ・ロブレス産果実28%とのこと。気になる生産量のほうは毎年≪400ケース≫前後。うーん、少な…。

度数は13度前後。残糖は0.4%ほどの辛口仕上げ。

開栓すれば、それを待っていたかのように、花やトロピカルフルーツの美しいパフュームが飛び出します。輝きある麦わら色に、アロマもクリーンでフルーティー。しかし口に含むと優しい辛口。エキゾチックなスパイスの個性もあり、ハイジ自身は「アルザス・ワインを彷彿させる」と述べていますが、本当に華やか、軽やか、美しいワインです。冷やしてどうぞ。

因みにロバート・パーカーは「ハイジが確立させた信じられないほど楽しみあるワイン。残念なことに、殆どの造り手がこのようなワインを造っていない。」とコメント。また一時期アドヴォケイト誌でレビュワーを務めたアントニオ・ガローニも「入手し、飲み、知っておく価値のあるワイン。」と述べました。困難なヴィンテージとされた'11年に【RP90点】を付与し、「このヴィンテージなのに恐るべし」と述べたのも彼。この'12年は例年より若干甘味が乗っているようです。

現状、楽天内でハイジ・バレットが造る白ワインを正規蔵出し品として入手するには、今作を選ぶ以外の選択肢はありません。

【USW】【BLW】
■180本完売! 12本追加いたしました。


商品番号  83358 シレーヌ/シレーナ
価格6,400円 (税込 6,912 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ラ・シレナトレジャー・レッド"パイレーツ・トレジャー"ナパ・ヴァレー[2012](正規品)LaSirenaPirateTresureRed


≪日本国内限定6本!≫
ラ・シレナ トレジャー・レッド "パイレーツ・トレジャード" ナパ・ヴァレー [2012] (正規品) La Sirena Pirate TresureRed

【国内総数】6本
■「人魚」が見つけた「海賊」の「お宝」。七つの海を
支配する海賊が愛した、ラムボトルと秘法の匂い。

【La Sirena Tresure Red "Pirate TresuRed" Napa Valley 2012】

[ ハ イ ジ 最 新 作 ]


ハイジ・バレット「もうひとつの」真骨頂。
2015年、久々の正規輸入復活を迎えた、女神ハイジ・バレットのプライベート・レーベル 『ラ・シレナ』。ブランド・ページの扉絵にも使用させて頂いた上記画像が現行のラインナップとなるのですが…「?」なんだか "ふたつ" ばかり見たことの無いボトルが並んでいます。

こちらにご案内させて頂くのは、上記画像中央、ひときわ目を引く一風変わった寸胴ボトル、その名も 『パイレーツ・トレジャード』 です。

何はさておき、まず申し上げねばならないことは、"日本正規輸入は6本のみ" ということ。日本全国でたった6本しか存在しませんので、「是が非でも所有したい!」と仰るハイジ・ファンの皆様は、まずは在庫を確保下さい。弊社からのご案内も下記数量一発限りです。

ところで、ハイジ・バレットの真骨頂はどこにあると思われますか?「もちろんヴァレー・フロアのナパ・カベでしょう」との答えが大半だと思います。しかし意外にもアドヴォケイト誌で言われた事とは、「アッサンブラージュ能力」。このパイレーツはまさにその表現の一環です。

美やエレガンスを連想させる人魚とは対照的に、大海原の暴れん坊であった海賊たち。彼らが宝を捜し求めた舞台となった「七つの海」に、ワイン界の宝である「七つの品種」をひっかけ、ハイジのブレンディング能力をいかんなく発揮したワインで、カベルネとシラーを主体に七つの葡萄品種を使用。海賊たちが愛したラム酒を髣髴とさせるボトルに込められたこのワインを、彼女は「Rambunctious Blend」(やんちゃブレンド)と表現しています。


▼ラ・シレナ・ワインズ(La Sirena Wines)
1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューしたハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル 『ラ・シレーナ』。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える "人魚" の意味を持つこの名を自らのブランドに冠し、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーを誕生させました。デビューからメディアの好評価を受け続けますが、それらとは無関係に世界中に散らばるハイジ・ファンから常に熱望され、また意外なほどに少ない生産量、そして増産の拒否から毎年品薄となる、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。


パイレーツのファースト・ヴィンテージは'07年。ちょうど日本への輸入が停止した頃リリースの始まったワインです。背の低い寸胴瓶ですが、もちろん750ml入りですのでご安心下さい。

Pirate TresuRed

ナパの歴史的傑出ヴィンテージである'12年に日本初上陸を迎えたパイレーツ。用いられる七つの葡萄品種とは、カベルネ、シラー、メルロー、グルナッシュ、フラン、プティ・ヴェルド、プティ・シラー。全てナパ・ヴァレー産。新樽比率40%ほどのフレンチ・オークにて22ヶ月の樽熟成。年産は≪891ケース≫あるのですが、ハイジ・バレットが手掛ける赤ワインとしては極めてリーズナブルなことから現地でも大変な人気で、今回日本にはこれ(6本)しか回されませんでした。

長熟型ではなくドリンカブルなワインで、ハイジも「多少は熟成するだろうが、長期の熟成を意図して造ってはいない」と語っており、'09年に92点を付与したWA誌('12年は未発表)でも「熟成させてどうなるのか想像もつかない」と述べています。

Wine Entusiast (2015.9.1)より 【WE90点

「A playful blend of Cabernet Sauvignon, Syrah, Grenache, Merlot, Petit Verdot, Cabernet Franc and Petite Sirah, this hearty bottling delivers something for everyone, from the austere, classic nature of the Bordeaux varieties to the fruitiness and savory leather tones of the Rhônes. It's made to be bold, black and enjoyable now; pack a bottle or two for your next adventures, eye patch optional.」

'12年の気候を反映した、熟したビッグなフレーヴァー。ベリー、チェリー、プラム、ブラック・ラズベリー、スモーク感のあるザクロ、スパイスなどの多彩なフルーツのレイヤー。カラメル、ヴァニラ、トーストしたオークの感触もたっぷりで、口に含めばそれら味わいとシルキーなストラクチャーとで口内がコーティングされるかのようなワインです。いつものハイジのエレガンスではなく、やんちゃで腕白で大柄な、見た目通りのアドベンチャー的味わいをお楽しみ下さい。

ハイジも、「飲むときは友達といっしょに、ARRRRGH!と乾杯しながら楽しんでください」と述べています。

【USR】【BLD】
■表示数限り(最終在庫)です。
■ワインエンシュージアスト誌90ポイント


商品番号  83350 シレーナ/シレーヌ
価格12,000円 (税込 12,960 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ラ・シレナカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2011]LaSirena


ラ・シレナ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [2011] (正規品) La Sirena

商品番号  78424 シレーヌ/シレーナ
価格27,000円 (税込 29,160 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■祝・正規輸入復活!
【USR】【CAB】
日本から姿を消した人魚が待望の復活です。

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。
1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューを果たした、ワインの女神…ハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える人魚の意味を持った "ラ・シレーヌ" の名をこの我が子に付け、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーをこのブランドから誕生させました。毎年リリースと同時にワイナリー完売を迎える、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。日本マーケットでは現在ほとんどその姿を確認することが出来ません。長らく日本への背浮き輸入が途絶えておりましたが、2015年より待望の復活。久々の蔵出し品ご案内が可能となりました。

