現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

オレンジ&イエロー|橙色&黄色

インターネットでカーテン買うならカーテンメーカーくれないダイレクト


黄色(イエロー)のカーテン

黄色(イエロー)は、もっとも明るい色彩で、心を陽気にさせる色です。
栄養素に例えると、黄色はビタミンAに相当します。
黄色は生体の胸腺に働きかけたり、目や皮膚を保護し、貧血予防、胃腸の働きを増進させ、消化不良や便秘に働きかけるなど、
体に良い働きをする色だとされています。
一方、風水では西側の窓に黄色のカーテンをすると金運アップになるといいますが、西側に窓がある場合は家具や棚をカーテン等で
塞がないと、逆に金運がそこからドンドン逃げるともいわれています。
カラーコーディネイトにおいて、センスにあまり自信の無い方は、オレンジ・黄・黄緑系や薄い黄色(レモン色とかクリーム色)を
壁紙やカーペット等に使うのも良いでしょう。
それに合わせて、面積の小さな物には青紫系の補色や、赤・青・緑などのビビッドな原色系のアイテムを置くと、アクセントの効いた
綺麗なお部屋になると思います。

以上は、一般的なコーディネイトという観点からの意見ですが、コーディネイトに自信のある方は、どしどしお好きな色を使ってみてください。

オレンジ(橙)のカーテン

オレンジ(橙)色は、生命力の赤と独立心を高める黄色が組み合わされた色で、強靭な意志を育みます。
心理的には、刺激・興奮を促し、男らしさなどを表現します。
風水では、新しい生活や仕事、何か新しく始める時のスタート運をアップすると言われ、旅立つ時にも縁起の良い色とされています。
オレンジ色のカーテンとインテリアのコーディネイトを考えると、同系色やクリーム系・ベージュ系など薄い色を面積の大きな壁やカーペットに使い、
面積の小さなところへのアクセントに補色である青系、または赤・緑・黄色等の原色を1〜2色用います。そうするとコーディネイト初心者の方でも、
簡単にセンスのあるお部屋作りが出来ると思います。

お探しのカラーをお選びください。





 お気に入りページに追加