ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

リナリア パープレア(宿根草 リナリア パープレア)

おぎはら植物園:庭植えに適した宿根草、山野草類など多数の珍しい品種を扱ています



▼ 今週のおすすめ
▼ ギボウシ(ホスタ)
▼ クリスマスローズ
▼ 宿根草 と 山野草
アオイ科(ホリーホックなど)
アヤメ、アカバナ、アカネ科など
アマ、オミナエシ、カンナ科など
キキョウ科(カンパニュラなど)
キク科(エキナセア)
キク科(その他)
キツネノマゴ、キョウチクトウ科
キンポウゲ科(アネモネ、オダマキ他)
クマツヅラ科(カリオプテリス、バーベナ)
ケシ科(ポピー、コリダリスなど)
ゴマノハグサ科(ジギタリス,ベロニカ)
ゴマノハグサ科(ペンステモンなど)
サクラソウ科(プリムラ、リシマキア)
サクラソウ科(シクラメン),サトイモ科
シソ科(サルビア・セージ)
シソ科(その他)
スミレ、セリ、タデ科
トウダイグサ科(ユーフォルビア)
ドクダミ、ナス、ナデシコ科
ハナシノブ科(フロックスなど)
バラ、ヒルガオ、ヒガンバナ科
フウロソウ科(ペラルゴ、姫フウロ)
フウロソウ科(ゲラニウム)
ベンケイソウ科(セダム、センペル)
マツムシソウ科(スカビオサなど)
マメ、ミカン、ミズキ、メギ科
ムラサキ科(ブルネラなど)
ユキノシタ科(ツボサンゴ類など)
ユキノシタ科(その他)、ユリ科
その他(シダ、リュウゼツランなど)
▼ グラス類
▼ クレマチス
▼ 樹木類
▼ カラーリーフプランツ
▼ グランドカバー向きの植物
▼ ハーブ類
▼ 2017春・夏の新商品
▼ 2017春・夏 再販売商品
▼ 当店おすすめ書籍
カテゴリトップ > 宿根草と山野草
カテゴリトップ > 宿根草と山野草 > ゴマノハグサ科(ペンステモン他)

リナリアパープレア


リナリアパープレア


宿根草 
リナリア パープレア

商品番号  167M
価格300円 (税込 324 円) 送料別
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
学名 : Linaria purpurea
別名 : 原種リナリア プルプレア(パープレア)
        紫海蘭(ムサラキウンラン) など

ゴマノハグサ科(オオバコ科) 宿根草(耐寒性多年草)
お届けの規格 9〜10.5cmポット苗
主な花期 : 初夏 
草 丈  : 60cm前後(生育後の高さで花丈も含む)
耐寒性 : 強 
耐暑性 : 中 
日 照  : 日向〜やや半日陰
代表的な原産地 : 地中海沿岸

紫花の原種 葉色とのコントラストが美しい
リナリアはこぼれ種でもよく殖えるが、原種の紫が
最も良く殖え、性質も強健
背が高くなり、すっきりとした花姿がガーデンの
ポイントに良い



〜担当スタッフのコメント〜

すらっと長く伸びて、風に揺れる姿が趣きあり、
自然味のある美しさです。

リナリアと言えば一年草の姫キンギョソウを想像
しますが、このパープレア系は形状が異なります。
シルバーの葉にパステル調の花が優しい色合いで
こぼれダネでよく殖えて、庭のあちこちから顔を
出します。細めの草姿にかわいい小花で、他の
草花の邪魔をせず、よく調和しますので、どんどん
殖えてほしい花です。

開花させる為に早め(初夏頃)にタネを蒔いて、夏越し
させています。ほとんどの株は開花見込みです。




↑バラの最盛期に咲くのでローズガーデンにもおすすめ


↑ボーダーガーデンにも

◆生育の様子

晩春、バラの開花シーズン頃、花茎が一気に伸び、
スマートな姿で開花します。
花後、ある程度タネを飛ばさせたら半分ほどにカット
すると脇枝が伸びて再び開花します。

乾燥に強く、道路の端や砂礫地、石垣などにも
こぼれダネで自然に増えていきます。

冬になると、その年に伸びた花枝は枯れてきます。
落葉の頃には株元から新しい芽がたくさん伸びて
きますので、この芽を残し、古い茎はすべて切って、
きれいに手入れしておきます。
新しい芽は常緑のまま越冬します。

極寒冷地でも暖地でも丈夫に育ち、病害虫もほとんど
ありません。



お届けする苗について (当店は寒冷地です)
年間通して栽培・管理しながら販売しております。お届けの季節により姿、
状態は様々で、およそ下記の通りになります。ご参照ください
春〜夏 開花前〜開花中もしくは花後剪定済み
秋〜冬 落葉の途中
冬〜春 低温管理していますので冬は葉が少ないです
常緑ですが冬は葉が減ります※切り戻してあります


↑苗の様子 秋頃


↑苗の様子 初夏頃

※季節により姿は大きく変化しますので
  参考程度にご覧下さい

基本的な管理
日  照 寒冷地 日向
暖  地 日向
耐乾性 普 通 ある程度耐えます
根が張ればかなりの乾燥にも耐えます
耐湿性 普 通 ある程度耐えます (高温多湿は避ける)
剪  定 花後に花茎を切る 冬に新芽を残しカット
肥  料 剪定後と春か秋 必要に応じて
増  殖 実生 こぼれダネ
消  毒 当店では無農薬です