ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

グレゴリー gregory テールメイトS インダストリアルリップベージュ [select-shop][楽ギフ_包…

カテゴリトップ > ブランド一覧(A〜J) > GREGORY グレゴリー
カテゴリトップ > 価格別 > 5000円〜10000円
カテゴリトップ > アウトドア > バッグ > ウエストバッグ
カテゴリトップ > ブランド一覧(A〜J) > GREGORY グレゴリー > CLASSIC シリーズ > TAILMATE S

グレゴリーgregoryテールメイトSインダストリアルリップベージュ[select-shop][楽ギフ_包装][送料無料]


グレゴリー gregory [送料無料]リュック/バックパック/カバン/鞄
グレゴリー gregory テールメイトS インダストリアルリップベージュ [select-shop][楽ギフ_包装][送料無料][ポイント10倍〜11月7日10:00まで]


ブランド グレゴリー gregory
備考 原産国:フィリピン
表地: 420Dナイロン / 500Dナイロン / 600Dポリエステル / ダイニーマ / 500Dナイロン / 1680Dナイロン / コットン/ポリエステル
タテ16cmxヨコ39.5cmxマチ13cm
ポケットの数:2(外側1/内側1)
重量:410g




MODEL:グレゴリー gregory テールメイトS インダストリアルリップベージュ g-93-08j-05038





商品番号  g-93-08j-05038
価格9,000円 (税込 9,720 円) 送料無料
入荷後、2日以内に発送
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く



新たに内部にジッパー式メッシュポケットがつきましたが、20年以上前に発売されて以来、基本デザインが変わらない定番のウエストパックです。

特徴的な楕円形のアウトラインに、フロントにはジッパーポケットが付いています。

タウンユースは勿論MTBなどのアクティビティーでも活躍します。




グレゴリー(Gregory)はカリフォルニアで生まれ たバックパックのブランドです。今まで30年以上、最高の背負い心地と品質、機能性 を追求した製品をつくり続けている歴史あるブランドです。

創業者のウェイン・グレゴリー(GREGORY)は14歳の時にボーイスカウトプロジェクトの一環として、ウェイン・グレゴリー(GREGORY)の初めてのバックパックとなる木製フレームパックを自作した。ウェイン・グレゴリー(GREGORY)のパックの完成度は高く、アドベンチャー16のオーナーであったアンディー・ドロリンガーにモノづくりへの情熱と才能を見込まれたウェイン・グレゴリー(GREGORY)はアドベンチャー16の2番目の従業員として誘われて、以来、数年間を工場で働く事になった。

ウェイン・グレゴリー(GREGORY)が22歳の時、妻スージーと2人でバックパック会社となるサンバード社を設立した。ウェイン・グレゴリー(GREGORY)は今までにないデザインと機能を持ち合わせたエクスターナルフレームパックの製作を目指した。しかし1973年にはサンバード社を解散した。その後、フリーのデザイナーとして寝袋、テント、テクニカルウェアなども手掛ける様になった。数々のアウトドア・メーカーの為に様々なギアを製作し、技術や知識、経験をさらに高めて行った。ウェイン・グレゴリー(GREGORY)はエクスターナルフレームパックに限界を感じ、これまでにないパックを求める新しい流れがウェイン・グレゴリー(GREGORY)のパックデザインへの思いを再び駆り立てることになった。「作りたいのはバックパックだ」と、自分の心の中にある情熱を改めて確認し、再びバックパック専門の会社を始めることを決意した。1977年にサンディエゴに「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」社を設立しました。それ以来30年間に渡り、本社と生産拠点を南カリフォルニアにして活動を展開している。ウェイン・グレゴリー(GREGORY)は当初、店裏でパック作りをし、店先で顧客を捕まえてはテクニカルな話題で話し込むのが日課でした。そして、マウンテンガイドや一般顧客からのフィードバックを基に新しいアイデアを製品作りに盛り込んで行くのだった。

ウェイン・グレゴリー(GREGORY)はバックパックビジネスにおいてフィッティングが何にも勝り重要な物と確信していた。グレゴリー社の革新的なアイデア、人間工学に基づいたデザイン、最高品質へのこだわり・・・。この情熱は冷める事なく、今日に至るまで最新のパック開発に反映されている。ウェイン・グレゴリー(GREGORY)が目指す、より快適な背負い心地、フィット感、耐久性、機能性を常に追求し、進化を与え続け、それを背負う皆を驚かせ続けている。