現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

盆提灯の選び方

盆提灯|ちょうちん|初盆|新盆|線香|お彼岸|【曽根人形】




インフォメーション

ご不明点、ご質問等があれば、 お気軽にお問い合わせください。

休日 2017年5月7日まで無休
(1月1日を除く)
時間 9:00〜18:00
メール shopinfo@soneningyo.com
電話 048(756)1459
メール送信エラーでお返事できない場合があるため、必ずメール本文にお名前、アドレス、お電話番号を明記してください。



インフォメーション

ご不明点、ご質問等があれば、 お気軽にお問い合わせください。

TEL:048-756-1459

メール:
shopinfo@soneningyo.com

休日:2017年5月7日まで無休
(1月1日を除く)

営業時間: 9:00−18:00

ネットでのご注文は、 24時間受け付けております。


盆提灯の選び方

盆提灯の選び方

盆提灯はお盆のとき、先祖や故人の霊が迷わず帰ってくる目印として飾ります。
盆提灯は迎え火・送り火の大切な役割となるのです。
また、盆提灯は故人の冥福を祈り、感謝の気持ち込めたお盆の供養を表すものです。
新盆を迎えた家へ、親戚や故人と親しかった方が盆提灯を贈る慣習は古くからあり、盆提灯はお盆のお供えとして最高のものとされています。
盆提灯を贈る場合は、絵柄の入った盆提灯を贈るのが一般的で、お届け先様のお盆の準備の都合もあり、早めの時期に届く方が喜ばれます。
一対で贈るのが正式ですが、必ずしも一対でなくても構いません。

盆提灯の種類

新盆・初盆用の盆提灯

新盆の際には清浄無垢の白で霊を迎える意味から、白木と白い火袋で作られた白紋天提灯(しろもんてんちょうちん)を用います。
この白紋天提灯を縁側や軒先、精霊棚に吊るして灯りをともし、新仏・新精霊 が迷うことのないようお出迎えします。

白紋天

通年用の盆提灯

通年用の盆提灯には、御所提灯などの吊るすタイプと、大内行灯や回転行灯などの置くタイプの2種類があります。
どちらのタイプも盆提灯としての意味合いは同じです。
また、盆提灯は宗派による違いはありませんので、飾る部屋に合わせてお好みの盆提灯を選びましょう。

通年用のおき提灯

下に置くタイプの盆提灯には、大内行灯(おおうちあんどん)と回転行灯が代表的です。
大内行灯は、足が木製で作られた高級タイプもあり、火袋に絹を使用したものも多く、火袋の形状にも一重仕様と二重仕様があります。
大内行灯には、家紋を入れるタイプもあります。 家紋入り盆提灯の場合には、家紋を入れる製作期間として2週間くらい必要となります。
回転行灯は、明かりを灯すと、火袋の中に取り付けた回転筒の絵柄が回って見える盆提灯です。
回転行灯の多くは、足の素材がプラスチック製で、火袋も和紙を使用しているため、価格はそれほど高くはありません。
回転行灯には、棚の上の飾れる霊前灯という小型サイズもあります。
また、洋間のリビングにも合う現代調の新型行灯もあります。
置き提灯はコンパクトな紙箱に入っていて、誰にでも簡単に組み立てることができます。
組み立て方法が同封されていますが、3本足の1本を前にして、火袋の絵柄が正面にくるように組み立て、下の安定した水平なところで飾ります。

大内行灯 大内行灯(家紋入り) 回転行灯 霊前灯

通年用の吊るし提灯

吊るすタイプの盆提灯には、御所提灯(ごしょちょうちん)、御殿丸(ごてんまる)、住吉などがあります。
代表的なタイプは御所提灯で、岐阜提灯(ぎふちょうちん)ともいわれます。
岐阜県特産の美濃和紙を使用して作られたことから、この名が付きました。
御所提灯には家紋を入れるタイプもあります。
家紋入り盆提灯の場合には、家紋を入れる製作期間として2週間くらい必要となります。

御所提灯 御殿丸 住吉 吊るし提灯(家紋入り)

盆提灯の価格と品質

盆提灯の価格は、火袋の素材(和紙、絹)や口輪の素材(木、プラスチック、紙)等によって決まります。
足の素材がプラスチック製で、火袋も和紙を使用している回転行灯の価格は、それほど高くありません。
足の素材が木製(黒檀、ケヤキ、杉など)の大内行灯は、高級タイプの盆提灯です。
盆提灯の明かりが灯る部分を火袋(ひぶくろ)といいます。
盆提灯には火袋に絹を張った製品と、紙を張った製品とがあります。
一般に、絹張りの製品は光りが通過しやすく明るい雰囲気で、紙張りの製品は幽玄な雰囲気となります。
絹張りには二重張りの製品があり、内張り・外張りの二重の火袋となり、より柔らかい光りのイメージとなります。
価格的には絹の二重張りが最も高く、次いで絹の一重、そして紙張りの順になります。




 お気に入りページに追加