現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

リードづくり










A-bike City
A-bike electric
     電動アシスト
A-bikeパーツ(部品)

荒砥石
中砥石
仕上砥石
プロ・上級者向け砥石
コレクター向けレア砥石
天然砥石入門
彫刻刀用砥石
原石砥石
New Arrival
その他
砥石台用材他

リードナイフ
革砥石
     「ルージュスティック」


蛍光灯
電球







私たち A bike 専門スタッフが
しっかりと整備して商品をお届
けいたします!





営業日カレンダー
2017年2月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4
2017年3月
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
休業日
配送休業日
配送のみ



■リードづくりの最後の最後でなぜ先が「とぶ」?

オーボエのリードを削っている途中で、「これは良いリードになりそう!!」って、何となく感じますよね。
「良い感じ〜」そして、いよいよ最後の仕上げに入ります。

ナイフをルージュスティックで研ぎなおし、あまり力を入れず慎重に慎重に仕上げをして行きます。

ここにたどり着くまでの長い道のりを思い浮かべながら、「これは素晴らしい音が出るに違いない」などと妄想しながら完璧な削り作業をして行きます。

あくまでも慎重に慎重に、「1回あたりの削る量は1000分の1ミリぐらいかな、1000分の2ミリかな〜」などと何の物理的な根拠も無い事を考えつつ、カレーの臭いがしてくると、「今日もカレーか」など考えながら、窓側に仕上げ中のリードをかざし、「これはいいぞ!!」と喜びながらナイフを滑らした瞬間・・・・・
先っちょが2ミリどっかに飛んでいってしまった。

その瞬間、身体が凍りつき心臓が止まり、間を置かず不整脈の状態になり、約5秒間の金縛り状態。
これって、恥ずかしくって誰にも話したことはないのですが、私だけの症状なのでしょうか。

何故削っている途中で先端が飛んでしまうのか?。この問題を物理的に解明(大げさ?)した資料はいくら探しても見つかりませんでした。

で、あれば自分で解明するしかないとデジタル顕微鏡を購入して解明(確かに大げさ)に取り組みました。

まず、画像1をご覧ください。

[画像1]


画像上部にあるナイフが「刀鍛冶の作ったリードナイフ」”名前はまだない”猫ナイフ(分かる人しか分からない)です。
下部のナイフは私が尊敬するオーボエの師匠から拝領した古いドイツ製のナイフで、スウェーデン鋼で作られたものです。

両者とも完璧に研ぎ上げ、印をつけ、この範囲内で片側ずつ両者のナイフでリードを削り、仕上げてみました。

仕上げた後、刃の状態を顕微鏡で拡大した画像が画像2と画像3です。

[画像2] ドイツ製ナイフ(仕上げ作業後)           [画像3]刀鍛冶が作ったナイフ(仕上げ作業後)


ところで、全般的に刃物にとって、最も嫌な使われ方ってご存知ですか。

リードナイフのように刃を立て、切るのではなく横にスライドをさせて削る作業など、ゼッタイにやってはいけない刃物の使い方なのです。

気の早い方は画像2と3を比べて「は、ハ〜ん。”名前はまだない”リードナイフの優秀さをここで説明するつもりだ」とお思いの方も多いでしょう。

残念ながらそうではありません。

通常のナイフの使い方をすれば、両者とも実力は互角です。だってドイツの刃物ですよ。
この通常の使い方とは、対象物に対する入角を直角とか斜めとかにして割り箸とか切っても画像2のような刃こぼれは一切起きることがありません。実際にやってみた結果です。

つまり、刃物としては優秀ではあるが、リードナイフとして使用するには問題があると言う事だけなのです。
これは、従来のリードナイフ全てに言えることだと思います。

画像2はドイツ製の仕上げ作業を終えた後の画像で、一部の刃が欠けてノコギリ状になっている部分があります。











画像4はそのノコギリ状になった部分の拡大画像です。

[画像4]ドイツ製の仕上げ作業を終えた後の拡大画像

もし、この画像4の円部分で同じような力を加え、リードの先端を削ったらどうなるのでしょうか。
このノコギリ状の山の頂上部分は研磨後の良く切れる状態を保っていますので、ナイフに同じ力を加えればこの頂上部分が3倍から4倍の深さで突き刺さってしまいます。結果、深く突き刺さった部分から先のリードが飛んでしまうのです。

