現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

パープル&レッド|紫色&赤色

インターネットでカーテン買うならカーテンメーカーくれないダイレクト



赤のカーテン

赤色(レッド)には、人に安心感、または緊張感を与える心理作用があり、意欲を高める空間作りに最適な色です。
赤系カーテンをつける時には、同系色のピンクや、色相環で近い色オレンジ〜パープル色の壁紙・カーペットを使われると綺麗にコーディネイトできます。
また、淡いベージュやクリーム色などを面積の大きな壁や床に使い、赤をワンポイントにすると、やさしい感じのお部屋になります。

お部屋全体のコーディネイトを考えると、カーテンは比較的占める面積の割合が多いので、赤系を使う場合には色相環で反対色となる色(補色)、つまり寒色系の青・緑系の使用は控える方がいいでしょう。
もし使用する場合には充分に考えて使って下さい。例えば、青・緑系はワンポイント程度に抑え、赤系に近い色を中心にされることなどをお勧めします。
以上は、一般的なコーディネイトという観点からの意見ですが、私は基本的には好きな色を使えば良いと思っています。

紫(パープル)のカーテン

紫色(パープル)は、赤色と青色の要素を持つ色で、過度の緊張から疲れた心を癒してくれる効果があります。
欲求不満の色、病的な色などと言われることもありますが、心身の不調を整えて心のバランスを取り戻させてくれます。
風水では、南の方角に紫色(パープル)のカーテンをすると知性・気品・エレガンス・芸術性などの雰囲気をもたらすとされています。
高貴な印象を持たれたり、周囲から尊敬を寄せられるなどと言われています。
紫色(パープル)のカーテンをお部屋にする場合、大きなインテリア(壁紙やカーペットなど)は、薄い同系色かベージュ系、または
モノトーン等の控え目な色を多用します。部分的にアクセントとして青・赤・黄色・緑等の原色を使うとエレガンスさだけに流されず、
スパイスの効いた上品なコーディネイトが出来ると思います。

お探しのカラーをお選びください。





 お気に入りページに追加