マムシの胆

陶陶酒shop:江戸時代からの歴史を持つ健康の酒「陶陶酒」マカ・マムシなどの健康食品等


大変貴重なマムシの胆
ここぞというときにマムシの胆
     
 

マムシの胆で甲子園高校野球の甲子園常連組のあるチーム

大会が近くなると監督がチームのみんなを引き連れてまむし料理を食べに、料理の仕上げに「マムシの胆」をグイッと飲むそうです。

長距離運転もなんのその!

60代後半のTさん。年に4〜5回北陸の実家に帰省する際、必ず飲むのが「マムシの胆」。片道4時間以上の運転にも疲れが残らず、飲むのと飲まないのではまったく違うと「マムシの胆」を絶賛!

締め切り前に頼れる「マムシの胆」

40代後半で編集者のKさんも締め切り前の一週間ぐらいは夜中まで仕事がつづくので「マムシの胆がないとちょっと不安になります」とのこと。
 
     

非常に高貴なマムシの胆
  「まむしの胆」とは、肝臓ではなく実は胆嚢のこと。漢方としては「蝮蛇胆(フクダタン)」といい、金の重さと同じ価値で取り引きされたという「熊胆(ユウタン・くまのい)」と並び賞されるほど高貴で大変高価なものです。  
マムシの胆の秘密はタウリン
  「まむしの胆」の主成分はグリココール酸とタウロコール酸という2種類の胆汁酸です。特にタウロコール酸は牛胆汁の1.5倍、豚胆汁の5.3倍にもなります。タウロコール酸というと聞きなれないかもしれませんが、おなじみのタウリンのこと。
だから、ここぞという時にたよりになるのです。
 

マムシの胆はこうやって作られます
 
 
これがマムシの胆だ
まむしから「胆嚢」を取り出すのは、なんと職人さんの手作業!まむし1匹1匹を裂いて、小さな「胆嚢」をピンセットで丁寧に取り出します。1匹から1粒しか摂れない「胆嚢」ですが、乾燥前の「胆嚢」は水分を含んでいるため慎重に取り出さないと、簡単につぶれてしまいます。
さらに取り出した「胆嚢」を陰干し乾燥させたもののうち、製品にできるのは、100個中40個程しかありません。厳選した「胆嚢」だけが、「まむしの胆」になるのです!
 
 

並び替え

 1件 〜 1件 (全 1件) 



   
【送料無料!】まむし1匹から1個しかとれない貴重な胆嚢(たんのう)添加物を使わず、自然物の状態にこだわった逸品です。⇒マムシの胆【smtb-s】10P27Sep14
10,800円  税込、送料込

   

1件 〜 1件 (全 1件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
予約商品  定期購入商品  頒布会商品  オークション プレゼント



 お気に入りページに追加



陶陶酒SHOP・トップページへ