カベルネが約90%。残りはメルロー、フラン、プティ・ヴェルド。新樽比率100%のフレンチ・オークで22ヶ月の樽熟成。カリストガとセント・ヘレナの最高品質の葡萄を選別して用いるラ・シレーナのフラグシップ。'96年より生産。古典と新しさを持ち合わせるエレガントなスタイルは、ハイジ在籍当時のスクリーミング・イーグルを思い出させる味わいです。年産は≪477ケース≫

>>造り手・ワイン詳細はこちらをご覧下さい




デヴィッドアーサーカベルネ・ソーヴィニヨン"エレヴェイション・1147"ナパ・ヴァレー[2006]


[WS95点] デヴィッド・アーサー カベルネ・ソーヴィニヨン "エレヴェイション・1147" ナパ・ヴァレー [1999] David Authur Elevation 1147

商品番号  81660 David Arthur
価格35,000円 (税込 37,800 円) 送料別
1〜4営業日にて出荷
残りあと1本です
本数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■ワインスペクテイター誌95ポイント
【USR】【CAB】
プリチャード・ヒルの巨匠。長らくWS誌全米一位の戴冠者でした。

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。


プリチャード・ヒルに1985年に設立されたワイナリー、デヴィッド・アーサー。元々 『シャペレー』『ダラ・ヴァレ』 に葡萄を供給していた高品質な葡萄園でしたが、自ら瓶詰めを始め、ワインのリリースを開始しました。ワインは直ぐに評判になりましたが、女神ハイジ・バレットをコンサルタントに迎えて更に加速。'97年には【WS99点】を付与され、2010年に'07年のシュレイダーが100点を獲得するまで、長らくスペクテイター誌全掲載カリフォルニア・ワインの頂点にあり続けました(つまり現在でも造り手として全米歴代二位)。それだけの評価を受けつつも、現在でも規模をほとんど拡大させておらず、今でも常にマーケットでは品薄。生産量の多くはメーリング・リスト登録客への配布で無くなってしまうそうです。この'99年も≪195ケース≫しか存在しません。




ラ・シレナシラー"ル・バレッタージュ/バレット・ヴィンヤード"ナパ・ヴァレー[2006]/[2012]LaSirenaLeBarrettage/BarrettVineyard


[RP90点/RP91点] ラ・シレナ シラー "ル・バレッタージュ(バレット・ヴィンヤード)" ナパ・ヴァレー [2006]/[2012] La Sirena Le Barrettage Barrett Vineyard/

商品番号  83350 シレーヌ/シレーナ
価格14,500円 (税込 15,660 円) 送料別
▼ 下記リストからご希望の商品をお選びください。
≪※共に正規品/同一価格です≫
●[RP90点] 2006年ヴィンテージ●[RP91点] 2010年ヴィンテージ
× ×
・数字=在庫本数です。
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■パーカーポイント90点('06年)
■パーカーポイント91点('10年)
■画像はサンプルです。
【USR】【SYR】
女神ハイジの手掛ける新旧シラー対決。

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。
2000年からシラーを造り続けているハイジ。気の向くままに、時々サンタ・バーバラ産シラーも造る彼女ですが、この度のご案内はどちらもナパ・ヴァレー産。果実はどちらも自社畑の 『バレット&バレット・ヴィンヤード』 からです。ただし両者の最大の違いは、ヴィンテージではなくその中身。

ハイジは'07年までこのシラーを単一品種、シラーのみで造っていましたが、'09年からより本格的ローヌ・スタイルへ質を高めるべく、グルナッシュやプティ・シラーのブレンドを始め、'09年より名称を 『ラ・シレナ・シラー』 から 『ラ・シレナ・ル・バレッタージュ』 へと改めました。バレッタージュになってからもシラーの比率が70%を越えているため単一品種を名乗っていますが、両者にはそんな違いがあります。

エステート・ヴィンヤードの暴れん坊のシラーをハイジが美しく絶妙なバランスで仕込んだ逸品。熟したブラック・チェリー、ブラック・プラム、柔らかいミネラル感を持ち、15年以上の熟成にも耐えうる力を持つといわれる伝統的ローヌの本質と、リリース直後でも美味しく飲めるナパ・シラーの本質を持ち合わせたワインです。

>>造り手・ワイン詳細はこちらをご覧下さい




ラ・シレナグルナッシュ"セント・ヘレナ"ナパ・ヴァレー[2012]LaSirena


≪作品番号第一番≫ 秘蔵デヴュー・ヴィンテージ!
[WE90点] 
ラ・シレナ グルナッシュ "セント・ヘレナ" ナパ・ヴァレー [2012] La Sirena

商品番号  シレーヌ/シレーナ
価格9,300円 (税込 10,044 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■ワインエンシュージアスト誌90ポイント
【USR】【BLD】
初リリース。ラ・シレナから………グルナッシュ!

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。
ラ・シレナのポートフォリオに加わった最も新しいワインの一つがこちらの単一グルナッシュ。この'12年が記念すべき処女作です。ぶどうの栽培自体は2007年から始めていましたが、十分な収穫量が確保できていなかったため、これまでは 『パイレーツ・トレジャード』『ル・バレッタージュ』 へのブレンドとしてのみ使用していました。2012年の豊作により、初めて100%グルナッシュとしてのボトル詰めが可能なだけの果実が収穫できたため、リリースに踏み切りました。ナパらしさを描いたグルナッシュですが、ナパのカベルネやジンファンデルに比べるとやや軽めに仕上げられています。ただしそれでも十分にリッチでパワフル。タンニンと酸のバランスが良く、深い色合いの赤い果実を思わせながらも、セント・ヘレナを散歩しているかのような楽しい気分を感じられるイメージ。新樽比率40%のフレンチ・オーク100%にて18ヶ月の樽熟成。生涯一度のこのデビュー作は、僅かに≪300ケース≫オンリー。後のお宝ハイジ・ワインとなりそうです。

>>造り手・ワイン詳細はこちらをご覧下さい




ラ・シレナ(シレーヌ)カベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2000]


[WS93点] ラ・シレナ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [1999] La Sirena

商品番号  78424 シレーヌ/シレーナ
価格39,800円 (税込 42,984 円) 送料別
1〜4営業日にて出荷
残りあと1本です
本数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■ワインスペクテイター誌93ポイント(同銘柄歴代No.1)
【USR】【CAB】
大変レアな90年代のラ・シレナ。

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。
1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューを果たした、ワインの女神…ハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える人魚の意味を持った "ラ・シレーヌ" の名をこの我が子に付け、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーをこのブランドから誕生させました。毎年リリースと同時にワイナリー完売を迎える、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。日本マーケットでは現在ほとんどその姿を確認することが出来ません。

>>造り手・ワイン詳細はこちらをご覧下さい




オークフォードカベルネ・ソーヴィニヨンオークヴィル[1999]


オークフォードカベルネ・ソーヴィニヨンオークヴィル[1999]


≪超大型新人、フト(Futo)の前身≫
[WS92点] 
オークフォード カベルネ・ソーヴィニヨン オークヴィル [1999] Oakford

絶版の【原型】
■オークヴィル西サイド、今をときめく【RP98/WS97】の
若きエース…その礎となるルーツ。偉大なる "原版" 。

【Oakford Cabernet Sauvignon Napa Valley 1999】

## カルトナパ・コレクション…オークヴィル編 ##
歴史的価値もある一本です。
東西に煌きの生産者を揃えるナパ・ヴァレーの中心地、「ナパの中のナパ」ことオークヴィルA.V.A.。その西側サイドの生産者で、今最も勢いある新世代の注目プロデューサーといえば 『フト』

