今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

6/1 01:59迄 お買い物マラソン全ショップ対象ポイント最大35倍!1,000円OFFクーポン配布中
シリンダーの後ろの形が違うのに取替えられるの?



 





     1.  この様な形のキーをお持ちで、
    
     .ドアについているシリンダーがこのような縦向きのキー差込口。
これに該当するシリンダーの種類は、MIWA  LIX ・LSP ・BH ・LA ・LZです。
  .取外したシリンダーの後ろの、矢印の部分がこんな丸い形。


でも交換しようとする高性能シリンダーの後ろは全部丸い形じゃない?!
             ↓        ↓       ↓




 「それでも取替えられるの?」



店長の沖です。
「はい、取替えられます。その訳をご説明いたしましょう。」

MIWAのシリンダーのカンヌキ(デッドボルト)の開閉の仕組みを見てみましょう。
1.取外したMIWAのシリンダーにキーを挿し込んでみましょう(大きい画像はLAです)  2.シリンダーの後ろ側のこの部分にご注目ください。
           ↓

.すると挿し込んだキーの先端が出てきました。                   3.シリンダーにキーを完全に挿し込みました。
             
「挿し込んだキーのこの先端部分を使ってカンヌキ(デッドボルト)の開閉を行っています。」






キーを挿し込んだ状態の従来のMIWAのシリンダー(左)と高性能シリンダー(右)の後ろの形を見比べてみます。
MIWAのシリンダー(左)もキーを挿込むと高性能シリンダー(右)と同様の形状になり、
カンヌキ(デッドボルト)の開閉が行われることがわかります。




 お気に入りページに追加