現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

はじめてのタイヤ交換


4WD好き大集合! あなたのヨンクにバッチリホイールはこれだ!

はじめてのタイヤ交換

今回は、プロが使用しているエアツールではなく、
車載のパンタジャッキやホームセンターなどでも購入できる工具で行うタイヤ交換方法を説明します。

タイヤ交換は、パンク時などスペアタイヤに交換しなければいけない場合にも必要な作業です。
ポイントを覚えておくだけでもきっと役立ちます♪
 
 

作業に入る前の注意点です。
必ず車は平坦な場所に停めます。
下は砂利ではなく、アスファルトやコンクリートなどしっかりしている場所を選びましょう。
サイドブレーキを必ずかけ、各ドアは閉めておきます。

   
 さて、タイヤ交換のはじまりです。
まず工具を用意する必要がありますが、工具(ジャッキやタイヤを外すためのレンチ)はトランクの下をあけたところやトランクの脇のスペースや、運転席の下にあります。
一度はどこに入っているのかを確認しておくと、いざというときにも安心です。

※どうしてもわからない場合、車の説明書をご参照ください。
   
 作業にはクロスレンチがおすすめです。格段に使い勝手がよくなります。
車載のタイヤ交換用レンチは、あくまでも応急用のため、力が正確にかけにくく作業性もよくありません。

クロスレンチは事前にご用意いただいた方が良いでしょう。
手を傷つけないためにも、必ず軍手や手袋をして作業してください。
   
 まず、車体を上げるためにジャッキをセットします。
ジャッキをセットする位置は、ドアの下を覗き込むと切れ目が入っている場所があります。
これは車によって異なる場合がありますので、車の説明書を見るようにしてください。
ここで正しい場所にジャッキをあてないと、その部分が変形したり、車がうまく上がらなかったり、車が不安定となり非常に危険です。
慎重に作業しましょう。
   
 

ジャッキをまわすための部品をジャッキ本体にかけます。
力をいれて右に回すとあがります。

ホイールのナットを緩める必要がありますので、ここで完全に車体を上げず、タイヤが浮かない程度まであげます。

   
  タイヤを外す作業に入りますが、タイヤのカバーがあるホイールは事前に外します。
指で引っ張っても外れない場合は、マイナスドライーバーや、なにか別の平らで固いものでテコの原理を使ってとる簡単に外れます。
   
 

レンチを使ってナットを緩めます。
手で回せるくらいのところまで来たらストップしましょう。

タイヤのナットを緩める時は、ナットを対角線上に緩めましょう。
1ヶ所のナットに力が集中してしまわないようにするためです。

   
 タイヤを見ながら再びジャッキアップし、タイヤが地面から浮き上がったところでジャッキアップ完了です。
無理に高い位置まで上げる必要はありません。
交換するタイヤを高く持ち上げなくてすみます。
   
 手でナットを緩め、完全にタイヤを外します。
   
 ジャッキアップしたボディーの下にタイヤを差し入れます。
万が一、ジャッキが外れてボディーが落ちた場合の安全対策です。
入れる場所はジャッキのそばが良いでしょう。

 交換するタイヤを装着します。ナットの穴に入るようにホイールを地面と垂直に入れ、ナットを対角線で2ヶ所仮に締めます。
タイヤが斜めのままナットで締めていないか気を付けましょう。
   
 
斜めのまま装着すると、ナットが十分に締まりません。

  ボルトが均等に見える位置まで確認してからナットをつけてください。

 タイヤのナットを締める際も、ナットを対角線上に均等に締めていきます。
1ヶ所のナットに力が集中してしまわないようにするためです。


   
 すべてのねじが締まったら、ジャッキを逆回しに回して、車を下ろします。ジャッキを抜きます。
   
 

車を下ろしたら、ナットに体重をしっかりかけるように止めます。

足でレンチを押して締めている方がいますが、これでは必要以上の締め付けになり、ボルトを壊してしまう場合があり大変危険です。
手でレンチが回らなくなるまで締めれば十分です。

   
 

そこで、適正な力で締め上げる為にも、トルクレンチをご用意いただくことをお勧めします。
どの位の力で締め上げればいいのかが分からない方が多いかと思いますが、これさえあれば勘では無く、トルク値を適正な力で締め上げることが可能です。

   
 

カバーがあれば、取り付けます。タイヤの空気を入れるための部分と、カバーとのあわせをしっかりと見て装着します。

一箇所をおさえて、あとは、バンバンとたたくようにすると入ります。

   
  さて、車につけ終わったら、必ずガソリンスタンドなどで、空気圧を見てもらうようにしましょう。
空気圧の目安は、運転席のドアを空けたところなどに貼ってあることが多いです。

空気圧について詳しい説明はこちら

また、安全のためにも少し走行してからナットが緩んでいないかもう一度確かめましょう。








 お気に入りページに追加