▼フト(フトー/Futo)
醸造家マーク・オベール、栽培家デヴィッド・エイブリューの黄金タッグにより、'07年には【RP98点/WS97点】という驚異的スコアを獲得。当店では円高×インポーター特売時に買い付けを行ったため20,000円台でのご案内を実現させましたが、只今同ワインは現地でも "$399〜$450" というとんでもない価格にて取引されています(2013.6.21時点/Wine Searcher調べ)。これがどれほどのものかといえば、【RP100点】を獲得した'08年産キャプサンディ(カプサンディ)のステート・レーンとほぼ同額。パーフェクト・ワインと同等の扱いを受けるフトの人気たるや、凄まじいものがあります。因みにお時間を頂ければお取り寄せ可能です。ご希望の場合はご相談下さいませ。

さて、そんなFutoのもう少し詳細な位置関係を見て頂きますと、下記マップの左端、63番がその畑です。



因みに東隣の55番が 『ファー・ニエンテ』。もひとつお隣、ハイライトしている53番がかの 『ハイツ・マーサズ』 で、その東34番が 『オーパス・ワン』。一方南側は、隣接する57番が 『ボンド』 で、その奥56番が 『ハーラン・エステート』 という並び。まさに他が羨むロケーションです。

ところでFutoのデヴューは'04年とまだ最近のこと。それまでこのような一等地がぽかんと開いていたか…というと、そんなことはありません。「フトは、とある生産者のプロパティを購入して始動した」とは愛好家の間では有名な話。前置きが長くなりましたが…そんな今をときめくフトの前身、それこそがこの 『オークフォード』 なのです。


▼オークフォード(Sojourn Cellars)
1980年代に、チャック・ボールとキャシー・ボールにより設立。1990年代より、ヴィンヤード・マネージャーに現フトと同様、米国最高の栽培家デヴィッド・エイブリューを招聘。ここに女神ハイジ・バレットが加わり、今とはまた別の黄金タッグにて、ただ一種のカベルネのみが造られる硬派なブティックでした。斜面を段状に切り開いた畑は約6.5エーカー。うち5.5エーカーにカベルネが、残りはメルローが植えられていました。土壌は排水性に長けるシルト。2000年からは 『ロコヤ』 を世に知らしめた醸造家マルコ・ジュリオ(Marco DiGiulio)にバトンタッチし、同時にアンディ・ベクストファーの 『ベクストファー・ヴィンヤード』(ト・カロン含む)から果実を購入して複数カベルネをリリースし始め、一時はラザフォード産銘柄も有していました。2002年、トムとカイルのフト夫妻に売却。オークフォードの歴史はこの時点で途絶え、現在ではオークフォード名義での生産・リリースは行われていません。

人的変遷があるとはいえ、現在オークヴィル西側で最も関心を集めるワインが育つ、同一のテロワールから過去に生み出された原版であり、その畑を監修し、果実を管理する人物もまた同一。とくれば、非常に興味そそられる一本であることは間違いありません。

フト夫妻もルーツであるオークフォードに敬意を払っており、フトから近年リリースされたセカンド、『O・V』(右画像)とは、オークフォード(O)・ヴィンヤード(V)の略。残念ながら既に閉鎖されてしまっているため、オークフォードを知る為の十分な情報も得られず、また実際にテイスティングの経験も御座いません。ただ幸いなことに、該当ヴィンテージのスペクテイター・レヴューが残っておりましたので以下に記します。

Wine Spectator(2002.10)より 【WS92点

「Firm and intense, with complex, concentrated blackberry, cedar, anise and touches of new leather. Excellent structure, finishing with a long, tannic finish. Needs short-term cellaring.」

当時のリリース・プライスが$125。生産量は僅かに≪119ケース≫。90年代のナパ・カベは唯でさえ希少な存在となりつつありますが、これほどのバックボーンを持つ極少生産のシロモノが、よくぞこの素晴らしいコンディション(とこの価格)で現存していたものです。もしも今後フトーが並びのハーランやボンドと同様、パーフェクト・スコアを獲得しようものなら…。そんな空想を膨らませつつ、現代版の眩い後継者、フトとの飲み比べなど出来たら、これはもう最高の幸せですね。
【USR】【CAB】
進行形の伝説「フト」、その偉大なるルーツ。


商品番号  79165 Oakford
価格19,800円 (税込 21,384 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ラ・シレナレッド・ワイン"アート・バス"ナパ・ヴァレー[2009](正規品)LaSirenaArtBusRed


ラ・シレナレッド・ワイン"アート・バス"ナパ・ヴァレー[2009](正規品)LaSirenaArtBusRed


≪日本初上陸≫
[RP92点] 
ラ・シレナ レッド・ワイン "アート・バス" ナパ・ヴァレー [2009] (正規品) La Sirena Art Bus Red

【本邦】初公開
■ラ・シレナの実験場。ハイジをアートな世界へ運ぶ
バス。ラボ的役割を担うノン・トラディショナルブレンド

【La Sirena Red Wine "Art Bus" Napa Valley 2009】

[ ハ イ ジ 最 新 作 ]


固定観念に囚われぬ…ここは女神のラボ。
2015年、久々の正規輸入復活を迎えた、女神ハイジ・バレットのプライベート・レーベル 『ラ・シレナ』。ブランド・ページの扉絵にも使用させて頂いた上記画像が現行のラインナップとなるのですが…「?」なんだか "ふたつ" ばかり見たことの無いボトルが並んでいます。

こちらにご案内させて頂くのは、上記画像の左から2番目、黄のキャップとユニークなエチケットを持つ、その名も 『アート・バス・レッド』 です。

アート・バスは伝統的ブレンドに囚われぬ、ハイジが自らの自由な発想を具現化するための実験場。カベルネやシラー、フランなどを思うがままにブレンドし、そこから出来上がる味わいを、自らも楽しんでいます。『アミューズ・ブーシュ』 で言うところの 『ヴァン・ペルデュ』 のような存在と言えるでしょうか。

元々は世界で活躍する様々な種類のアーティストたちへのトリビュートとして造りはじめたワインで、彼女は常日頃ワイン造りと芸術活動は非常に似たものだと考えおり、画家は手にパレット(palette)を、自分は絶対的な味覚(palate)を武器に創造活動を行っている…ということも述べています。

特にブレンディング作業をしている際には、まるで自身が芸術家になったような気分になって、芸術愛を感じるのだそうです。彼女にとって、ワインとは芸術家と醸造家を往復させるバスのような存在なのかもしれませんね。


▼ラ・シレナ・ワインズ(La Sirena Wines)
1994年に少量のサンジョヴェーゼでデビューしたハイジ・バレット女史のプライベート・レーベル 『ラ・シレーナ』。海、特にスキューバ・ダイビングを愛した彼女は、ワインにあると好ましい「幻想的イメージ」を抱える "人魚" の意味を持つこの名を自らのブランドに冠し、1996年にはカベルネ、そして2000年にはシラーを誕生させました。デビューからメディアの好評価を受け続けますが、それらとは無関係に世界中に散らばるハイジ・ファンから常に熱望され、また意外なほどに少ない生産量、そして増産の拒否から毎年品薄となる、いつも彼女の人気の中心にあるアイテムです。


実はこのアート・バス、直近四年で2回しか造られていません。'08年がデビューですが、リリースされたのはその'08年と、今回ご案内の'09年のまだ二作品のみ。'10年、'11年は造っていないそうです('12年は仕込み中とか…)

