シャトー・ムートン・ロートシルト(2000年〜)


 
ムートン=ロートシルトは故フィリップ・ロートシルト男爵が独自につくり上げた場所であり、ワインである。21歳でこのシャトーを得たとき、彼が並々ならぬ野心を抱いたのは疑いないことだ。

しかし、豊かで著しく深みのあるエキゾチックなスタイルのポイヤックの生産によって、彼は
「1855年のメドックのワインの格付けを変えさせた、唯一の男」
になったのである。

男爵は1988年1月に死去。今はその娘フィリピンヌがこのワイン造りの帝国の精神的頂点にいる。彼女は常に、パトリック・レオン率いる有能なムートン・チームの頼も
しい協力を得てきた。

1973年、ムートン=ロートシルトは公式に『一級シャトー』と格付けされる。

こうして、異才の男爵は、彼の挑戦的ワインのラベルの言葉を、
『一級にはなれないが、二級の名には甘んじられぬ、余はムートンなり』から、
「余は一級であり、かつては二級であったムートンは不変なり」

と変えた訳である。

疑問の余地なく、私が飲んだボルドーの最もすばらしい瓶のいくつかはムートンだ。

ロバート・パーカー著
講談社「BORDEAUX ボルドー 第3版」より抜粋
 


シャトー・ムートン・ロートシルト[2009](赤ワイン)[J]

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

シャトー・ムートン・ロートシルト
[2009](赤ワイン)[J][Y]


商品番号  4993199041663
価格89,600円 (税込 96,768 円) 送料別
残りあと1個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

99+点!


格付け第1級シャトーとしての名声はもちろん、毎年、世界のアーティストがラベルを手掛ける事でも人気の、シャトー・ムートン・ロートシルト

そのムートンの中でも、歴代で屈指のパーカー・ポイント99+点を獲得した、2009年ヴィンテージをご紹介します!


■ ロバート・パーカー氏の評価 ■


The 2009 Mouton Rothschild has a striking label from Anish Kapoor.

The wine is a blend of 88% Cabernet Sauvignon and 12% Merlot that begs comparison as a young wine with what the 1982 tasted like in 1985 or, I suspect, what the 1959 may have tasted like in 1962. Representing 50% of their production, the wine has an inky purple color to the rim and not terribly high alcohol for a 2009 (13.2%), but that is reflected by the high percentage of Cabernet Sauvignon.

It has a remarkable nose of lead pencil shavings, violets, creme de cassis and subtle barrique smells. It is stunningly opulent, fat, and super-concentrated, but the luxurious fruit tends to conceal some rather formidable tannins in the finish.

This is an amazing wine that will be slightly more drinkable at an earlier age than I thought from barrel, but capable of lasting 50 or more years. Kudos to the Baroness Philippine de Rothschild and the entire Mouton team, lead by Monsieur Dalhuin.

◆ロバート・パーカー氏評:99+点
(『ワイン・アドボケイト誌199号』より抜粋)


ロバート・パーカー氏は…


【プロのコメント】


『1985年に、1982年ヴィンテージを飲んだ時のような印象を受ける。

もしかしたら、1962年に、1959年ヴィンテージを飲んでいたら、こんな感じだったのかもしれない。』


と、歴史に残る、偉大な年で、パーカー・ポイント100点を獲得している、1982年と1959年になぞらえて、そのポテンシャルの高さを表現しています!

そんな2009年、プリムールの時点で、かなりの争奪戦が行われたようです…(汗)

そんな2009年、無事入手に成功しました!

価格も今なら、10万円を切ってのご紹介です。

とっておきの1本を手に入れるなら…今!!

4993199042134




シャトー・ムートン・ロートシルト[2010](赤ワイン)[S]【RCP】

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

シャトー・ムートン・ロートシルト
[2010](赤ワイン)[J][Y][A]


商品番号  4997678429058
価格115,000円 (税込 124,200 円) 送料別
残りあと1個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

98+点!


凄い、凄いという噂で持ちきりのムートンロートシルトの2010年物が、遂に、入荷しました〜!

