現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

ジョッターSS プレミアム チーゼルCT


パーカー ジョッターSS プレミアム チーゼルCT ボールペン

PARKER(パーカー)

1888年の創業以来、ペンのスペシャリストとして時代を常にリードしてきたパーカー。パーカーのハンドクラフト・ペンは、イノベーションやスタイルを反映し、最高級の素材と最新技術をもって創られています。どんなテイストにも応えられるペンを取り揃えています。

ジョッターSS プレミアム チーゼルCT ボールペン

「パーカー ジョッター」は、1954年にパーカー初のボールペンとして発売されて以来、半世紀以上愛され続けているパーカーの傑作です。

パーカーを代表するロングセラーシリーズ・ジョッターの新シリーズとして登場したのが「ジョッター プレミアム」です。デザイナー「ベアトリス・フォンタナ」が新たなパーカー スピリッツを注ぎ込んだ新シリーズとして人気を集めています。

クラシカルなジョッターのボディにチーゼル模様が施され、モダンな雰囲気に仕上がっています。ビジネスパーソンのワードローブとして、またコレクションアイテムとしても楽しめる独創的な逸品です。

上部に施した格子のチーゼル(彫刻)模様が特徴で、細身の直線を基調としながらチーゼル模様がアクセントになっています。スマートな大人のスリムボールペンです。

仕様詳細

全3色

ポリッシュド

ライン

マットブラックCT

PCやモニタの環境により色合いが変わることがあります。

サイズ
長さ:136mm 軸径:10mm 装填芯:ブラックM(中字)
素材
ボディ/ステンレススチール
ボディ彫刻/酸化エッチング仕上げ
キャップ/ステンレススチール ヘアライン仕上げ
グリップ/トリム クローム仕上げ
機構
ノック式
重さ
約13g
個装
専用ギフトボックス付き
備考
●油性ボールペンは一般的に上向きに筆記するとインクが逆流する事があります。●使い終わったら、必ず芯を収納して下さい。





油性ボールペンのご利用の注意

ボールペンは下向きで

普通のボールペンは、インキがそれ自身の重み(引力)で落下することを利用して、チップの先端にインキを送り込むという仕組みになっています。

このため、上向きにして書くとインキが出ないばかりかボールとボール保持部の隙間から空気が巻き込まれて、チップ内部に空気の通り道ができ、インキはそれ自身の重みでチップと反対方向に流れます。
この現象を「逆流」といいます。

逆流すると、筆記ができなくなり、漏れたインキで手や衣服を汚すことがあります。 これは市販されているほとんどのボールペンで起こります。(加圧式等上向き筆記できるものは除く)

したがって、普通のボールペンを使う場合、チップの角度が水平以上になる上向き筆記はしないでください。

筆記する時はボールペンを立てて

ボールペンのチップ内部には、ボールを受ける受座があります。この受座はボールの丸みにしっくり合わせており、なめらかな回転が得られるように設計されています。

したがって、いつまでも快適な書き味を持続するためには、筆記時にボールにかかる力を受座が正しく支えられるような筆記角度、すなわち60゜ 〜90゜で筆記するのが理想的です。

また、あまり寝かせて書くと、ボール保持部の外周が紙面に当たって磨耗し、ボールがとび出す等の原因になります。このような書き方は避けてください。

日本筆記具工業会(JWIMA)より

油性インクリフィールの検証

スリップオンでも実際に逆流現象を検証してみました。筆記具他社製品を5本購入しペン先を上に向けてインクがでなくなるまで書き、逆さのまま放置テストをしたところ、全てのペンが10〜20秒でインク軸先端に空気が入り10〜20分でインク逆流しインク軸後部から漏れ出しました。

ペン先がキャップ式の場合は外にインクがもれる可能性は低いと思いますが、当店のデザイン状「鉛筆」を模した木軸BPのようなノック式は、上向き筆記をして逆流した場合外に漏れる可能性がございます。ご利用の際はくれぐれもご注意下さい。


 お気に入りページに追加