これは、食事で使用するフォークを思い浮かべてください。
少々硬い、安モンのお肉でも簡単に刺さってくれますが、同じ力でスプーンを刺しても決して刺さりませんよね。これと同じ原理とお考えください。同じ力を加えた場合、フォークとスプーンとでは、先端に伝わる力が数十倍違って来るのです。

つまり、刃が欠けることのないナイフを使えばリードの先端が飛ぶ確率はグンと低くなるという事になります。

では、何故”名前はまだない”ナイフは欠けが生じないのでしょうか。画像3です。「欠けてな〜い」状態です。

両者の硬さで比較すると・・・。
この硬さの比較ですが、比較方法が色々あってですね・・・。ここでは説明しきれないので興味のある方はネットで検索してみてください。硬度比較で検索します。

戻ります。何故欠けないかと言うと。
”名前はまだない”リードナイフには刃に柔軟性を持たせてあるという事なのです。
業界用語では”ネバリ”といいます。

例えば、長さ10cm直径1mmのガラスの棒と同じ直径のピアノ線を板に立てて同時に力を加えたらどうなるでしょう。ガラス棒はポッキリと折れますが、ピアノ線は柔軟に対応し、折れることはありません。これが、刃物で言う”ネバリ”なのです。

リードナイフは刃物にとって最も嫌な使われ方をされるナイフであることは先に述べました。
そして、嫌な使い方をされても刃こぼれを起さない為には”ネバリ”のあるナイフに作り上げる必要のあることも既に述べた通りです。

刃物の硬度を増すためには”焼き入れ”という作業が不可欠です。
真っ赤になるまで熱したものを、水や油に入れて急激に冷やす作業工程です。テレビなどでたまに見かけますよね。
「焼きを入れてやれ」なんかはここから来ているんですね。多分・・・。

でも、焼きを入れただけでは切れ味のある刃物は作れません。
この後の作業である焼き戻し(焼き直しなんて言い方もします)がとても重要な作業になります。
この焼き戻しで金属の組成が変化して切れ味が増すようになるのです。

焼きいれや焼き戻しの温度と時間は教科書に書いてありますが、教科書通りにやってしまうと普通のナイフになります。この”名前はまだない”ナイフは焼きいれ、焼きなましと元々の原料(鋼材)が全て教科書からはみ出て、特有の”ネバリ”が出るようにしている為、画像3のように刃こぼれする事なく、永切れするのです。画像3ですよ。キレイですね。

刃物の最終工程は”研ぎ”です。もうちょっとで終わりますからね。
この研ぎですが、当然ながら砥石を使います。
砥石には、天然砥石と合成砥石とがあります。
天然砥石は現在でも発掘が続いている鉱山は数える程で、良い物は殆ど掘り尽くされたり、天然と遜色の無い合成砥石が開発されたりと、天然砥石にとって、あまり良い状況とは言えません。

しかし、天然砥石は研ぎ味が良く、作業性も高まり、又、天然砥石で研いだ刃物は永切れする言われています。これには物理的な根拠は無いのですが、確かに永切れします。これは経験上、断言できます。
良い砥石は昔掘り出したものを市場で調達するしか方法はなく、高額なのが頭の痛いところです。

「刀鍛冶の作ったリードナイフ」”名前はまだない”の仕上げ作業は刃の状態によって通常8〜12種類の天然砥石を使って研ぎ上げているので切れ味が良く、さらに永切れするのです。

これらの砥石を揃えるだけでオーボエの本体が買えるほどです。気に入った砥石は数本在庫を持つからです。

「刀鍛冶の作ったリードナイフ」は、リード作りに苦しんだ開発担当が企画・開発したリードナイフです。

良いリードを作るには、良いリードナイフが不可欠だと思います。

切れ味が落ちたと感じた場合は、砥石やオイルストーンを使わず、別売りのルージュスティック(革砥石)で研いでください。
時間が出来ましたら研ぎサービスを行う予定ですので、それまではこのルージュスティックでしのいでください。

誤って落としてしまい、大きな欠けが出来てもその分全体的に細くはなりますが、必ず復活できます。
鋼は背の部分までしっかり入っていますので、極端ですが、残り5〜6mmになってもリードナイフとしての機能は保持されます。
再研磨サービス料金は、通常の研ぎ直しで1000円、欠けが出来ている場合は2000円を予定しております。
必ず新品の切れ味に復活をさせて返送します。これは手間賃と砥石代です。

最後まで御付き合い頂き、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。



■リードナイフのページに戻るには、こちらをクリック!