その評価は…

◆ロバート・パーカー氏:98+点
◆ワイン・スペクテイター誌:98点

と、世界を代表する2大ワイン専門誌が、ほぼ満点評価!

入荷数も限られているので、気になる方は、どうぞ、お早めに、お買い求め下さい!!


【ロバート・パーカー氏の評価】


Only 49% of the production made it into the 2010 Mouton Rothschild, which has a strikingly beautiful label by Jeffrey Koons.

This is a truly great wine, with a very high percentage of Cabernet Sauvignon (94%) and the other 6% Merlot. At 13.9% natural alcohol, Mouton’s director, Philippe Dhalluin, has clearly produced another 50- to 60-year wine that has a chance at perfection in about 15 years time, when I suspect this wine will be rounding into drinking condition.

It is dense, rich and full-bodied, with the classic Mouton creme de cassis, forest floor, licorice and floral notes, but also some blueberry and hints of subtle espresso and mulberry. The wine has more minerality and precision than the rich, extravagantly opulent 2009, and while that may please some, others will have their patience tested as they wait and wait for this compelling Mouton Rothschild to hit full maturity.

◆ロバート・パーカー氏評:98+点
(『ワイン・アドヴォケイト誌205号』より抜粋)

【ワイン・スペクテイター誌の評価】


This strides in with distinction, starting off with a showy but integrated layer of espresso-infused toast, followed by plush tiers of crushed currant, plum and blackberry fruit interspersed with cocoa and well-roasted cedar notes.

The long, tobacco- and loam-filled finish shows lots of heft, but stays polished. An impressive display of unadulterated, muscular Cabernet Sauvignon.

Best from 2020 through 2045.

◆ワイン・スペクテイター誌評:98点
◆飲み頃予想:2020〜2045年
(『ワイン・スペクテイター誌Mar 31, 2013号』より抜粋)



■ワイン名(原語) Chateaux Mouton Rothschild 2010
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン94% / メルロー6%
■生産者名 シャトー・ムートンロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック
■生産年 2010
■内容量 750ml

4993199043964




【初出し特価】シャトー・ムートン・ロートシルト[2006](赤ワイン)

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

シャトー・ムートン・ロートシルト
[2006](赤ワイン)[J][Y]


商品番号  4997678542719
価格69,800円 (税込 75,384 円) 送料別
残りあと1個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

96〜100点!

待ちに待った、ワインの入荷です♪

ロバート・パーカー氏から、なんと…


『96〜100点!』

という評価をされている、あのボルドー第1級格付けの『ムートン・ロートシルト』です!!

実は、この『2006年』は、あの『世紀のヴィンテージ』と評される『2005年(=96点)』よりも、評価が高いんです!!

そして、毎年変わるラベルの画家は、1922年生まれの英国の画家『ルシアン・フロイド氏』

2006年物のボルドーは、最近、世界のワイン業界で評価が見直されて、ますます評価が上がっています。

この『ムートン・ロートシルト2006』は、『100点』評価をされた、伝説の『1982年物』や、『1986年』のようなワインになる事が出来るのか?

1本持っていても、絶対に損のないワインです。

是非、お早めに、お買い求め下さい!


【ロバート・パーカー氏の評価】

This extraordinary Mouton should turn out to be the finest they have made since the monumental 1982 and 1986.

In early tastings、 Mouton often seems to tag along behind the other first-growths.

Yet in 2006、 there is no question that the Baronne Philippine de Rothschild gave carte blanche authority to her talented administrator、 Philippe Dalhuin、 to turn up the heat in 2006.

Yields were a tiny 32 hectoliters per hectare、 the harvest took place between September 20 and October 15、 and a minuscule 44% of the crop made it into the grand vin (the lowest percentage in more than half a century).

The final blend of 87% Cabernet Sauvignon and 13% Merlot is unusually high in Cabernet Sauvignon、 but it possesses Mouton’s hallmarks of pure creme de cassis and flowers in addition to a toasty oak character.

Profoundly concentrated、 super-textured、 and rich、 Mouton’s powerful、 full-bodied 2006 is unquestionably a strong candidate for the “wine of the vintage.”

