ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

北海道産小豆(あずき)


<
 

水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。

「小豆(あずき)」


小豆 大納言小豆
和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。



竜骨弁を侍つ5弁花 竜骨弁を侍つ5弁花
北海道6月の育成状況 北海道7月の育成状況
北海道8月の育成状況 北海道9月の育成状況


2014年度産北海道産小豆(あずき)【200g】【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応・宅急便コンパクト選択時一配送4個までご対応】(あずき茶)


2016年度産北海道産小豆(あずき)【200g】【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応・宅急便コンパクト選択時一配送4個までご対応】(あずき茶)

商品番号  b0089-001
価格250円 (税込 270 円) 送料別
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと66個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
  • メール便
原産国:日本北海道北斗市産
原材料:小豆(あずき)
形態:袋入り
賞味期限:360日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。


和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。


非常に栄養価が高く、豆全体として、高たんぱく低脂肪で
非常に体に良い食品です。
上質なものは豆自身に甘み旨みをふんだに含み非常に美味しく、
バランスのとれた素晴らしい食品です。


大津屋の扱う豆の等級は違います!!

どこの業界でもそうですが一見のお客様よりも
いつも買うお得意様を優遇します。

60年以上の産地とのお付き合いがあり、
特別に手選別から再度の選別をしてもらった商品を販売しております。

また北海道産(北海道全体で取れた豆を集めて混ぜる)
ではなく、北海道の上富良野産というように
産地は地区で作られたものを扱っています。
これにより、商品の均一化がよりよくなり、煮えムラがほとんどなく、
非常に素晴らしい煮あがりをします。



猫店長の簡単な煮かた?

1)豆をよく洗ってください。
2)三倍以上の水に浸して各豆ごとの浸水時間を目安に十分水を含ませてください。
3)水を捨てて新しく、たっぷりの水で弱火でゆっくり煮てください。
4)しっかりと煮えたら砂糖ほかお好みの調味料にて味付けをしてください。
5)豆に味が染み込んだら出来上がりです!


手選別品ですが、中には割れや粒先がいかにも未発達なものがたまに含まれていると きがあります。
これらはムラの原因になりますのできずきましたら弾いてください。

三倍以上の水たっぷりな状態で浸水させ、豆に水を含ませてください。
水が足らないとムラができ たりします。よく水を吸って水面から豆が出てしまいますと煮えムラの原因になります。

煮ている状態で水面から豆が出ますと煮えムラの原因になります。
落し蓋など便利な道具もありますが気にしながらゆっくり煮てください。

★ゆでているとき煮えムラがありそうだな?

と思ったときは火を止めて蓋をして一晩蒸らしてください。
これでだいたい均等になります。
砂糖はムラがなくなってから加えてください。

重曹を使う場合

水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
3)以降同じ要領で煮てください。

もっと硬そうだな?と思った場合!

高原花豆のように粒先が大きい場合などに
水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
再度重曹を入れ、三倍以上の水にて煮てください。
沸騰5分ほどで豆をよく洗ってください。
3)以降で煮てください。

重曹をよく洗い流さないと苦味が残る場合がございます。
重曹を使用の場合しっかり洗い流してください。

豆の賞味期限は?

豆は乾燥させたもので完全な保存食です。
弊社ではベストクオリティーとして300日をつけさせていただいておりますが
基本的には何年前のものでも問題なく食べれます。
ただし、豆を混ぜて煮ると煮えムラの原因になりますので混ぜるのはやめてください。

豆の保存は?

PP袋で発送させていただいておりますが
豆は生き物と同じなので呼吸ができるよう
開封してください。
冬の間は問題ないのですが、低農薬のため虫が出る場合がありますので
涼しく、湿気・直射日光のない場所で保管ください。

発芽はしますか?
発芽はしますが、実がなるかどうかは保証できません。




2016年度産十勝産北海道産小豆(あずき)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)


2016年度産 十勝産 北海道産小豆(あずき)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)

商品番号  b0090-005
価格800円 (税込 864 円) 送料別
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと89個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
内容量:1000g
原産国:日本北海道十勝産
原材料:小豆(あずき)
形態:袋入り
賞味期限:360日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。 水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。


和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。


非常に栄養価が高く、豆全体として、高たんぱく低脂肪で
非常に体に良い食品です。
上質なものは豆自身に甘み旨みをふんだに含み非常に美味しく、
バランスのとれた素晴らしい食品です。


大津屋の扱う豆の等級は違います!!