Art Bus Red

'09年のアート・バス・レッドは、彼女がカリストガに夫婦で所有する 『バレット&バレット・ヴィンヤード』 からのカベルネとシラーで98%、残りの2%がオークヴィルからのフラン。新樽比率45%のフレンチ・オークで22ヶ月の樽熟成。年産は≪274ケース≫ぽっきり。

ちなみにエチケットもハイジ自らによるイラストで、元々はチャリティ・オークションにかけるために描いたものだそうです。正式ラインナップに加わった現在でも、売り上げの15%が寄付に回されています。

Wine Advocate #204(2012.12)より 【RP92点

「The 2009 Art Bus Red is another seductive, totally polished wine from La Sirena and Heidi Barrett. Ripe red berries, crushed flowers, cinnamon and sweet pipe tobacco are layered into the silky, polished finish. This pretty, mid-weight red has plenty of juicy, forward fruit, not to mention considerable sheer appeal. Fifteen percent of the proceeds from the sale of Art Bus are donated to charity. Anticipated maturity: 2012-2017.」 (A. Galloni)

グラハム粉クラッカー、シナモン、シダー、燻製肉のノートを伴う、ブラック・チェリーや熟したプラムなどの、深くリッチで、魅力的な開いたアロマ。口中ではまろやかなフルーツ、潰したブラックベリーなどのフレーバーに、ほのかにトーストしたフレンチ・オークのタッチ。シルキーで凝縮した多層のフルーツ感。大柄なのにバランスが取れた、まさにこれぞハイジ・マジック。彼女は自ら「普通じゃない、でも美味しい!」と語っています。

本邦初公開の、番外編ラ・シレナ。ラベルまでをも彼女が手掛けた、ハイジ・コレクター必見の限定生産品です。

【USR】【BLD】
■パーカー監修アドヴォケイト誌92ポイント


商品番号  83306 シレーナ/シレーヌ
価格23,000円 (税込 24,840 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


レヴァナファミリーカベルネ・ソーヴィニヨンナパヴァレー[2002]


≪2010年度WS誌年間TOP100入り「そのもの」≫
[WS97点] 
レヴァナ ファミリー カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [2007] (正規品) Revana Family

[97点]TOP100世界No.1Cab
《国内総数36本》これが【WS97点】世界No.1カベルネ「そのもの」!女神ハイジから100点男トーマス・ブラウンへの正式バトンタッチ。渦中の大物が電撃復帰表明!
【Revana Family Cabernet Sauvignon 2007】


≪ トーマス・リヴァー・ブラウン正式参画決定!! ≫
いやぁ…大興奮。久々の仰天Newsでした。既に出揃った感のある'07ナパカベ集団に、思わぬ死角からまさかの大物が参戦。輸入復活は晴天の霹靂…これは'07ナパ・カベの完全なる大穴です。


△ 有難う御座います。お陰様で楽天ワイン・ランキング三冠達成!
(※アメリカ総合/加州総合/加州赤部門各一位:2012年9月18日(金)更新分)

'03年ヴィンテージを最後に、日本への輸入が途絶えてしまった女神ハイジ・バレットの手掛けるナパ・カベ最高傑作の一つ、『レヴァナ・ファミリー』 が急転直下の日本輸入電撃的復活を迎えました!新たな正規インポーターは、ハーランやボンド、スケアクロゥ、シュレイダー、キャプサンディ、ナダら、国内最大数のパーフェクト・ナパを抱える最大手N社。同社のポートフォリオにはハイジの手掛けるメルロー側の最高峰アイテム 『アミューズ・ブーシュ』 があり、その繋がりかと思われましたが、どうやらそうではないようです(後述)。

ところで…レヴァナの最新年号は'08年。
「惜しい!」と思われた方はかなりのマニア。そう、最新年号は'08年ですが、前作'07年、レヴァナはWS誌年間TOP100の2010年度版にて第四位に選出。カベルネ系としては【世界No.1】に選ばれた当のワイン。もう一年早かったら…と肩を落とす私共に、インポーターさんから驚きの事実が告げられます。なんとその貴重な'07年もバック・ヴィンテージとして密かに同時出荷を許されたというのです…極僅かに。

▼あのとき(発表時)手に入らなかった「そのもの」が今此処に!▼



価格にもご注目下さい。'03年までの旧定価は23,500円。4年ぶりの登場は、世界No.1王位ゲットの'07年でありながら、当時の価格を遥か下回る15,000円台突入。過去、WS97点級ナパ・カベは数えるほどしか無く、またそれらの中(該当年号)にこの価格で飲める作品は他に存在しません。


▼レヴァナ・ファミリー(Revana Family)
オーナーのドクター・レヴァナは、ヒューストンにて循環器、特に心臓の専門医として成功を収めていた高名な博士。臨床研究に基づき、男性なら1日2杯、女性なら1日1杯の赤ワインが、心疾患のみならず健康維持に役立つことを認識していました。これに、フランスの生産者を訪ねて旅行に行くほど凝っていた…という自らの趣味も兼ね、ナパでのワイン造りを決めました。ボルドーから米国各地の産地を視察し、1989年にセント・ヘレナ北部に、僅か9エーカーという極一画ながらも一等地の葡萄園が販売されているのを発見し、感激してこれを購入。やるからには…と人選にもベストを尽くし、醸造家に女神ハイジ・バレット、栽培家にジム・バーバーを招聘。ここに、「セント・ヘレナ/カベルネ/女神ハイジ/ジム・バーバーというまさにグレース・ファミリーと共通する4つのキーワードが揃うこととなりました。

1997年からいよいよワイン造りが本格始動。そして≪750ケース≫にてデビューとなった'01年、早々と【WS91点】を獲得すると、翌'02年にてコノイシュアーズ・ガイド95点、'04年にはRP93点と着実に完成度を高め、そして遂に'07年にて【WS97点】を奪取し、同年の年間TOP100にて四位に選ばれ、カベルネ系ワインとしては見事【世界No.1】に選ばれました(右画像は左からドクター・レヴァナ、ハイジ・バレット、ジム・バーバー)

さて、世界No.1カベルネという歴史的なタイトルを手中に収めた直後、レヴァナからは更なるビッグ・ニュースが発信されます。ハイジ・バレットの退任と、新たな醸造家の招聘です。女神のバトンを受け継いだのは…現代ナパを代表する四人の100点男の一人、トーマス・リヴァー・ブラウン!


