現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

家具TOP

営業日カレンダー
2016年12月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
休業日
・ご注文確認メール、お問い合わせメールへのご返信は、内容により1〜2日前後かかる場合がございます。ご了承くださいませ。
・万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
・交通事情や定休日(上記のカレンダーに記載)をなどの理由により、商品到着日・到着時間がご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

MUKU工房をもっと知る無料カタログはこちらから









  • 12月5日 ツインズ
    大柄の男性でも足を伸ばしてゆったりと寛げる広くフラットな座面が魅力的です。
  • 12月5日 グランディ
    ソファはたびたび買い換えることができない大型家具だから、こだわって選びたいもの。そんな期待にも、この「GRUNDY」ならきっと応えてくれることでしょう。
  • 11月25日 フォルクベンチ
    憩いの時間を引き立てる名脇役のベンチ。小さなお子様が並んで座るのにちょうどいい、かわいらしさと大人っぽさが共存するベンチが登場。
  • 11月22日 フォルクチェア
    限りなくシンプルなデザインから漂う高級感。丸いフォルムがやさしさを運んでくれる、居心地の良いチェアが登場。
  • 11月7日 テーパードチェア
    かわいいだけではすぐ飽きてしまう、素材と技が光るカラフルなチェア。4脚までスタッキングできる設計で沢山あっても収納に困ることはありません。
  • 11月4日 テーパードテーブル
    揃えられた角度が生み出す、美しい統一感。幅広いサイズ展開でひとり暮らしから大家族まで、ライフスタイルに合わせて最適の一台をお選び頂けます。
  • 10月17日 ダンランテーブル
    四角と丸の中間の形が やさしい毎日を作る。コンパクトな「ダンラン」テーブルに大人4人でゆったり食事ができるサイズが登場。
  • 10月5日 P・コード・スツール
    いつまでも座っていたくなる心地良さ。ペーパーコード編みの座面がやわらかく、爽やかさを運んでくれるスツールが登場。
  • 9月30日 TULAN TVボード 引出し仕様
    TULAN TVボードに引出しタイプが登場。サイズ、樹種共にバリエーションが豊富で、お部屋にぴったりはまるサイズがきっと見つかります。
  • 9月29日 Adesso(アデッソ) AL 006
    心を癒すやわらかな光、モニュメントとしても相応しい存在感。部屋を明るくする「照明」とは一線を画したデザインが、私たちの心を鷲掴みにします。
  • 9月28日 Adesso(アデッソ) AC 005
    華やかさと懐の深さを表現した凛とした佇まい。眺めているだけで心が落ち着くような優しさにあふれた姿は、驚きと安らぎを与えてくれます。
  • 9月27日 Adesso(アデッソ) AT 004
    厄除けの意味もある縁起の良い麻の葉の文様、その素材を古臭く感じさせることなくモダンに取り入れたました。

北海道旭川市で、優れた家具職人が無垢材にこだわりぬいて、手間と時間を費やし作られた天然木のTVボードです。無機質なテレビとの融合を見事に計り、空間的調和を追及したデザインとなっております。ご家族や友人との和やかなひとときを過ごす、大切なリビング空間の表情を豊かにするだけではなく、無垢材の深みのある質感と機能性を兼ね備えた逸品です。
旭川家具のソファはやや固めの座り心地が特徴です。ふかふかしたクッションも気持ちのよいものですが、長時間座るソファには疲れにくい座面が良いと考えています。また無垢のフレームを各部位に表現することで、「旭川家具らしさ」を出しています。10年、20年と受け継がれるデザインと、座り心地が味わい深いインテリア空間を作ります。
テーブルは厚みによって雰囲気も大きく変わります。中には50mmを超える木の重厚感を表現したデザインや木のぬくもりを残しながらシャープに仕上げたモダンなデザインまで様々。どちらにも言えることは、木の扱い方。しっかり水分を調節し、割れや反りを熟知した職人だからこそできるのが無垢のテーブルなのです。
椅子は製作が非常に難しいといわれています。背板の曲線、3次元加工された脚のデザインなど、技術力が無いと簡単には出来ない仕事です。職人の技術力を落とさないために、椅子を作ることをやめないメーカーもあるほどです。旭川家具の椅子は組み手・継ぎ手などの技術力のデザインの結集です。
旭川家具は婚礼たんすなどの「箱物」から家具の産地として有名になった言われています。しかし住宅様式の急激な変化により1980年代後半から需要が急減。そこで「家具」から「インテリア」への転換。つまりデザイン性を重視したキャビネットやサイドボードなど、旭川家具は職人達の技術力に、新たにデザイン力が加わることで進化してきました。


 お気に入りページに追加