どこの業界でもそうですが一見のお客様よりも
いつも買うお得意様を優遇します。

60年以上の産地とのお付き合いがあり、
特別に手選別から再度の選別をしてもらった商品を販売しております。

また北海道産(北海道全体で取れた豆を集めて混ぜる)
ではなく、北海道の上富良野産というように
産地は地区で作られたものを扱っています。
これにより、商品の均一化がよりよくなり、煮えムラがほとんどなく、
非常に素晴らしい煮あがりをします。



猫店長の簡単な煮かた?

1)豆をよく洗ってください。
2)三倍以上の水に浸して各豆ごとの浸水時間を目安に十分水を含ませてください。
3)水を捨てて新しく、たっぷりの水で弱火でゆっくり煮てください。
4)しっかりと煮えたら砂糖ほかお好みの調味料にて味付けをしてください。
5)豆に味が染み込んだら出来上がりです!


手選別品ですが、中には割れや粒先がいかにも未発達なものがたまに含まれていると きがあります。
これらはムラの原因になりますのできずきましたら弾いてください。

三倍以上の水たっぷりな状態で浸水させ、豆に水を含ませてください。
水が足らないとムラができ たりします。よく水を吸って水面から豆が出てしまいますと煮えムラの原因になります。

煮ている状態で水面から豆が出ますと煮えムラの原因になります。
落し蓋など便利な道具もありますが気にしながらゆっくり煮てください。

★ゆでているとき煮えムラがありそうだな?

と思ったときは火を止めて蓋をして一晩蒸らしてください。
これでだいたい均等になります。
砂糖はムラがなくなってから加えてください。

重曹を使う場合

水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
3)以降同じ要領で煮てください。

もっと硬そうだな?と思った場合!

高原花豆のように粒先が大きい場合などに
水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
再度重曹を入れ、三倍以上の水にて煮てください。
沸騰5分ほどで豆をよく洗ってください。
3)以降で煮てください。

重曹をよく洗い流さないと苦味が残る場合がございます。
重曹を使用の場合しっかり洗い流してください。

豆の賞味期限は?

豆は乾燥させたもので完全な保存食です。
弊社ではベストクオリティーとして300日をつけさせていただいておりますが
基本的には何年前のものでも問題なく食べれます。
ただし、豆を混ぜて煮ると煮えムラの原因になりますので混ぜるのはやめてください。

豆の保存は?

PP袋で発送させていただいておりますが
豆は生き物と同じなので呼吸ができるよう
開封してください。
冬の間は問題ないのですが、低農薬のため虫が出る場合がありますので
涼しく、湿気・直射日光のない場所で保管ください。

発芽はしますか?
発芽はしますが、実がなるかどうかは保証できません。




【F対象商品12点購入で送料無料】2016年度産北海道産小豆(あずき)【500g】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送2個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)(あずき茶)


【F対象商品12点購入で送料無料】2016年度産北海道産小豆(あずき)【500g】【配送方法メール便選択時一配送商品1個まで対応ご対応・宅急便コンパクト選択時一配送2個までご対応】

商品番号  b0089
価格495円 (税込 535 円) 送料別
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと33個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
  • メール便
内容量:500g
原産国:日本北海道北斗市産
原材料:小豆(あずき)
形態:袋入り
賞味期限:360日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。


和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。


非常に栄養価が高く、豆全体として、高たんぱく低脂肪で
非常に体に良い食品です。
上質なものは豆自身に甘み旨みをふんだに含み非常に美味しく、
バランスのとれた素晴らしい食品です。


大津屋の扱う豆の等級は違います!!

どこの業界でもそうですが一見のお客様よりも
いつも買うお得意様を優遇します。

60年以上の産地とのお付き合いがあり、
特別に手選別から再度の選別をしてもらった商品を販売しております。

また北海道産(北海道全体で取れた豆を集めて混ぜる)
ではなく、北海道の上富良野産というように
産地は地区で作られたものを扱っています。
これにより、商品の均一化がよりよくなり、煮えムラがほとんどなく、
非常に素晴らしい煮あがりをします。



猫店長の簡単な煮かた?

1)豆をよく洗ってください。
2)三倍以上の水に浸して各豆ごとの浸水時間を目安に十分水を含ませてください。
3)水を捨てて新しく、たっぷりの水で弱火でゆっくり煮てください。
4)しっかりと煮えたら砂糖ほかお好みの調味料にて味付けをしてください。
5)豆に味が染み込んだら出来上がりです!


