今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

銃刀法について

看板・カテゴリー モバイル お問い合わせ カートを見る 楽天市場初心者ガイド 銃刀法について アフェリエイト 土佐刃物とは? 始めてのお客様へ 商品一覧 お支払について 会社概要 あす楽

夏期休業のお知らせ

商品検索

予算で探す
自然を楽しもう。アウトドア大特集

予算で探す
予算で探す 価格を指定しない
予算で探す 〜 2,999円
予算で探す 3,000 〜 4,999円
予算で探す 5,000 〜 7,999円
予算で探す 8,000 〜 10,000円
予算で探す 10,000 〜 50,000円
予算で探す 50,000 〜 120,000円
予算で探す 120.000 〜 1.000.000円

商品一覧
薪割り斧 狩猟 包丁 和式刃物 ハンドメイドキット カスタムナイフ あす楽商品 メンテナンス材 狩猟 メンテナンス材 和式刃物 薪割り斧 ハンドメイドキット 包丁 農山林刃物
狩猟 メンテナンス材 和式刃物 薪割り斧 ハンドメイドキット 包丁 農山林刃物 カスタムナイフ
狩猟

土佐鍛錬シリーズ
豊国倶楽部
マスコミ掲載

農山林刃物
薪割り斧

庖丁
和式刃物
キット
カスタムナイフ

メンテナンス
あす楽

受賞歴
お客様のレビュー
メルマガ登録はコチラ

トヨクニ・プレゼント
プレゼント応募
当選者発表

職人
職人紹介 【三代目豊国】 濱口高輝 【四代目晶之】 濱口誠 【二代目豊国】 濱口大輔 三代目晶之 濱口虎吉

■ 初めての方へ
■ 商品について
■ 銃刀法について
■ 土佐刃物とは
■ 包丁の研ぎ方
■ 剣鉈の研ぎ方

営業日カレンダー
2016年7月
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
2016年8月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
休業日

ブログ
 
四代目晶之作・ブログ

モバイルサイト
トヨクニ楽天・モバイルサイト

土佐鍛錬シリーズ
 
豊国倶楽部

離島へのお届けについて 【北海道・沖縄・他離島】
あす楽について
アフェリエイト

トヨクニ・オークション出品中!

 


※新作※晶之作 土佐国猟師剣鉈が販売スタート!

銃刀法について
銃刀法について
銃刀法について







銃砲刀剣類所持等取締法【第5条〜】銃砲刀剣類所持等取締法【第10条〜】銃砲刀剣類所持等取締法【第17条〜】
銃砲刀剣類所持等取締法【第25条〜】    


銃砲刀剣類所持等取締法とナイフ(JKG資料)


私達が使用し、製作し、売買しまたはコレクションしているナイフは銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)を主とする法律によって規制されていることは皆様ご承知の通りです。しかしその詳細については情報も少なく、正確な知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。JKGはその設立目的に「ナイフ及びナイフの使用に対する正しい知識の普及」をかがげています。会員は法を遵守することはもちろん、誤解や疑いを招くような扱いを避けなければなりません。法律の精神をより高い水準で捉えるように努力し、「健全な趣味」としてのナイフを一般の方々にも理解してもらうことが必要と思われます。

「銃刀法」という法律

銃砲刀剣類は利用目的は多様であり、中には社会生活上欠くことのできない物もありますが、自由に所持できることになると、凶器として使用される可能性が大きくなります。殺人、傷害、強盗などの凶悪犯罪に使用されるだけでなく、内乱、騒擾などの国家の存立を危うくするような犯罪にも供用され、治安上重大な結果を招くことにもなりかねません。また犯罪以外の事故による危害も無視できません。このような銃砲刀剣類の所持に関し、危害予防上必要な規制をし、公共の安全を確保するために昭和33年に制定されました。ここでは銃刀法とそれに関連する法令から刃物に関係する部分を抜粋して説明します。

「刀剣類」「模造刀剣類」「刃物」という概念

1.「刀剣類」の定義

銃刀法では次のようなものを「刀剣類」としてその所持を禁止しています。

ア. 刃渡り15cm以上の「刀」

イ. 刃渡り15cm以上の「剣」

ウ. 刃渡り15cm以上の「やり」

エ. 刃渡り15cm以上の「なぎなた」

オ. 「あいくち」

カ. 45度以上に自動的に開刃する装置を有する「飛び出しナイフ」(例外規定あり)

特に「あいくち」については「刀」「剣」「やり」「なぎなた」と異なり、「刃渡り15cm以上」という規定がありません。短いものでも規制の対象になります。治安情勢の悪化から昭和30年旧法令改正時、刃渡りの制限を無くしたのです。
これに違反すると大変重い罰則があります。「許可なく所持する者は3年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられる」(第13条の4)ただしこれに該当しなくても第22条による規制を受ける場合もあります。

2.「模造刀剣類」

法22条「何人も業務その他の正当な理由による場合を除いては模造刀剣類を携帯してはならない。」
模造刀剣類は「総理府令で定めるもの」として、金属製であって「刀」「剣」「やり」「なぎなた」もしくは「あいくち」に著しく類似する形態を有するものまたは飛び出しナイフに著しく類似する形態及び構造を有するものとなっています。
「著しく類似する形態を有するもの」とは、通常人の注意力をもってしては、本物の刀剣類と区別することができない程度に外観上の類似性があることを言います。一見して小児玩具とわかるものなどは該当しません。

