今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

靴のお手入れ


靴のお手入れについて
その1 新しいうちに
乳化性靴クリーム
乳化性クリーム
靴を下ろす前に、まず乳化性クリームで磨きましょう。油分の補給と同時に表面に薄い皮膜を作り汚れを防ぎます。磨き方は「その2 普段のお手入れ」をご参照ください。 
革に合わないクリームやクリーナーのご使用は、変色やひび割れの原因となります。このような事故によるダメージはメーカーでも補修できません。また間違ったクリーム等の使用による革のダメージは、お客様の責任となりますのでご注意ください。
その2 普段のお手入れ
油性クリーム
最初に埃をブラシや布で落とします。次に、靴に合った乳化性クリームを別のブラシや布を使って片足ずつ全体に手早く塗り、クリームが乾き切る前に使い古しのストッキングで拭き取ります。その後、靴と同色の油性靴クリーム(KIWI等)を指先に巻きつけた布に取り、円を描くように軽く伸ばしながら靴全体に塗り込みます。トウの部分は特に念入りに。最後に、表面が乾いてきたら最初とは別のストッキングでクリームを拭き取りながら磨いてください。このページの下段に詳しい使い方をご紹介しています。こちらもご参照下さい。
その3 靴にも休息を
スコッチグレイン シューキーパー
シューキーパー
一日履いたら三日ほど休ませてください。休ませることによって汗などで湿った靴の内部が乾き、革の大敵のカビや雑菌の繁殖を抑えます。靴の履き分けは革靴の寿命を数段延ばします。
靴の休息時にはシューキーパーをお使いください。シューキーパーは靴の形を整え、皺を伸ばす効果があります。ご自分の靴にあったサイズをお選びください。
その4 こまめなメンテナンスを
化粧ゴム(ヒールの接地部)や靴底全体の磨耗チェックはまめにしてください。化粧ゴムは磨耗が革部に達しない内にお取替えを。靴底はオールソール(表底の取替え)が可能です。早期発見、早期治療が靴にも大切です。なお、修理はメーカー修理をお勧めいたします。スコッチグレインでは専門の修理工場が責任を持ってお客様の靴をお直しいたします。
 
図解 靴のお手入れ
シューキーパーをセットせず、お手入れもせずに靴を放置しておくと、左の写真のようになってしまいます。
埃をかぶり、甲は皺だらけ、革の光沢は失われ全体的に薄汚れています。この靴をプロの手でケアしてみたいと思います。

まずは磨く靴にシューキーパーをセットし、作業しやすくしましょう。
長い間手入れしなかったぼろぼろのスコッチグレイン、右の靴だけお手入れしてみます。写真ではシューキーパーを入れていませんが、シューキーパーを入れた状態で手入れしたほうが仕上がりが美しくなるので是非ご活用ください。
着なくなったTシャツのハギレなど軟らかい布を使い、靴全体のホコリや汚れを落とします。
乳化性の靴クリームをブラシに取ります。まずは靴の細革部分からお手入れをしましょう。

ウェルト(細革)の部分に刷り込むようにしてブラッシングしていきます。水が染み込むのを防ぎ、細革を縫いとめている糸を保護する効果も得られます。


次にハギレに乳化性靴クリームをとります。今度は甲革など靴本体を手入れします。
甲革、側面、踵部分などまんべんなく塗りこんでいきます。クリームをつけすぎると革が呼吸できなくなるのでご注意ください。
靴クリームの塗り込みが終わったら、余分なクリームをストッキングなどで取り除きます。
 
キイウィのクリームを指の腹でこするようにして広げていきます。乾いていてもこのように練るうちにクリームとして使えるようになります。

キイウィの缶の蓋を開けると乾いているように見えることがありますが、使用に問題はありません。
練ったキイウィをハギレにつけ、靴全体に万遍なく塗りこんでいきます。ここでも指の腹をすべらせるようにして優しく広げていきます。踵や靴の内側部分なども丁寧に塗りこみます。
キイウィのロウ成分が浮いてくるまで15〜30分ほど待ちます。

ロウが浮いてきたら、ストッキングでやさしくふき取ります。
同じ靴とは思えないほど綺麗になりました。シューキーパーをセットして、靴に休憩を与えてあげてください。
ブラッシングと靴クリームの手入れでここまで綺麗になった靴をモルトドレッシングでさらに磨き上げましょう。
モルトドレッシングはすべての靴で効果が得られるというわけではありません。938インペリアル920オデッサなどはモルトドレッシング向きの革材を使用しています。使用するお酒はモルトウィスキーが香りもよく楽しめます。

キイウィにモルトを混ぜて、滑らせるようにして馴染ませます。これによりモルトで革をしっとりとさせ、キイウィで透明感を出すことができるようになります。
モルトを馴染ませたキイウィをハギレにつけ、靴全体に万遍なく塗りこんでいきます。モルトドレッシングを行うと、ガラス仕上げのような光沢が得られます。
塗りこんだ後10〜15分ほどそのままにしておき、靴の革にモルトを馴染ませます。その後はストッキングで余分なモルトをふき取ってください。
お手入れ完了! まるで別の靴のようです。
お手入れ次第で靴の寿命はぐっと違ってきます。
乳化性クリームとキイウィをうまく使い分けて靴をケアしてください。


 お気に入りページに追加