今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

プロが進める靴選び指南


プロが進める靴選び指南
 
ここでは、靴を選ぶ際のポイントを『サイズ』『用途』『デザイン』にわけて説明しています。靴のご購入の際の目安にしてください。
1E: 最も細めのタイプ
2E: やや細めのタイプ
3E: やや太めのタイプ
4E: 最も太めのタイプ
■サイズで選ぶ

靴のサイズは、例えば〔26EEE〕のように表示されます。このうち〔26〕は足の長さ(length)で、〔EEE〕は足幅(width)を表しています。足の長さについては皆さんすぐにお解りでしょう。しかしご自分にぴったりの靴を求めるためには、ぜひ足幅にも留意してください。

さてこの「足幅」。幅とは言っても正確には足の横幅のことではなくて、「太さ」を表した単位です。これは足長(そくちょう)足囲(そくい)の二箇所の寸法差を規定したもので、JIS規格に基づきD、E、EEといったアルファベットで表示されます。

スコッチグレインには、このうち1E〜4Eのサイズが用意されています。お求めの前には一度、ご自分の足を測っていただき「足幅」を算出されることをお奨めします。

■サイズ選びの際のご注意

日本での靴のサイズは、長さについては靴の中の「有効長」で表示されています。ところが靴のつま先部分には「捨て寸」と呼ぶ余裕が設けられていますから、「有効長」は足の長さの「実測値」とは異なります。しかもこの「捨て寸」はトゥのデザインによっても違い10mm〜20mmくらいとまちまちです。つまり靴の長さに関しては、ご自分の足の「実測値」+個々の靴の「捨て寸」(10mm〜20mm)が選ぶ際の目安となります。

また足幅については、ヒモ無しモデルをお求めの場合、ご自分のサイズよりも少し細めを選ばれた方がよいでしょう。革は横に伸びやすい性質があります。最初にちょうどよいと思っていても、履いているうちに革が伸び隙間ができて靴擦れなどを起こすことがあります。

以上はあくまで目安ですので、これらを参考に個々のサイズ選びをなさってください。

■用途で選ぶ
どんなシーンでどんな靴を選んだらよいのか。参考となるガイドを示してみました。
靴は湿気を取り除き型崩れを防ぐために、一日履いたら、2〜3日間じっくり休ませることが必要です。そうすることにより長持ちさせることが可能になります。用途やスーツの色に合わせてカラーを考えながら、ご自分の靴のローテーション計画を練ってみてはいかがでしょうか。
 
ビジネスシーンで
通常のビジネスシーンならどんなモデルでも基本的にOKです。黒系、茶系、各一足ずつは最低そろえ、スーツの色に合わせて履き替えてください。また外回りが多い方には軽量底のモデルがお奨めです。
 
遊び気分が欲しい時に
夜にパーティーやデートがあるといったときには、ロングノーズタイプやセミスクエアをキメてみてはいかがでしょうか。シックにいくならベルオムシリーズ、ロングノーズを楽しみたいときにはオデッサオデッサIIがお勧めです。
 
冠婚葬祭の場で
冠婚葬祭では黒色の内羽根式が原則。正式にはホールカットの靴ならどんな場面でも間違いありませんが、ストレートチップやプレーントゥでも問題ないでしょう。プレーンなラインであれば、ストレートチップのアシュランス3526などが人気です。
 
雨が降りそうな日に
革の大敵は湿気ですシャインオアレインシリーズなら少々の雨でも大丈夫。外回りが多い人にもお奨めです。


■デザインで選ぶ
メンズの革靴には、伝統製法の中で培われてきたデザインの基本形があります。また洋服に合わせたデザイン上の流行もあります。以下にその主なものを示しましたので、靴選びの際の参考になさってください。
 
ストレートチップストレートチップ
靴のつま先部分に、横に一文字のラインがあるのが特徴です。通常のビジネスから正装としてのフォーマルまで幅広く対応できるので、一足あるととても重宝します。特に内羽根式(バルモラル)はエレガントさがあり、フォーマルな場所に出かける際には必須のデザインと言えるでしょう。
 
UチップUチップ
甲の切り替え部分にU字形の革片(チップ)を用いたデザインです。カジュアルな雰囲気がありコーディネイトも幅広いことから、近年人気が高いデザインです。特に最近のロングノーズやスクエアトゥのモデルに使用されたものは、独特のスマートさを演出してくれます。
 
プレーントゥプレーントゥ
その名の通り、つま先に全く飾りがないプレーンなシューズです。一枚革で覆ったシンプルなデザインは、靴の基本形と言ってもよく、幅広い年代層から好まれています。外羽根式(ブラッチャー)が主ですが、準フォーマルな場所くらいなら黒のプレーントゥでも大丈夫でしょう。
 
スリッポンローファー(スリッポン)
slip onと書くように、足を滑りこませて履く靴のことを総称してスリッポンと言います。靴紐やバックルなどを用いず、着脱が容易な点が特徴です。スリッポンには様々なデザインがありますが、オペラ・パンプスのような例外は除き、その多くはカジュアルなものです。
 
ウイングチップウイングチップ
鳥が翼を広げたような飾りがつま先部分にあることから、そう呼ばれています。ギザギザの模様穴飾りはブローグといい、重厚でクラシックな雰囲気を醸し出します。スコッチグレインにはブローグのないウイングチップもあり、こちらはやや軽めの印象を与えます。
 
モンクストラップモンクストラップ
モンク(monk)とは修道僧の意味。修道僧が履いていたストラップ付きの靴がその原型です。もともとは機能的な意味から付けられていたストラップですが、最近では装飾的に扱われ、クラシックというよりもむしろスタイリッシュな印象を与えるデザインに変わってきました。
 
モンクストラップホールカット
一枚の革を丸々全部使って作られる靴がホールカット。革本来の持つ美しさを最大限に引き出すことのできるスタイルで、キズのない良質な革を用いています。スコッチグレインでは、インペリアルシリーズでのみホールカットの靴を提供しております。シンプルに見えますが、上質な牛革を贅沢に使った靴で、わかる人にはわかる品格のある靴です。
 
ロングノーズロングノーズ
モッズ系の細身のスーツの流行に合わせ、靴先もより平べったくかつ前方に伸びた、いわゆるロングノーズのものに人気が集まってきました。スコッチグレインでは、幅広甲高と言われる日本人の足型にも無理なく合うロングノーズの木型も開発し、様々なデザインに適用しています。ツーシームのリベロ 7970BLインペリアルII 938BLなどが人気です。


 お気に入りページに追加