日本輸入復活と醸造家の交代劇。
近年、女神ハイジのカベルネが日本市場から次々と姿を消しています。

何より根幹にある、彼女のプライヴェート・レーベルである 『ラ・シレナ』 の輸入停止。加えて、『パラダイム』『ランボーン』 という彼女が最も長く、そして深く携わる二つの老舗の撤退。逆に、新たに手掛け始めた 『ケンゾー・エステート』 は日本国内での(自社ショップを除く)一般小売を拒否していますし、『ファンテスカ』 も上陸の噂さえ聞こえてきません。かろうじて残されているのは 『アミューズ・ブーシュ』 ですがこちらはメルロー系ですし、そのカベルネ版である 『オー・ソメ』 は六万を越え、当店にてご用意した最安値セールでも三万円台と極めて高価。更にここへ、彼女のクライアント先での醸造家交替が追い討ちを掛けます。

その代表格がレヴァナ。2011年にてハイジは退任。また一つ、彼女のカベルネが姿を消す事となりました。ただし質においてはご安心を。彼女の後任に就くは、ボブ・レヴィ(Harlan Estate/Sloan/Bond)、フィリップ・メルカ(Dana/Hundred Acre/Bryant Family)、アンディ・エリクソン(Screaming Eagle/Staglin/Dancing Hares/Arietta/Ovid)らと並び、現代のナパカベ・シーンを牽引する「満点醸造家」の一人、トーマス・リヴァー・ブラウン!(Schrader/Mybach/Outpost/GTS/Rivers Marie)2011年よりナパ・カベの申し子である彼の醸造に完全に切り替わります。勿論今作'07年は紛れも無くハイジの作品。交代前に、世界No.1カベルネという最後の大輪をレヴァナで咲かせました。(因みにハイジ→トーマス・ブラウンへの交代といえば、もう一つ思い浮かぶのがジョーンズ・ファミリー。お取り寄せ可能です。因みにジョーンズは定価が旧30,000円から一万円台へと大幅に下落していますが、これはV社→K社という輸入元移動により起きた「定価の改定」であって、K社経由のものはセールではありません。ご注意下さい。)

今回の日本正規輸入復活は、彼への醸造家交替がキーポイントになっているようです。輸入元N社は、シュレイダーの正規窓口。加えて、やはりトーマス・ブラウンが醸造家を務める 『カーサ・ピエナ』 も保有しており、彼のクライアントとしての横の繋がりが今回の復帰に繋がったようです。

彼女のナパ・カベには総じて芳醇にしてエレガントという独特の二面性があり、レヴァナはこれを極限まで追求したような味わいがあります。しっとりとして弾力性に富む柔肌のような舌触り。深い味わいにある透明感と限りない奥行きは、多彩な旨みの迷宮。濃厚さよりもノーブルで豊かな表情を持つ清楚な味わいからか、ロバート・パーカーの好みからは外れているようですが、ガローニへのレヴュワー交代後、初年度で大台突破を果たしていることからもその方向性が伺えます。フィネスにはボルドーの、上級格付けのそれを想起。無駄のないシルエットが余韻としていつまでも脳裏から離れず、初恋にも似た初体験の感動があります。カベルネ愛好家、ハイジ・ファン、どちらの方にも心から推奨できる内容です。
【USR】【CAB】
ただし、日本に存在するは、僅か36本限り。


■表示数限り(最終在庫)です。
■ワインスペクテイター誌97ポイント【2010年間TOP100世界第四位】
└(ボルドー系品種世界No.1/ワイナリ歴代No.1)


商品番号  82374 Revana Family
価格15,800円 (税込 17,064 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ファンテスカシャルドネルシアンリバーヴァレー[2009]Fantesca


ファンテスカシャルドネルシアンリバーヴァレー[2009]Fantesca


ファンテスカシャルドネルシアンリバーヴァレー[2009]Fantesca


≪女神ハイジ・バレットがシャルドネと交わる世界唯一の場所≫
ファンテスカ シャルドネ ルシアンリバーヴァレー [2009] Fantesca

【世界唯一】女神のChardonnay
■白を造らないワイン界のプリマドンナ、ハイジ・バレットが進行形で手掛ける世界唯一のシャルドネはここから…
【Fantesca Chardonnay "Los Carneros" Napa Valley 2009】

《 男女二人の100点醸造家によるバトン 》
ヤナギヤ・オンリー
米国史上 "最初" のRP100点、『マヤ』。米国史上 "最高額" のRP100点、『スクリーミング・イーグル』。歴史的に重要な2つのパーフェクト・ワインを手掛け、米国女流醸造家の二大巨頭として知られる、女神ハイジ・バレット。もう一方の女帝ヘレン・ターリーとは対照的に、ナパはヴァレー・フロア(平野部)のカベルネ・ソーヴィニヨンを得意とする彼女は、それ以外の品種をあまり手掛けない事でも知られます。赤品種ですらそうですが、前述ふたつの満点ワイナリを筆頭に、グレース・ファミリー、パラダイム、ランボーン、ショウキット、レヴァナ、アミューズ・ブーシュから、そして近年夫であり、モンテリーナの醸造家として知られるボー・バレットと夫婦で立ち上げた最新ブランド 『バレット&バレット』 まで、ことごとく「白ワイン」を造りません。現在彼女が進行形で手掛ける白で、確認できるものは僅かに三種。これまで携わってきたブランド数が20を越えることを考えても明らかに少ないです。

その三種の白とは、一つが自身のラ・シレナで造る 『アズール』(モスカート/日本輸入停止)、それからカプコン社のCEO、辻本憲三氏がオーナーであるケンゾー・エステートの 『あさつゆ』(ソーヴィニヨン・ブラン)、そして最後が 『ファンテスカ』 のシャルドネ。「白葡萄の王様」とまで言われるメジャー品種でありながら、彼女が手掛けるシャルドネは、このブランドが世界で唯一なのです。

※ '08年よりラベル・デザインが新しくなりました。
←上・中段が只今お届け中の新ヴァージョン、下段が旧デザインです。



加えて栽培家はジム・バーバー。かのデヴィッド・エイブリューと並ぶ米国栽培家のカリスマであり、ハンドレッド・エーカー、ブランキエ、アワーグラス、GTS、プライド、D.R.スティーヴンス、ピラー・ロックなどをクライアントに持ち、シリア・ウェルチ(マチェスキ)、フィリップ・メルカ、トーマス・ブラウン、アンディ・エリクソンら現代を代表する主要なTOP醸造家たちとは軒並み交わっています。ハイジ×バーバーの組み合わせは、かつてのグレース・ファミリーの黄金タッグ。レヴァナ・ファミリーやバーバー(ジム・バーバーのプライヴェート・レーベル)でもおなじみのコンビです。

前回ご案内の'06年は、まだハイジの作品ではありませんでした(詳細後述)。この度ようやく完全ハイジ・メイキングとなった'09年を入手。本邦初公開としてご案内致します。


▼ファンテスカ・エステート・ワイナリー(Fantesca Estate Winery)
オーナーはホフ夫妻。妻のスーザンは、南北アメリカ大陸に1,000店舗以上を持ち、フォーチュン100にも選ばれる世界最大の家電量販店「ベスト・バイ」の取締役であるリチャード・シュルジー(ベスト・バイの前身であるオーディオ機器専門店「サウンド・オブ・ミュージック」の設立者)の娘。夫のデュアンもやはり「ベスト・バイ」の重役でした。当時スーザンは副社長を、デュアンは営業開発部長をそれぞれ務めており、互いに多忙な身であったことから、引退した後の第二の人生は緩やかに過ごしたい…と考えていたところ、ナパの開祖であるチャールズ・クリュグが元々所有していたスプリング・マウンテンの畑が売り出されていることを知り、これを購入。そして2005年に設立したワイナリーがファンテスカです。ファースト・ヴィンテージは'02年。

ところでハイジ就任前のシャルドネを手掛けた人物は誰なのかといえば、その正体はヴェンジ親子。ニルス・ヴェンジ(Nils Venge/画像右側)といえば、'85年ヴィンテージの 『グロス』 でパーカー "暫定" パーフェクト(96-100点)作品を世に送り出した奇才。後に98点に確定となりますが、もしもこれが満点になっていれば、マヤの遥か数年前に米国初のパーフェクトが誕生していたことになり、今でも「幻の100点」と呼ばれています。また現在RP99点にまで到達する 『プランプジャック』 や、ト・カロン担い手の一角として二大メジャー誌で95点を越える 『カーター』 らの礎を築いた醸造家も彼。一方息子のカーク・ヴェンジ(Kirk Venge/画像左側)は、ニスルが立ち上げたファミリーのプライヴェート・レーベルである 『ヴェンジ・ファミリー』 を2008年に父から引継ぎ、その年のリザーヴ・カベルネで【WE99点】に到達。今最もアツいオークヴィルの注目株です。