手選別品ですが、中には割れや粒先がいかにも未発達なものがたまに含まれていると きがあります。
これらはムラの原因になりますのできずきましたら弾いてください。

三倍以上の水たっぷりな状態で浸水させ、豆に水を含ませてください。
水が足らないとムラができ たりします。よく水を吸って水面から豆が出てしまいますと煮えムラの原因になります。

煮ている状態で水面から豆が出ますと煮えムラの原因になります。
落し蓋など便利な道具もありますが気にしながらゆっくり煮てください。

★ゆでているとき煮えムラがありそうだな?

と思ったときは火を止めて蓋をして一晩蒸らしてください。
これでだいたい均等になります。
砂糖はムラがなくなってから加えてください。

重曹を使う場合

水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
3)以降同じ要領で煮てください。

もっと硬そうだな?と思った場合!

高原花豆のように粒先が大きい場合などに
水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
再度重曹を入れ、三倍以上の水にて煮てください。
沸騰5分ほどで豆をよく洗ってください。
3)以降で煮てください。

重曹をよく洗い流さないと苦味が残る場合がございます。
重曹を使用の場合しっかり洗い流してください。

豆の賞味期限は?

豆は乾燥させたもので完全な保存食です。
弊社ではベストクオリティーとして300日をつけさせていただいておりますが
基本的には何年前のものでも問題なく食べれます。
ただし、豆を混ぜて煮ると煮えムラの原因になりますので混ぜるのはやめてください。

豆の保存は?

PP袋で発送させていただいておりますが
豆は生き物と同じなので呼吸ができるよう
開封してください。
冬の間は問題ないのですが、低農薬のため虫が出る場合がありますので
涼しく、湿気・直射日光のない場所で保管ください。

発芽はしますか?
発芽はしますが、実がなるかどうかは保証できません。




2016年度産北海道産小豆(あずき)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)


2016年度産北海道産小豆(あずき)【1kg】【配送方法宅急便コンパクト選択時一配送1個までご対応】(大変申し訳ございませんがメール便非対応商品の為メール便でのご注文時宅配便料金に訂正させていただきます。)

商品番号  b0090
価格930円 (税込 1,004 円) 送料別
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと25個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
※「あす楽」がご利用可能な配送方法は宅配便、小型宅配便です。
翌日配達
13:00までのご注文で翌日お届けします
利用条件
水曜日定休  メール便でのご発送はあす楽非対応になります。
対象の配送方法
宅配便・小型宅配便
対象エリア
東北
青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島
甲信越
新潟・長野・山梨
関東
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
北陸
富山・石川・福井
東海
愛知・岐阜・静岡・三重
関西
大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
中国
鳥取・島根・岡山・広島・山口
四国
徳島・香川・愛媛・高知
内容量:1000g
原産国:日本北海道北斗市産
原材料:小豆(あずき)
形態:袋入り
賞味期限:360日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。 水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。


和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。


非常に栄養価が高く、豆全体として、高たんぱく低脂肪で
非常に体に良い食品です。
上質なものは豆自身に甘み旨みをふんだに含み非常に美味しく、
バランスのとれた素晴らしい食品です。


大津屋の扱う豆の等級は違います!!

どこの業界でもそうですが一見のお客様よりも
いつも買うお得意様を優遇します。

60年以上の産地とのお付き合いがあり、
特別に手選別から再度の選別をしてもらった商品を販売しております。

また北海道産(北海道全体で取れた豆を集めて混ぜる)
ではなく、北海道の上富良野産というように
産地は地区で作られたものを扱っています。
これにより、商品の均一化がよりよくなり、煮えムラがほとんどなく、
非常に素晴らしい煮あがりをします。



猫店長の簡単な煮かた?

1)豆をよく洗ってください。
2)三倍以上の水に浸して各豆ごとの浸水時間を目安に十分水を含ませてください。
3)水を捨てて新しく、たっぷりの水で弱火でゆっくり煮てください。
4)しっかりと煮えたら砂糖ほかお好みの調味料にて味付けをしてください。
5)豆に味が染み込んだら出来上がりです!


手選別品ですが、中には割れや粒先がいかにも未発達なものがたまに含まれていると きがあります。
これらはムラの原因になりますのできずきましたら弾いてください。

三倍以上の水たっぷりな状態で浸水させ、豆に水を含ませてください。
水が足らないとムラができ たりします。よく水を吸って水面から豆が出てしまいますと煮えムラの原因になります。

煮ている状態で水面から豆が出ますと煮えムラの原因になります。
落し蓋など便利な道具もありますが気にしながらゆっくり煮てください。

★ゆでているとき煮えムラがありそうだな?

と思ったときは火を止めて蓋をして一晩蒸らしてください。
これでだいたい均等になります。
砂糖はムラがなくなってから加えてください。

重曹を使う場合

水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
3)以降同じ要領で煮てください。

もっと硬そうだな?と思った場合!