並び替え

 1件 〜 2件 (全 2件) 





 
台付ルージュスティック (ナイフ砥ぎ・革砥石)かわといし
1,404円  税込、送料別
 (8件)


日本が誇る刀鍛冶が作った本格的リードナイフ!世界最高級の切れ味!!【営業日14日以内の発送予定】刀鍛冶が作ったリードナイフ(オーボエ・クラリネット・ファゴット・サックス)
17,280円  税込送料無料
 (5件)


 

1件 〜 2件 (全 2件)

※商品ページの更新が定期的に行われているため、検索結果が実際の商品ページの内容(価格、在庫表示等)とは異なる場合がございます。ご注意ください。
通常商品  予約商品  定期購入商品  頒布会商品  オークション



 お気に入りページに追加

 会社概要・お問い合わせ
運営会社 株式会社アイオン ネットショップ運営部
会社所在地 〒626-0016
京都府宮津市字新浜3009番1階
営業時間 10:00〜17:30
定休日 土・日・祝祭日・年末年始・GW・お盆
TEL 0772-22-7636
FAX 0772-22-7637
E-MAIL myfriend@i-aion.co.jp
店舗責任者 久保 千裕


 商品の返品・交換
■商品の品質については万全を期しておりますが、万一ご注文商品が破損・汚損・不良品またはご注文と異なる商品が届いた場合は商品到着後7日以内に、まずはその旨を当ショップまでご連絡くださいませ。返品・交換方法についてお知らせさせていただきます。 ただし、A-bikeについてはご注意をよくお読みのうえ、ご注文ください。
■お客様のご都合による返品は、商品到着後7日以内にご連絡頂ければ対応させていただきます。その際の送料・返金時の振込手数料はお客様ご負担となりますことご了承ください。ただし、A-bikeについてはご注意をよくお読みのうえ、ご注文ください。
■但し、1度ご使用になった商品や、開封された商品、お客様の元で傷・破損等 が生じた商品の返品・交換はお受けできかねますのでご了承ください。
■返品時は事前に必ずご連絡を頂けますようお願いいたします。

返品・交換のご連絡はこちら
 卸販売について
卸をご希望される業者の方は、メールもしくはお電話にて直接お問い合わせいただけますようお願いいたします。
 個人情報の取り扱いについて
お客様からお預かりした個人情報を第3者に渡したり、流用したりする事はございません。
カードなどの決済についてはSSLを使った暗号通信を行っております。どうぞ安心してご利用下さい。

特定商取引についてはこちら

 お支払方法
お支払いには、クレジットカード、代金引換がお選びいただけます。

【クレジットカード】
取り扱いカードは以下の通りです。
・ VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners(リボ、ボーナス、分割24回払いが可能)
【代金引換】代引手数料は 全国一律 300円(税別)
業者: 佐川急便 
(沖縄・離島につきましては、お届け商品によっては他の配送業者を利用させていただくことがございます。)
 商品の配送について
配送業者:佐川急便
(沖縄・離島につきましては、他の配送業者を利用させていただくことがございます。)

【送料】全国一律 700円(税別)
※10,000円(税別)以上のお買上げで送料無料

【発送日について】
■商品の発送は、ご注文日から営業日3日(土日祝祭日を除く)以内を心がけております。
■商品によっては、1週間を要する場合もございますがご了承ください。
■土日祝祭日等の休日前日や休日にご注文いただいた商品の発送については、休み明けの手配となりますのでご了承ください。
■お届け地域によっては、発送からお客様のお手元に届くまで3〜4日を要する場合もございます。

【ご希望配達時間帯について】
◇10〜12時(午前中) ◇12〜14時 ◇14〜16時
◇16〜18時 ◇18〜21時
※一部地域では時間帯のご指定をご利用出来かねる場合がございます。
予めご了承くださいますようお願い致します。
※お日にちをご指定されます場合は、ご購入日の4日以降14日以内でお願い致します。配送の都合上、誠に申し訳ございませんが何卒ご了承下さい。
 ご注文商品の受付時間について
■当ショップでのお買い物受付は、24時間受け付けておりますが、お届けの手配は、営業日の午前9:30で翌日発送分の受付を締めさせて頂いております。
※商品によっては多少お時間を頂く場合がございまので、ご注文確認メールにてご確認くださいませ。
■午前9:30以降にご注文頂きました場合は、翌営業日の午前9:30に受付をさせて頂きます。
※当店定休日前日の午前9:30以降にご注文を頂きました場合は、翌営業日の午前9:30の受付となりますことご了承ください。

Copyright 2007-2016 Dear My Friend All Rights Reserved.