そんな'06年以前がロス・カーネロス産であったのに対し、完全にハイジへのバトン・タッチが終了した'07年以降はR.R.V.産となりました。年産三桁のスモール・プロダクション。米三大誌にも一切掲載無しというシロモノです。

ところで、なぜこれまで徹底的にシャルドネと交わらなかったハイジが、ここファンテスカではシャルドネ造りを引き受けたのでしょう?理由は定かではありませんが、彼女にとっての白ワイン造りは、実は周囲が考えるほど特別なものなのではないのかもしれません。ケンゾー・エステートで 『あさつゆ』 を手掛けた際、「なぜ白を造らない貴方がS.B.を手掛けたのか?」というインタヴュワーの質問にも、素っ気無く「ツジモトに頼まれたからよ」と返すだけでしたし、このファンテスカにおいても単純に依頼を受ける前から存在していたシャルドネ造りをただ引き継いだだけ…と考えているのかもしれません。

それではあまりに味気ない…とするのであれば、こんな話もあります。元々この土地はチャールズ・クリュグが所有していたものですが、それ以前は妻であるキャロラインの実家であるベール家が所有者であり、彼女が1860年に嫁ぐ際にクリュグ家に提供した地所なのです。更に1889年、米国女流醸造家の第一人者として知られるハンナ・ワインバーガー女史がこの畑から造り上げたワイン、それこそが国際品評会でアワードを受賞した、ナパ初の女性醸造によるカベルネである…ともされています。こうした女性にまつわる逸話が多く、そんなスピリットがハイジにも流れ込み、この縁を引き寄せた…とするのはちょっとロマンが過ぎますでしょうか。

兎も角、これが世界唯一のハイジ・バレット手掛けるシャルドネ。すりガラスに封じ込まれた、大変貴重なボトルです。

【USW】【CHA】

■表示数限り(最終在庫)です。


商品番号  79106 Fantesca
価格9,980円 (税込 10,778 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ランボーンジンファンデル"セレンディピティ"ハウエルマウンテン2006


ランボーン ジンファンデル "セレンディピティ" ハウエルマウンテン [2006] (正規品) Lamborn Serendipity

▲\8,380→\6,500→\4,980-!!
■【多段値下げ!!】女神ハイジ・バレット作に…ジン!?
年産三桁(901箱)の極希少アイテムが決算破格特価!

【Lamborn Zinfandel "Serendipity" Howell Mountain 2006】

< 彼女のワインにこれほどの特価…ありました? >

好評につき完売しておりました女神ハイジの希少銘柄が決算特価を引っさげ再来!旧当店価格8,380円から新定価6,500円、更に新特価にて一挙4割プライスカットの4,000円台突入!≪破格値≫

「ワインの女神」こと、カリフォルニア女流醸造家のトップ・タレント、ご存知ハイジ・バレット女史(>>詳細)。彼女の手がかざされたワインには、RP100点銘柄の 『スクリーミング・イーグル』 『ダラ・ヴァレ』(マヤ)を筆頭に、『デヴィッド・アーサー』 『グレース・ファミリー』 『ルビコン』 『ショウキット』 『レヴァナ・ファミリー』 『ジョーンズ・ファミリー』 『バーバー』 『オークフォード』 『ファンテスカ』、そして自身の 『ラ・シレナ』 と悉く万円クラスのウルトラ・プレミアムが並びます。近年ではゲームでも有名なカプコン社のCEO、辻本憲三氏の 『ケンゾー・エステート』 などもクライアントに加わり話題となりましたが、こちらもキュヴェの上代は25,000円との発表がありました。さて価格はともかく上記銘柄を見ても解るように、彼女のお得意とする分野は「ヴァレー・フロア」からの「カベルネ」なのですが…ご存知でしょうか、彼女が現在進行形で手がけるワインの中に、そのどちらでもない「ヒルサイド」(ヒルトップ)からの「ジンファンデル」が存在することを。


それがこちら、'06年にて日本正規初披露となった 『ランボーン』

彼女が過去在籍していたジンの名手に 『ビューラー』 がありますが、それも遠い昔の話。進行形で手がける国内入手可能なジンは今作が唯一です。


「この葡萄」があったからこそワイン屋を始めたようなもの…私イナムラ@てんちょが愛して止まぬ品種、ジンファンデル。これまでそれこそ数え切れぬジンを試飲してきましたが、私イナムラ@てんちょには "ある一つの共通点" を以って強〜烈に記憶に残っている、「4つの忘れ難きジンファンデル」があります。その共通項とは、飲んで「これがジンファンデルなのか!?」と驚かされたスタイルの優美さ。

ジンファンデルという品種は本当に造り手によって玉手箱のように個性を変え、生産者の数だけ新たな発見と楽しみを与えてくれますが、それでもやはり共通する味わいの特徴はあるもので(本来ワインにあって好ましい)エレガンス…という要素とはやや離れたところにあり、またそこまで品性を求められる品種ではないとも思っています。ただしこの4つだけはまさに異世界のジン…ともいうべき美しき優美さに溢れていました。

その4つとは、ピノで有名な 『パパピエトロ・ペリー』 のジン、それからW&S誌の全米歴代No.1ジン 『ストーリーブック・マウンテン』、更にソノマの重鎮でジョーダン、スーヴェラン、ドライクリーク等を渡り歩き、バルバーン・ワイナリーではかのジョン・コングスガードとツインワインメーカーをも務めたダグ・ノールのPBである 『ノール』、そして最後に加わったのが今回こちらにご案内する 『ランボーン』 です。

やはり女神ハイジのジンは並大抵のものではなかった…

と思わせる一線を画したそのスタイルにも面食らいましたが、彼女が当ジンを送り出すベースとなるこのランボーンなる造り手の背景を確認して、再度驚かされるました。なんですかこのスター軍団の豪華リレーは…!?


▼ランボーン(Lamborn Family Vineyards)
元FBIのロバート・ランボーン氏が、引退後は穏やかな余生を送ろうとして1971年にハウエル・マウンテンに土地を購入し、1982年にファースト・ヴィンテージを迎えた 『ランボーン・ファミリー』。遂に20年以上の時を経て日本正規初上陸を迎えました。現在は息子であるマイク・ランボーン氏が指揮を取り、3世代に渡る家族経営にてワイナリー運営を行っています。

上述のように、現ワインメーカーは女神ハイジ・バレット女史ですが、デヴュー・ヴィンテージを手がけたのは 『ケイマス・スペシャル・セレクション』 を造り上げたランディ・ダンですし、その後も 『フリーマーク・アヴィ』ラリー・ラングベーン『ローゼンブルム・セラーズ』ケント・ローゼンブルム、さらには 『リトライ』テッド・レモンといった驚きの豪華スターたちによる黄金のリレーが展開されてきた造り手でもあります。しかしその煌びやかな醸造家、コンサルタントらの布陣とは対照的に、近年ではメディアとも距離を置いてほとんどサンプルを提供することもなく、未だ紙面を過熱をもって賑わすこともありません。エリアをハウエル・マウンテンとし、そしてこれら大物達の豪華リレーがあった舞台としては非常にリーズナブルなプライスが守られ、静かに各ワインをファンに提供し続けています。ただし良心的な名作は、やはり知る人ぞ知る存在になるもの。ハイジの手がけるジンファンデルという珍重さからも引く手は数多で、2010年5月現在、日本での最新ヴィンテージは2006年であるにもかかわらず、ワイナリ公式ページでは早くも「最新2007年ヴィンテージのジンファンデルは完売間近。秋に2008年のリリースがあります」とのアナウンスがあり、人気の程が伺い知れます。