高原花豆のように粒先が大きい場合などに
水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
再度重曹を入れ、三倍以上の水にて煮てください。
沸騰5分ほどで豆をよく洗ってください。
3)以降で煮てください。

重曹をよく洗い流さないと苦味が残る場合がございます。
重曹を使用の場合しっかり洗い流してください。

豆の賞味期限は?

豆は乾燥させたもので完全な保存食です。
弊社ではベストクオリティーとして300日をつけさせていただいておりますが
基本的には何年前のものでも問題なく食べれます。
ただし、豆を混ぜて煮ると煮えムラの原因になりますので混ぜるのはやめてください。

豆の保存は?

PP袋で発送させていただいておりますが
豆は生き物と同じなので呼吸ができるよう
開封してください。
冬の間は問題ないのですが、低農薬のため虫が出る場合がありますので
涼しく、湿気・直射日光のない場所で保管ください。

発芽はしますか?
発芽はしますが、実がなるかどうかは保証できません。




【送料無料・同梱包可・業務用】2014年産北海道産小豆【1kg×10】


【送料無料・同梱包可・業務用】2016年産北海道産小豆【1kg×10】

商品番号  bfr17
価格9,000円 (税込 9,720 円) 送料無料
当日〜4日出荷予定(水曜定休)
残りあと45個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • ロッカー受取
内容量:1000g×10
原産国:北海道北斗市
原材料:小豆
形態:袋入り
賞味期限:300日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。
同梱包可能
北海道・本州・四国・九州送料無料とさせていただきます。
申し訳ございませんが沖縄・離島扱いは適応外とさせていただきます。
水浸時間一晩(約8時間)
水は豆の約3倍の量で浸す。
ゆで時間約1時間
圧力鍋を使うと短時間で仕上がります。
軟らかくなったら味付けをして下さい。
餡子(あんこ)・お汁粉・茹で小豆等を作るのに最適です。


和名:アズキ、ショウズ
漢名:小豆、赤小豆
英名/adzuki(azuki)bean,small red bean
性状/ササゲ属(vigna)アズキ亜属
(Ceratotropis)に属する1年生草本。
以前はインゲンマメ属(Phaseolus)やアズキ属(Azuki)に入れられていたことがありました。
蔓無しで直立する品種が多いのですが、蔓性もあります。
花ぱ黄色の蝶形で、ささげのように左右対象でなく、柱頭と雌蕊を包む捻れ竜骨弁を侍つ5弁花です。
莢の長さは6〜12cm、中に6〜8イ固の種子を特ちます。
種子の長さは、特定の品種群の大納言で7〜9mm、その他の普通のあずきで6〜7mmくらいです。
種皮色の多くは赤褐色のいわゆるあずき色で、この他、黒、白、緑、茶灰白や斑紋、白地赤斑などもあります。
あずきの親戚には、リョクトウ、ケツルアズキなどがあります。


小豆の表記は漢語で、和名(大和言葉)は「あずき」「あづき」です。
平安時代の「本草和名」では漢字の「赤小豆」を「阿加阿都岐」と表記しています。
あずきの名の由来は、江戸時代の学者、貝原益軒の「大和本草」によれば、
「あ」は「赤色」「つき」及び「ずき」は「溶ける」の意味があり、
赤くて早く柔らかくなるということから「あずき」になったとしています。
他にも、「崖崩れ」「崩れやすい所」の意味の「あず」「あづ」から、
煮くずれし易い豆の意味で付けられたとする説や、「赤粒木(あかつぶき)」が転じてあずきとなったとする説もあります。
原産地は一般に東アジアと考えられていますが、
最近、祖先野生種と考えられているヤブツルアズキが日本、朝鮮半島、中国から
ヒマラヤにいたる広い地域に分布していることが明らかになったことから、栽培化が起こった地域を再検討する必要が出ています。

日本の主要産地は北海道で、国内生産量の8割を占めます。
また、輸入ものは主として中国から天津小豆、東北小豆などの銘柄で輸入されています。
日本では、縄文時代から古墳時代前期までの遺跡からあずきの炭化種子が発見されており、
奈良時代初期の「古事記」に初めてその名が登場します。
あずきは古来から人々の生活と密接に結びついた豆で、
中国、朝鮮ではあずきの赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、行事や儀式などに供されてきました。
これらの習俗は中国に始まり、朝鮮半島を経て伝えられたとされています。
また、薬用としても使われたようで、中国の明の時代の『本草綱目』の中に、あずきの効能や処方が記されています。