Kudos to Mouton’s winemaking team for fashioning this brilliant wine.

Anticipated maturity: 2018-2050.

◆ロバート・パーカー氏評:96〜100点
(ワイン・アドヴォケイト誌170号より)


■ワイン名(原語) Chateau Mouton Rothschild [2006]
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン77%/メルロー11%/カベルネ・フラン10%/プティ・ヴェルド2%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/メドック/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック/メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
■生産年 [2006]
■内容量 750ml

[4582181934924 / 4993199035563 / 4953762584553 / 4997678542719 ]




ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト[2010](赤ワイン)[S]【RCP】

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト
[2010](赤ワイン)[Y][J]


商品番号  4993199044077
価格18,800円 (税込 20,304 円) 送料別
残りあと3個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
数量限定!


恐らく…
ワイン好きなら、この2010年物の入荷を、心待ちに
していたのではないでしょうか?

だって、ファーストのムートン・ロートシルトが、98+点という、超高評価をされた年ですから〜♪

とは言っても、この2010年は、なぜか、入手難で、タカムラへの入荷数も、かなり少ない…(汗)

そのような理由で、入荷数には、かなり限りがあります。

ボルドー好きは、迷わず買った方が、良いと思います!


■ワインアドヴォケイト誌205号より抜粋■


It is a fabulous wine, but if you want to drink something reminiscent of Mouton Rothschild before 2025, it is probably worth taking a look at the 2010 Le Petit Mouton, which seems to be going from strength to strength at this estate. This wine has 14% natural alcohol because there is more Merlot in it. (Merlot is riper and ferments into slightly higher alcohol than Cabernet Sauvignon.) This wine represents 26% of the crop. The creme de cassis character is also present, along with tobacco leaf, cedar, and a more evolved, chocolaty, spicy note. Opulent, fleshy and round, it should drink well for two decades.

◆ロバート・パーカー氏評:91点
◆飲み頃予想:2033



■ワイン名(原語) Le Petit Mouton De Mouton Rothschild [2010]
■色 赤ワイン
■味わい 重口・中渋口
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン68%/メルロー32%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス・ボルドー
■原産地呼称 A.C.ポイヤック
■生産年 [2009]
■内容量 750ml

4582203077523




シャトー・ムートン・ロートシルト[2005](赤ワイン)

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

シャトー・ムートン・ロートシルト[2005](赤ワイン)[J]

商品番号  4993199032975
価格69,800円 (税込 75,384 円) 送料別
残りあと2個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを見る(3件)/ 書く
偉大なる超優良年

世界中のワイン評論家が…


『世紀の偉大なる超優良年!』


と評した、2005年のボルドー。

中でも、ボルドー第1級格付けのムートン・ロートシルトの出来は、素晴らしいものがありました。

なんと、ロバート・パーカー氏が…


『96点!』

という評価をしたのです!!

先述したように、ボルドーの2005年と言えば、『世紀のヴィンテージ』と言われるほどの超優良年。

そして、このボルドー第1級格付けの『シャトー・ムートン・ロートシルト』の2005年の評価も抜群です!

残念ながら…
世界中のワイン収集家からの需要が多く、タカムラへの入荷数も、極僅か(;^^)

そんな訳で、気になる方は、早めにー買って置いた方が、良いかもー!


【ロバート・パーカー氏のコメント】

The 2005 Mouton Rothschild will have to take a back seat to the prodigious 2006、 but administrator Philippe Dalhuin deserves considerable credit for pushing Mouton to higher quality levels over recent years.

A blend of 85% Cabernet Sauvignon and the rest mostly Merlot、 the dark purple-hued 2005 exhibits a restrained but promising nose of cedar、 tobacco leaf、 creme de cassis、 and toasty oak.

Full-bodied、 tannic、 and extremely backward、 with the vintage’s tell-tale acidity、 it appears to be even more closed in the bottle than it was from barrel.

It does possess a long finish and multilayered mouthfeel.

This is an undeniably outstanding、 yet restrained、 shy wine for a Mouton Rothschild.