ソムリエ田崎氏も舌を巻くマウンテン・ジン。
今作 『セレンディピティ』 は100%自社畑のハウエルマウンテン産果実を使用したエステート・ボトル。抜栓直後に立ち上る、水底に引き込まれるようなスミレやブルーベリーの魅惑的な香りは特筆級。敢えて言えばジンらしくない異質な要素〜優雅で繊細さの漂うほのかな甘みや穏やかでナチュラルな酸味、さらには洗練されたサテンのような滑らかな果実の旨みがいかにもな品の良さを打ち出す仕上がりをもたらしています。しかしながら芯を形成する豊富にある硬質なタンニンはあきらかに上質で、しゃんとした美しく伸びた背骨が姿勢の良さを形作っています。全体を包む新樽の香味が高級感や肉厚の心地よさも打ち出し、スパイシーさがそこへアクセントと複雑味を加えています。繊細に膨らむ洗練された風味や、純な熟成の旨みは上等で、造りの良いカベルネを飲んでいるかのような大きな満足感。彼女のジンを飲まずしてハイジ・ファンは名乗れないな…と思わせる出来栄え。ヴィノテーク誌ではソムリエ田崎氏からも広がり、膨らみ、アフターのバランスの良さを指摘する好評のコメントが寄せられていました。

畑はハウエル・マウンテンの山頂近くにまで登らないと見えてきません。ヴァレーフロアに比べると昼は10度ほども涼しく、夜は逆に15度も暖かい気候となります。そのため葡萄は早めに熟すことができ、また独特なエレガンスを抱える要因にもなっています。年産はわずかに三桁、≪901ケース≫。女神ハイジのジンというだけでもお宝ワインですが、この特筆の個性的味わい、そして少量生産が加わっては、現地での早期Sold Outにも納得できるというもの…。日本正規初上陸×楽天初登場です。

因みに「セレンディピティ」とは "偶然に出合った幸運" とか "予期せぬ発見" などを意味する言葉とのこと。まさに名が体を表しているワインです。この姿、一度は接触して頂きたい…(この価格なら尚更)

【USR】【ZIN】



商品番号  81823 輸入元税別希望小売6,500円
価格4,980円 (税込 5,378 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


バレット&バレットカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2009](正規品)BarrettandBarrett


バレット&バレットカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2009](正規品)BarrettandBarrett


バレット&バレットカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[2009](正規品)BarrettandBarrett


≪本邦初公開…日本市場初解禁!≫
[RP95点]+ 
バレット&バレット カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [2009] (正規品) Barrett and Barrett

【国内総数】3本
■日本初上陸!海原を駆け続けた人魚と提督による
キャリアを締めくくるナパカベ・グランドフィナーレ

【Barrett & Barrett Cabrnet Sauvignon Napa Valley 2009】

[ 遂 に 光 臨 ]


20年間温め続けた初のファミリー・プロジェクト、発表。
『シャトー・モンテリーナ』 のボー・バレット(Bo Barrett)と、ご存知ワインの女神、ハイジ・バレット(Heidi Barrett)。ワイン界という大海原を、先頭に立って突き進んできた米国最強の夫妻が手掛ける、初めてのファミリー・レーベル…それがこの 『バレット&バレット』 です。【日本正規初上陸】

共に30年以上も第一線の、更に最前線で業界を牽引してきたふたり。しかし意外にも夫婦二人による協同のワイン造りはこれが初めてなのだとか。そのデビュー作である'08年がアドヴォケイト誌に掲載されると、どれだけ品質が高くても無個性のワインには滅法厳しい当時のレビュワー、A.ガローニに「スタートからフィニッシュまで非の打ちどころが無い…」と絶賛。僅か≪300ケース≫ばかりリリースされたボトルは一瞬にして消え、現在はプレミア価格で取引されています。

それにしても、これほどの、共に歴史に名を残す偉大な醸造家である二人が自社畑の購入先として選んだ地区とはどこなのでしょう。その答えは……"カリストガ"。地区の「至宝」と呼ばれる 『アラウホ』、パーカー100点ワイナリーの 『ラークミード』、トーマス・ブラウン代表作の 『ハリス』、そのトーマスにバトンを渡した嘗てのハイジの代表作、『ジョーンズ・ファミリー』、シルバー・オークの兄弟レーベル 『トゥーミー』 ら、数多くの大物が犇く銘醸地。

と同時に、ボーの 『モンテリーナ』、ハイジの 『ラ・シレナ』 も同様にこの地区のメンバーです。いわばここは夫妻のホーム・グラウンド。中でもシャトー・モンテリーナのプロパティの一つから道を挟んだ一等地に畑を購入。『B&B・ヴィンヤード』(バレット&バレット)とし、1989年から植樹を開始しました。


▼バレット&バレット(Barrett and Barrett)
…1989年??そうなんです、実はこのワイン、20年以上も温め続けられたプロジェクト。まさに二人の輝かしいキャリアの集大成として完成に至った、夫婦のグランド・フィナーレを飾るエステート・ワインと言えるもの。

ハイジの「完璧」と評されるバランス感覚と、パーカーも「ワイン界のカル・リプケン」(歴代一位の2632試合連続出場を記録したメジャーリーグ・ベースボールの大スター。537票もの得票を集めて栄誉殿堂入り。この時の得票率「98.5%」は野手としては史上最高)と賞賛するボーが完成させたクラシック・スタイルの相乗効果により生み出されるこのナパ・カベは、WA誌でも「読者は数年前のコス・デストゥルネルの買収劇を思い出すだろう。結局交渉は決裂したが、しかし結果としてこのような印象的なプロジェクトが生まれたのだ」と語られました。

この度のご案内は、ガローニに「完璧」と評された'08年(RP93点)を更に上回る、RP95点奪取…二年目の'09年ヴィンテージとなります。日本輸入数量はなんと、≪3本≫。3ケースでもなければ、弊社入荷数でもない、日本マーケットには、全国全量で三本しか存在しません(正規品)。

'09 Barrett & Barrett Cabernet

果実は上記 『B&B』 と、ラ・シレナの畑の二つのプロパティからの小粒のカベルネを使用。既に20年以上も栽培を続けているため、どこの区画の果実がユニークで、またどのようなキャラであるかは既に熟知しているとのこと。この畑の1エーカーあたりの平均収量は2.23トンと全体的に極めて低く抑えられていますが、彼らが用いるのは更に最上区画と指定するブロックのみ。この区画の平均収量は更に1.12トンという極限の域に達する超低収量。更にその果実を畑とワイナリーで丹念に丹念に選別。勿論手作業。まるでハーラン並に繰り返される選抜を、夫妻は自ら「スーパー・セレクテッド・ワイン」と表現しています。

日本全量で三本…ということで、正規インポーターですら試飲できていないとのこと(^^;