「刀剣類」であるための要件

ア. 人畜を殺傷する能力があること。

イ. 形式(形態)刀剣類であること。

ウ. 鋼質性であること。(ステンレススチールなどの合金鋼も含みます)

3.「刃物」

「何人も業務その他正当な理由による場合を除いては刃体の長さが6センチを超える刃物を携帯してはならない。」違反は1年以下の懲役または3万円以下の罰金に処せられます。「刃物」とは人を殺傷する能力のある片刃または両刃の鋼質性の用具で刀剣類以外のものを言います。
日常生活でその用途が認められているものであってもすべてが「刃物」となります。
6cm以上の「刃物」も所持は禁止されていません。
また正当な理由があれば「携帯」してもよいのですが、疑い(容疑)をかけられないように、使用しないときは厳重に梱包し、むきだしでベルトにつけたり、裸のままポケットに入れたりしないでください。



「所持」と「携帯」の違い

「所持」とは「そのものを自己の支配し得うべき状態に置くことを言う。」とされています。単に「所有」する場合だけでなく、他人のナイフを預ったり、修理のために委託されたナイフを保管する場合も該当します。またナイフを購入し、あとで所持していることを忘れてしまった場合でも所持となります。「所持」の態様としては「保管」「携帯」「運搬」などがあります。「携帯」とは屋内、屋外を問わず、所持者自身が手に持つかまたは身体に帯びるか、その他これに近い状態で現に携えていると認められるような場合をいいます。ただし日常生活を営む自宅ないし居室内での携帯は含みません。運転中の自動車の中にナイフがあれば携帯です。正当な理由があって携帯する場合でも厳重に梱包し、すぐ取り出せないようにする配慮が必要です。なお、刃体長6センチ以下の刃物なら携帯は完全に自由かと言うとそうではありません。他人が携帯しているナイフの刃体長が6.1センチか5.8センチかは一見して判断はできません。シース(革ケース)に入っていれば刃の長さは他人には確認できません。疑いをもたれるような携帯は避けるべきでしょう。

軽犯罪法第1条の2には「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他、人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者は拘留または科料に処する」とあり、刃物の寸法は示されていません。正当な理由が無く携帯すれば「隠し持つ」ことになります。

ナイフを見て「怖い」と感じるのは一般の人の心理です。他人にナイフを見せるなどは周囲に配慮が必要です。周囲の状況によってはナイフを見た人が脅威を感じることにより犯罪成立の要件にならないとも限りません。

「正当な理由」とは?

「通常人の常識で理解できる正しい理由」という意味です。買ったナイフを自宅に持ち帰る、修理のためメーカーや販売店に持っていく,釣やキャンプで使うための往路、復路などは正当な理由と考えられます。しかし「護身のため」は「加害のため」と同じ意味にとられます。無目的に持ち歩くのも正当な理由とはなりません。又正当な理由がある場合でも釣やキャンプに使用するのなら現場についてから身に付けるべきで、それまでは厳重に梱包して移動してください。

シースナイフやフォールディングナイフをベルトにつけたケースに入れて繁華街を歩いたり、むきだしのままポケットに入れたりするのは避けてください。

「刃渡り」と「刃体の長さ」

「刃渡り」とは刀剣類の刃長および穂長の総称で「刃長とは、刀、剣、なぎなた、あいくちおよび飛び出しナイフについてのれ概念でそれぞれ棟区(刀身の峰部のくぼみにかかる箇所)から切っ先までを直線に測った長さをいい、穂長とは槍についての概念で、そのけら首(塩首)から穂先までを直線に測った長さをいう」とされます。

「刃体の長さ」は刃物に使われ、その測り方が総理府令で定められています。
「刃物の切っ先(刃体の先端)と柄部における切っ先にもっとも近い点とを結ぶ直線の長さを測ることとする」とされています。普通のナイフなどは刃の先端からヒルトまでを測れば良いのですが、刃の形が湾曲している場合などは最大長さを測らないと法律で定められた長さより短く測ってしまうケースもあります。

「スケルトンナイフ」や「共柄切出し」の測り方は習慣的に測っている刃長と異なりますので注意が必要です。「刃体と柄部の区別が明らかでない切り出し、日本かみそり、握りはさみなどの刃物は、刃物の両端を結ぶ直線の長さを測り、その長さから8センチを差し引く」とあります。実際に刃のついている部分が5.9センチとしても全長17センチの刃物は8センチをひいた9センチが法律上の刃体の長さとなります。刃長6センチ以下の刃物をもっていたつもりがそうではなくなります。


 お気に入りページに追加

ご注文からお届けまで


有限会社トヨクニ

〒783-0071高知県南国市亀岩728-2
TEL:088-862-2819 / FAX: 088-862-2819
営業時間:月〜金10:00〜16:00 【土日祝祭日は定休日】
禁無断複製、無断転載、 ホームページに掲載されている記事
写真・図表などの無断転載を禁じます。

Copyright (C) 1946-2016 toyokuni Co.Ltd. All rights reserved.
   


土佐・高知南国市の打ち刃物匠・鍛冶屋トヨクニ 庖丁、農山林刃物、狩猟剣鉈 アウトドアナイフ、和式刃物キット、メンテナンス材料等を
製作・取り扱い販売しております。アウトドア雑誌・マスコミ・新聞等に多数掲載!【山仕事・狩猟・畑仕事・刃物のメンテナンス・研ぎ方】