あずきの大半を占める普通のあずきには「エリモショウズ」「きたのおとめ」「サホロショウズ」などの品種があり、
作付面積は「エリモショウズ」が約7割を占めています。
あずきのほとんどは絹や菓子の原料になり、和菓子、冷菓、菓子パン、汁粉、ゆであずきなどに用いられます。


あずきの中で、特に大粒で、煮ても腹切れしにくい特定の品種群は「大納言」と呼ばれて、
流通・加工上、普通のあずきと別扱いされ、一般的にあずきと言う場合は、大納言以外の普通のあずきを指します。
大納言は、あずきの中の特定の品種群ですが、その名前の由来は、
「煮ても皮が腹切れしにくいことから、切腹の習慣がない公卿の官位である大納言と名付けられた」とも言われます。
江戸時代には、「大納言」より小粒で「中納言」、「小納言」と名付けられた品種もあり、現在も一部地域に残っています。
大納言の栽培面積が一番多いのは北海道ですが、兵庫県、京都府で栽培されている「丹波大納言」は種皮が赤く、
大粒で俵型をしており、江戸時代から知られていました。現在、北海道で栽培されている品種には、
「アカネダイナゴン」、「ほくと大納言」などがあり、兵庫県、京都府にはそれぞれ「丹波大納言」「京都大納言」などの品種があります。
大納言は大粒で、煮くずれしにくいことなどから甘納豆や小倉絹の高級原料として用いられます。


非常に栄養価が高く、豆全体として、高たんぱく低脂肪で
非常に体に良い食品です。
上質なものは豆自身に甘み旨みをふんだに含み非常に美味しく、
バランスのとれた素晴らしい食品です。


大津屋の扱う豆の等級は違います!!

どこの業界でもそうですが一見のお客様よりも
いつも買うお得意様を優遇します。

60年以上の産地とのお付き合いがあり、
特別に手選別から再度の選別をしてもらった商品を販売しております。

また北海道産(北海道全体で取れた豆を集めて混ぜる)
ではなく、北海道の上富良野産というように
産地は地区で作られたものを扱っています。
これにより、商品の均一化がよりよくなり、煮えムラがほとんどなく、
非常に素晴らしい煮あがりをします。



猫店長の簡単な煮かた?

1)豆をよく洗ってください。
2)三倍以上の水に浸して各豆ごとの浸水時間を目安に十分水を含ませてください。
3)水を捨てて新しく、たっぷりの水で弱火でゆっくり煮てください。
4)しっかりと煮えたら砂糖ほかお好みの調味料にて味付けをしてください。
5)豆に味が染み込んだら出来上がりです!


手選別品ですが、中には割れや粒先がいかにも未発達なものがたまに含まれていると きがあります。
これらはムラの原因になりますのできずきましたら弾いてください。

三倍以上の水たっぷりな状態で浸水させ、豆に水を含ませてください。
水が足らないとムラができ たりします。よく水を吸って水面から豆が出てしまいますと煮えムラの原因になります。

煮ている状態で水面から豆が出ますと煮えムラの原因になります。
落し蓋など便利な道具もありますが気にしながらゆっくり煮てください。

★ゆでているとき煮えムラがありそうだな?

と思ったときは火を止めて蓋をして一晩蒸らしてください。
これでだいたい均等になります。
砂糖はムラがなくなってから加えてください。

重曹を使う場合

水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
3)以降同じ要領で煮てください。

もっと硬そうだな?と思った場合!

高原花豆のように粒先が大きい場合などに
水洗いをし、三倍以上の水で浸水させるときに大匙1杯をいれてください。
浸水が終わり重曹水を捨て、豆を良く洗ってください。
再度重曹を入れ、三倍以上の水にて煮てください。
沸騰5分ほどで豆をよく洗ってください。
3)以降で煮てください。

重曹をよく洗い流さないと苦味が残る場合がございます。
重曹を使用の場合しっかり洗い流してください。

豆の賞味期限は?

豆は乾燥させたもので完全な保存食です。
弊社ではベストクオリティーとして300日をつけさせていただいておりますが
基本的には何年前のものでも問題なく食べれます。
ただし、豆を混ぜて煮ると煮えムラの原因になりますので混ぜるのはやめてください。

豆の保存は?

PP袋で発送させていただいておりますが
豆は生き物と同じなので呼吸ができるよう
開封してください。
冬の間は問題ないのですが、低農薬のため虫が出る場合がありますので
涼しく、湿気・直射日光のない場所で保管ください。

発芽はしますか?
発芽はしますが、実がなるかどうかは保証できません。




 お気に入りページに追加