ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

大勝軒のつけ麺(もりそば)2人前入り

大勝軒:東京ラーメン、つけ麺、具(トッピング)
   
つけ麺愛好家の皆様へ 大勝軒のこだわり! つけ麺 ラーメン セット商品 トッピング 追加調味料 商品一覧 よくある質問 店舗情報 お支払い・送料 おいしい作り方 おいしく召し上がるための6つの手順
営業カレンダー

毎週水曜定休日

作りたてを
クール代当店負担
でお送りします


電話:03-3467-1479
FAX:03-5478-9959
〒151-0064
東京都渋谷区上原
1-17-11


大勝軒ラーメン
こちらのページで醤油・味噌・塩 ・チャーシューも3種お選び頂けます


大勝軒のつけ麺(もりそば)2人前入りグルメ2009


大勝軒のつけ麺(もりそば)2人前入り グルメ2012 叉焼 味付けメンマ 麺の太さ  スープの脂選べます

商品番号  011
価格997円 (税込) 送料別
種 類   
麺 種   
叉 焼   
脂 量   
3~5日以内にお届け
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数   
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

大勝軒定番つけ麺(もりそば)2人前入りパック


内 容 つけ麺(もりそば)1パック(2人前入)
保存方法 冷蔵・冷凍
賞味期限 冷蔵で製造日より48時間、冷凍で3〜4週間
調理方法 「おいしい作り方」をご覧ください
原材料 小麦粉、鶏卵、豚肉、メンマ、調味料
商品説明 つけ麺スープ180ml×2本/ 生麺200g×2玉/チャーシュー・味付けメンマ・もみ海苔・七味唐辛子・ラー油・背脂入り特製香味脂
※各2人前入り 東京都産 ラーメン 産地直送 のし対応商品 ラーメンランキング

店長のお薦めは、(醤油/太麺/脂量普通)です。大勝軒つけ麺の定番です。
手間暇掛け、独特のコクで人気を博しています。
辛みが効いたタレで太麺をすする・・・
作っていても、思わずつまみ食いです。(⌒。⌒)





ご一緒にこんなのもいかがでしょうか?美味しいですよ!

大勝軒特製餃子(ラーメンの麺帯で作ったもちもちの食感)
大勝軒特製餃子(ラーメンの麺帯で作ったもちもちの食感)
価格585円(税込)
大勝軒のラーメン用チャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
大勝軒のラーメン用チャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
価格416円(税込)
大勝軒のチャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
大勝軒のチャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
価格416円(税込)
大勝軒のチャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
大勝軒のチャーシュー(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
価格416円(税込)
大勝軒のラーメンスープ
大勝軒のラーメンスープ
価格221円(税込)
大勝軒のラーメンスープ
大勝軒のラーメンスープ
価格221円(税込)
大勝軒のラーメンスープ
大勝軒のラーメンスープ
価格221円(税込)
大勝軒のつけ麺スープ
大勝軒のつけ麺スープ
価格221円(税込)
つけ麺スープ割用(これがあるとひと味違います)
つけ麺スープ割用(これがあるとひと味違います)
価格121円(税込)
大勝軒のつけ麺スープ
大勝軒のつけ麺スープ
価格221円(税込)
もみきざみ海苔(薫り高き極上海苔)
もみきざみ海苔(薫り高き極上海苔)
価格154円(税込)
大勝軒味付け玉子(醤油だし煮込み)
大勝軒味付け玉子(醤油だし煮込み)
価格121円(税込)
大勝軒味付けメンマ
大勝軒味付けメンマ
価格300円(税込)
大勝軒バラ肉ロールチャーシュー200g(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
大勝軒バラ肉ロールチャーシュー200g(ラーメン醤油でじっくり煮込みます)
価格832円(税込)
大勝軒の生麺(お好みで太麺・細麺・中太麺から選べます)
大勝軒の生麺(お好みで太麺・細麺・中太麺から選べます)
価格188円(税込)
大勝軒特製ネギ油(葱油)
大勝軒特製ネギ油(葱油)
価格287円(税込)
大勝軒使用黒胡椒(販売終了)
大勝軒使用黒胡椒(販売終了)
価格262円(税込)
大勝軒のニンニク油
大勝軒のニンニク油
価格287円(税込)
大勝軒のリンゴ酢
大勝軒のリンゴ酢
価格221円(税込)
大勝軒特製ラー油
大勝軒特製ラー油
価格309円(税込)

麺の茹で方-食感について

どのような麺がお好みですか?
細麺・太麺・中太・平麺・ちじれ・ストレート, それとも........
茹釜・麺の茹で方と食感

大勝軒-ラーメン
ラーメン
のりたまつけ麺
のりたまつけ麺
野菜入りつけ麺
野菜入りつけ麺

麺の茹方について考えます

麺を腰のある美味しい麺に茹で上げるには、必ず沸騰したお湯に麺を入れることです。というのは低温の生麺が湯に入った後、どれだけ早く次の沸騰が始まるかがポイントなのです。

二度目の沸騰が早ければ早い程、美味しい麺に茹で上がります。大勝軒の大きな茹釜では麺を入れてもすぐまた沸騰しますが、小さい鍋で少しの湯で茹でますと麺を入れてから沸騰するまで数分かかってしまい、生ゆでのボソボソ麺になってしまいます。出来る限り多くのお湯で余裕を持って茹でることがすべての麺類を茹でる際の注意点です。有名なラーメン店でもカウンターで見ていると「まだ麺を入れるのが早すぎる〜」と思う場面 によく出会います。

写真1は4〜5回同じ湯で麺を煮た状態です。時間をかけても麺に熱が通りにくく、結果均質にゆであがらず食感は弾力性に欠け生っぽく感じます。

麺は多くのお湯で少量茹でた方が芯まで均一に短時間で茹であがるため芯が残らず、水で絞めても弾力のあるおいしい麺に仕上がります。

写真の茹釜はガスバーナー7基付きで一度に最高12玉(1玉200g)〜15玉 茹でることが出来ます。それでもピーク時には間に合わず、15玉以上入れたいのですが、それ以上入れると麺が湯の中で踊らず片茹(麺が偏ってゆだること)をおこします。

麺ゆで1
写真.1
麺ゆで2
写真.2

以前は、太麺は茹でるというよりも焚く(蓋をして蒸らす)という感覚でしたが、それですと茹湯が一回で濁ってしまうので写 真1、火力を強くして現在の方法に変わっています。(太・中太麺と細麺を同じ釜で茹でなければならなくなったのも要因です)

そのため、当店では、もう一台小型の茹麺釜写真2と茹湯の濁り防止のための湯沸騰専用のガス代を用意しています。(ヒスタンク付きの釜で常時湯を補給できるタイプの釜でも太麺を茹でる場合は、湯量 が間に合いません)
一般の家庭の鍋(大きいものでも)では、2人前400gが限界ではないでしょうか?
そのため、宅配用の麺は若干ですが店内用の麺よりも細め(目盛り0.5mm)にしてあります

麺の食感について考えます

中華麺は、味が無いわけではないのですが、主に歯、口、舌、喉の食感で食べられており、ゆで麺の良否もにこれで判断されています。

一口に麺の食感といっても、麺には種類が多く、嗜好的には地域差、個人差もあり、食感の良否に万人に好まれる普遍性を求めるのは難しいことです。


 お気に入りページに追加