現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

柘製作所


柘製作所は、昭和11年(1936)に柘恭一郎氏によって創業されました。当時、象牙の
パイプと呼ばれていたシガレットホルダーを製作する工場を開いた時に始まります。

昭和50年代には、デンマークパイプに影響を受けファンシーなシェープのパイプ作りも
始まり、国際的に通 用するパイプメーカーへと脱皮しました。すぐにアメリカ、ドイツ等欧米
諸国に輸出が始まりました。現在では世界的なパイプブームで、アメリカ、ヨーロッパを
中心に「TSUGE」ブランドが日本を代表するパイプとして高く評価されています

素材なくしてパイプ作り、モノ作りはできない。
柘製作所には様々な素材があり、その豊富な素材から様々なものが作られていく。
パイプ製作の技術と経験をもとに誕生した万年筆が「富士」シリーズ。
万年筆も道具として最高のものを追い求めています。




 お気に入りページに追加