国産 無垢材 旭川家具、インテリア通販

営業日カレンダー
2014年4月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
2014年5月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日
.
.

・ご注文確認メール、お問い合わせメールへのご返信は、内容により1〜2日前後かかる場合がございます。ご了承下さいませ。
・万が一、メールが届いておられない方は、お手数ですが再度ご連絡をいただけますようお願いいたします。
・交通事情や定休日(上記のカレンダーに記載)をなどの理由により、商品到着日・到着時間がご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。


【無料】MUKU工房オリジナルカタログのご案内



旭川家具のソファはやや固めの座り心地が特徴です。ふかふかしたクッションも気持ちのよいものですが、長時間座るソファには疲れにくい座面が良いと考えています。また無垢のフレームを各部位に表現することで、”旭川家具らしさ”を出しています。10年、20年と受け継がれるデザインと、座り心地が味わい深いインテリア空間を作ります。

テーブルは厚みによって雰囲気も大きく変わります。中には50mmを超える木の重厚感を表現したデザインや木のぬくもりを残しながらシャープに仕上げたモダンなデザインまで様々。どちらにも言えることは、木の扱い方。しっかり水分を調節し、割れや反りを熟知した職人だからこそできるのが無垢のテーブルなのです。

椅子は製作が非常に難しいといわれています。背板の曲線、3次元加工された脚のデザインなど、技術力が無いと簡単には出来ない仕事です。職人の技術力を落とさないために、椅子を作ることをやめないメーカーもあるほどです。旭川家具の椅子は組み手・継ぎ手などの技術力のデザインの結集です。

旭川家具は婚礼たんすなどの「箱物」から家具の産地として有名になった言われています。しかし住宅様式の急激な変化により1980年代後半から需要が急減。そこで「家具」から「インテリア」への転換。つまりデザイン性を重視したキャビネットやサイドボードなど、旭川家具は職人達の技術力に、新たにデザイン力が加わることで進化してきました。



 お気に入りページに追加