Anticipated maturity: 2018-2040+

◆ロバート・パーカー氏評:96点
(ワイン・アドヴォケイト誌176号)



【ロバート・パーカー氏の評価】

The 2005 Mouton-Rothschild (a blend of 85% Cabernet Sauvignon、 14% Merlot、 and 1% Cabernet Franc) tips the scales at 13.2% alcohol、 one of the highest percentages ever achieved at this estate.

It does not possess the power or awesome depth of the 1986 or 1982、 but it may represent a modern-day clone of the 1955.

A tannic、 backward、 concentrated、 powerful Mouton built for the ages、 it will require 10-15 years to reach its full potential.

An inky/blue/purple color is accompanied by classic notes of creme de cassis and smoke、 but no trace of new oak.

That in itself is a good indication of how rich and concentrated this wine must be to have absorbed all its oak at this stage of its evolution.

One might also term it 1996-like in style given its fresh acidity and bright personality.

Medium to full-bodied、 impeccably elegant、 powerful yet subtle and reticent at present、 it will be extremely long-lived.

◆ロバート・パーカー氏評:94〜96点
◆飲み頃予想:2015〜2050年+
(ワイン・アドヴォケイト誌164号より)

【ロバート・パーカー氏の評価】

A superb Mouton、 the 2005 is composed of 85% Cabernet Sauvignon、 14% Merlot、 and a dollop of Cabernet Franc.

Under the new administrator、 Philippe Dalhuin、 the strictest selection of any recent vintage was instituted (64% of the production was used)、 and the 2005's 13.5% natural alcohol is one of the highest ever achieved at this estate.

While not as good as the 1986 or 1982、 the 2005 is a brilliant wine offering a classic inky/blue/purple color along with notions of creme de cassis、 licorice、 and sweet oak.

Full-bodied、 powerful、 and exceptionally pure with good underlying acidity as well as a boatload of tannin、 it will approach full maturity between 2015-2020、 and should keep for 40 years.

◆ロバート・パーカー氏評:93〜95点(ワイン・アドヴォケイト誌170号より)

【ワイン・スペクテイター誌の評価】

Lots of currants、 berries and minerals and light toasted oak on the nose.

Full-bodied and very refined、 with lots of silky tannins and a long finish.

Elegant and fine. But should be up with the rest of the first-growths.

Tasted twice、 with consistent notes.

◆ワイン・スペクテイター誌評:92〜94点
(ワイン・スペクテイター誌2006年6月30日号・バレル・テースティング)


■ワイン名(原語) Chateau Mouton Rothschild [2005]
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン77%/メルロー11%/カベルネ・フラン10%/プティ・ヴェルド2%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/メドック/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック/メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
■生産年 [2005]
■内容量 750ml


【sybp】【w1】
[4993199032975/4997678593131/4953762699295]




シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]1500mlマグナム(赤ワイン)[Y]

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

【マグナムボトル♪】
シャトー・ムートン・ロートシルト[2005]
1500mlマグナム(赤ワイン)[Y]
(ワイン(=750ml)10本と同梱可)


商品番号  4582181937741
価格179,000円 (税込 193,320 円) 送料別
残りあと1個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
偉大なる超優良年

世界中のワイン評論家が…


『世紀の偉大なる超優良年!』


と評した、2005年のボルドー。

中でも、ボルドー第1級格付けのムートン・ロートシルトの出来は、素晴らしいものがありました。

なんと、ロバート・パーカー氏が…


『96点!』

という評価をしたのです!!

先述したように、ボルドーの2005年と言えば、『世紀のヴィンテージ』と言われるほどの超優良年。

そして、このボルドー第1級格付けの『シャトー・ムートン・ロートシルト』の2005年の評価も抜群です!

残念ながら…
世界中のワイン収集家からの需要が多く、タカムラへの入荷数も、極僅か(;^^)

そんな訳で、気になる方は、早めにー買って置いた方が、良いかもー!


【ロバート・パーカー氏のコメント】

The 2005 Mouton Rothschild will have to take a back seat to the prodigious 2006、 but administrator Philippe Dalhuin deserves considerable credit for pushing Mouton to higher quality levels over recent years.