Wine Advocate #204(2012.12)より 【RP95点+

「The 2009 Cabernet Sauvignon is surprisingly powerful. It has closed down quite a bit since I tasted it last year, which is a great sign for the future. Black fruit, cassis, licorice and spice box all jump from the glass in an intense Cabernet full of personality. The 2009 is loaded with tremendous potential, but its best days are still at least a few years away. This full-bodied, rich, enveloping wine is striking today. Anticipated maturity: 2019-2029.」 (A. Galloni)

2009年は9月まで全体的に気温が低かったものの、9月になって16日に収穫を迎えるまでの約二週間に暖かさを享受でき、素晴らしい収穫を迎えることができたそうです。下記は夫妻からのコメントです。

Barrett夫妻より

「Just looking at this wine you know you are in for something profound it is extremely dark all the way to the edge of the glass, opaque purple red dense color. As one would expect from this low yielding year it’s a bit tight at first, so it needs a couple of good swirls to get up speed. Then you get really intense aromas of Cabernet Sauvignon; rich black fruits, berry and plum. The nose carries on being very opulent and layered with lots of mineral and cedar. As we expect from this concentrated wine upon release, it is very big on the palate, it has massive spicy briary mouth-filling texture. Initially, it shows extremely intense cassis, which just expands and coats the mouth and goes on and on. This vineyard always expresses a spicy character like 5 spice, cardamom and cedar; but in this ’09 it’s incredibly concentrated. The finish is lengthy and returns to be dominated with the persistent cassis extract theme. The care with which we grew and made this wine is evident all the way through, from the distinctive vineyard character to the elegant stylish winemaking reflecting the mighty 2009 vintage.」

トラディッショナルなワイン・メイキングを行うボーと、モダン・メイキングのハイジ…ともに極められた二人のスタイルとスキルが一本に集約した、まさに夢のカベルネの誕生です。

日本限定3本。ハイジ・ファン必須の一本。

【USR】【CAB】
■パーカー監修アドヴォケイト誌95+ポイント


商品番号  83850 Barrett & Barrett
価格49,800円 (税込 53,784 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


バーバー・ヴィンヤーズカベルネ・ソーヴィニヨンナパ・ヴァレー[1998]


≪楽天最安値から更に半額≫
バーバー・ヴィンヤーズ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [1998]

商品番号  79245 Barbour Vineyards
価格11,800円 (税込 12,744 円) 送料別
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取
■表示数限り(最終在庫)です。
【USR】【CAB】
年産118ケース!米国「四大栽培家」のプライヴェート・レーベル。

※こちらのワインはご注文後に仕入れを行う「受注発注品」です。当ページにてご注文頂けました場合でも、輸入元在庫が完売の際はお届けすることができません(欠品の際はメールにてご連絡させて頂きます)。ご了承の程宜しくお願いいたします。
米国ヴィンヤード・マネージャーの "四天王" の一人、ジム・バーバー自らのレーベルがこちらの 『バーバー』。日本では幻の存在として知られ、現在入手難ワインの筆頭にあります。楽天内で手にしようと思うなら、二万円はくだりません(>>価格比較はコチラから)。

※米国を代表するヴィンヤード・マネージャーの "BIG4" といえば…
■デヴィッド・エイブリュー (Harlan Estate/Colgin/Sloan/Bryant Family/Araujo/Blankiet/Staglin等)
■ジム・バーバー (Amuse Bouche/Blankiet/Checkerboard/D.R. Stephens/Grace Family/Hundred Acre/La Sirena/Seaver(GTS)/Pride/Pillar Rock/Revana等)
■ウリセス・ヴァルデズ (Aubert/Martinelli/Aston/Pahlmeyer/Rosenblum/Drew/Arista/Paul Hobbs/Gantz等)
■グレッグ・ビョルンスタッド (DuMol/Kistler/Patz&Hall/Pisoni/Kosta Browne/Peter Michael/Hirsch/Peay/Stag's Leap等)

[ 過去履歴含む ]

1992年にセント・ヘレナに自社畑を購入し、僅か50ケースばかりの'95年をファースト・ヴィンテージとしてデヴュー。今回ご用意したのは四作目となる希少オールド・ヴィンテージの'98年モノ。なんと年産は≪118ケース≫という激レア品。円高の最高潮の際に仕入れ(契約)を行う事ができたもので、楽天最安値から更に半額近くというスペシャル・プライスが実現しています。最初で最後のご案内です。当時の醸造家は女神ハイジ・バレット。'09年からは 『スケアクロウ』 のシリア・マチェスキとなっております。




 お気に入りページに追加



▼配送料金
・送料は全国一律690円 [税込745円] です。
・クール便は一律990円 [税込1,069円] です。
送料無料ワイン多数ご用意しております。

▼配送日時
・着日のご指定が無き場合は、可能な限りの最短着日にてお届けします。どんなに遅くとも4営業日以内には必ず発送いたします。

・着日をご指定頂く場合は、ご注文日より4営業日以降〜2週間以内にてお願い致します。

・翌日配送など、お急ぎの場合はご注文前にお電話・メールなどでご相談ください。

▼エコ配送にご協力下さい
・当店では省資源化のため、梱包材および緩衝材にワイナリ・輸入元からのダンボールなどをリサイクル使用しております。ギフトでのご利用の場合は>>こちらより化粧箱をご利用下さいませ。

・省資源化のため、ワイン解説書や広告などの印刷物は、納品書を除き一切お入れしておりません。また一部例外(※)を除き、ワインへのパッキン巻きを行っておりません。エコ配送にご協力頂ければ幸いです。

※例外的にパッキン巻きを行う場合
a.)1本でのご注文の場合
b.)ご贈答用の場合
c.)出荷時に既にパッキンが巻かれていた場合
d.)お客様よりご指示があった場合

>>配送について詳しくはこちら


▼クレジットカード

・上記のクレジットカードがご利用可能です。
・お支払い回数は1回・リボ払いとなります。
・SSL暗号化通信にてカード情報は保護されます。

・オンライン認証のため、当店からご利用控えの発行は行っておりません。カード会社様からのご利用明細書をご覧ください。

▼代金引換
・代引き手数料は500円 [税込540円] です。
・送料を除く、商品のみ10,000円 [税込10,800円] 以上のご購入で代引き手数料が無料となります。

>>お支払いについて詳しくはこちら


▼お酒は20歳になってから
・未成年者への酒類販売は固くお断りします。

▼プライバシー保護
・当店ではお客様よりお預かりしました個人情報を、当店以外の第三者に譲渡・公開する事は一切ございません(警察・裁判所など公的機関からの提出要請があった場合は除きます)。どうぞご安心してご利用下さい。

▼カード・セキュリティ
・当店でのクレジットカードご購入情報は高度な暗号化通信により保護されております。安心してショッピングをお楽しみ下さいませ。

>>SSL暗号化通信について詳しくはこちら


・柳屋(Esprit du Vin YANAGIYA)は東京・神田にある1936年創業のお酒屋さんです。1994年にワイン専門店に転換、2000年にネット通販を開始、2004年に楽天市場に出店させて頂きました。現在楽天には1,000店以上の沢山のワイン・ショップが御座いますが、弊社はお蔭様で…

▼【加州優良店】2年連続受賞(3店のみ)


▼ランキング【米5部門同時1位】(楽天唯一)


▼バイヤー選手権【全国5位】(単品部門)


上記各賞を受賞させて頂きました。心より御礼申し上げます。誠に有難う御座いました!

>>ヤナギヤについて詳しくはこちら