A blend of 85% Cabernet Sauvignon and the rest mostly Merlot、 the dark purple-hued 2005 exhibits a restrained but promising nose of cedar、 tobacco leaf、 creme de cassis、 and toasty oak.

Full-bodied、 tannic、 and extremely backward、 with the vintage’s tell-tale acidity、 it appears to be even more closed in the bottle than it was from barrel.

It does possess a long finish and multilayered mouthfeel.

This is an undeniably outstanding、 yet restrained、 shy wine for a Mouton Rothschild.

Anticipated maturity: 2018-2040+

◆ロバート・パーカー氏評:96点
(ワイン・アドヴォケイト誌176号)



【ロバート・パーカー氏の評価】

The 2005 Mouton-Rothschild (a blend of 85% Cabernet Sauvignon、 14% Merlot、 and 1% Cabernet Franc) tips the scales at 13.2% alcohol、 one of the highest percentages ever achieved at this estate.

It does not possess the power or awesome depth of the 1986 or 1982、 but it may represent a modern-day clone of the 1955.

A tannic、 backward、 concentrated、 powerful Mouton built for the ages、 it will require 10-15 years to reach its full potential.

An inky/blue/purple color is accompanied by classic notes of creme de cassis and smoke、 but no trace of new oak.

That in itself is a good indication of how rich and concentrated this wine must be to have absorbed all its oak at this stage of its evolution.

One might also term it 1996-like in style given its fresh acidity and bright personality.

Medium to full-bodied、 impeccably elegant、 powerful yet subtle and reticent at present、 it will be extremely long-lived.

◆ロバート・パーカー氏評:94〜96点
◆飲み頃予想:2015〜2050年+
(ワイン・アドヴォケイト誌164号より)

【ロバート・パーカー氏の評価】

A superb Mouton、 the 2005 is composed of 85% Cabernet Sauvignon、 14% Merlot、 and a dollop of Cabernet Franc.

Under the new administrator、 Philippe Dalhuin、 the strictest selection of any recent vintage was instituted (64% of the production was used)、 and the 2005's 13.5% natural alcohol is one of the highest ever achieved at this estate.

While not as good as the 1986 or 1982、 the 2005 is a brilliant wine offering a classic inky/blue/purple color along with notions of creme de cassis、 licorice、 and sweet oak.

Full-bodied、 powerful、 and exceptionally pure with good underlying acidity as well as a boatload of tannin、 it will approach full maturity between 2015-2020、 and should keep for 40 years.

◆ロバート・パーカー氏評:93〜95点(ワイン・アドヴォケイト誌170号より)

【ワイン・スペクテイター誌の評価】

Lots of currants、 berries and minerals and light toasted oak on the nose.

Full-bodied and very refined、 with lots of silky tannins and a long finish.

Elegant and fine. But should be up with the rest of the first-growths.

Tasted twice、 with consistent notes.

◆ワイン・スペクテイター誌評:92〜94点
(ワイン・スペクテイター誌2006年6月30日号・バレル・テースティング)


■ワイン名(原語) Chateau Mouton Rothschild [2005]
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン77%/メルロー11%/カベルネ・フラン10%/プティ・ヴェルド2%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/メドック/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック/メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
■生産年 [2005]
■内容量 1500ml





シャトー・ムートン・ロートシルト[2008](赤ワイン)

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

シャトー・ムートン・ロートシルト
[2008](赤ワイン)[E][J][Y]


商品番号  4993199038694
価格68,000円 (税込 73,440 円) 送料別
残りあと1個です
個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

いきなり大人気!

ボルドー好きが、待ちに待ったワインが、遂に入荷しました♪

早速、ワイン・スペクテーター誌で、このワインのことを調べてみると…


『リリース価格:1,155ドル』

と書かれており、頭が、クラ〜ッとしました(^_^;)

もしかして…
この価格は、安すぎますか?!

ボルドー好きのお客様は、今すぐ買っておいた方が、良いかも!!

■ワイン名(原語) Chateau Mouton Rothschild [2008]
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン83%/メルロー17%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/メドック/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック/メドック・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセ
■生産年 [2008]
■内容量 750ml

4997678405908




ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト[2009](赤ワイン)[S][J]

[+] 画像を拡大する

【エントリー&いいね!で、全員ポイント5倍!】
(〜8月26日9:59迄)

ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト
[2009](赤ワイン)[S][J][Y]


商品番号  4993199041953
価格13,800円 (税込 14,904 円) 送料別
完売御礼、ご好評有難うございました。

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを見る(1件)/ 書く
『今まで味わった中で、最高!』

近年のヴィンテージの中だけでなく、ボルドーの歴史の中でも、その素晴らしさが、語り継がれる事になるであろう、
2009年ヴィンテージ。

現地ボルドーで行われる《プリムール試飲》の時から、話題騒然でしたが、瓶詰め後、更に評価上がるシャトーが多く、一層、世の注目を集めています。

そんな2009年ヴィンテージ、注目のワインが、続々日本に届き始めています♪

今回は、そんな中でも、毎年根強い人気の、シャトー・ムートン・ロートシルトのセカンド、ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト2009をご紹介します!

他のセカンドより、生産量が少ないそうで、見かける機会もグッと少ない、このセカンド。

毎年、楽しみにされている方も、いらっしゃるようです。

しかも、今回ご紹介は、2009年!

なんと、ファーストのシャトー・ムートン・ロートシルト2009は、《99+点》という、限りなく100点に近い評価を得て、更に、注目度が上がっています!


■『ワイン・アドボケイト誌199号』より抜粋■


※シャトー・ムートン・ロートシルト2009の評価です。

The 2009 Mouton Rothschild has a striking label from Anish Kapoor. The wine is a blend of 88% Cabernet Sauvignon and 12% Merlot that begs comparison as a young wine with what the 1982 tasted like in 1985 or, I suspect, what the 1959 may have tasted like in 1962.

Representing 50% of their production, the wine has an inky purple color to the rim and not terribly high alcohol for a 2009 (13.2%), but that is reflected by the high percentage of Cabernet Sauvignon.

It has a remarkable nose of lead pencil shavings, violets, creme de cassis and subtle barrique smells. It is stunningly opulent, fat, and super-concentrated, but the luxurious fruit tends to conceal some rather formidable tannins in the finish.

This is an amazing wine that will be slightly more drinkable at an earlier age than I thought from barrel, but capable of lasting 50 or more years. Kudos to the Baroness Philippine de Rothschild and the entire Mouton team, lead by Monsieur Dalhuin.

◆ロバート・パーカー氏評:99+点


そして、セカンドの、ル・プティ・ムートン2009にも…

『今まで味わった中で、最高のル・プティ・ムートン』

と、その出来栄えに、惜しみない賛辞を与えています!

1級格付けのセカンドの中では、比較的手の届きやすい価格というのも、嬉しいところ♪

注目のセカンド、ご紹介します!


■『ワイン・アドボケイト誌199号』より抜粋■


The 2009 vintage is administrator Philippe Dalhuin's finest effort to date.

I don-t think I have ever enjoyed a Le Petit Mouton (which represents 27% of their total production) more than his 2009, which is a blend of 63% Cabernet Sauvignon, 22% Merlot and 15% Cabernet Franc. Dense ruby/purple, with plenty of ripeness, it displays the famous Mouton creme de cassis intermixed with spring flowers, licorice and some background forest floor notes.

This beauty can be drunk now or cellared for 15 or more years.

◆ロバート・パーカー氏評:90点


4997678416812/0400003063550

■ワイン名(原語) Le Petit Mouton de Mouton Rothschild [2009]
■色 赤ワイン
■味わい フルボディ
■ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン88%/メルロー12%
■生産者名 GFA バロンヌ・フィリップ・ド・ロートシルト
■産地 フランス/ボルドー/メドック/ポイヤック
■原産地呼称 A.O.C.ポイヤック
■生産年 [2009]
■内容量 750ml

4997678416812





 お気に入りページに追加