現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

甲州印伝について

天トップ
池田屋印伝トップへ
送料無料 しおりプレゼント ギフト包装について
池田屋オリジナル印伝

オプション商品

印傳 素材の特徴お手入れについて技法と製造工程
印傳の歴史柄の意味池田屋オリジナル柄紹介
柄特集 (    


印傳について

軽く丈夫でしなやか。使い込むほどに味わい深くなる鹿革と漆。
実用品としての400年の実績を持ち、
世界の一流品と肩を並べる品質と伝統を持った 日本を代表する革製品「印傳」。

印傳(いんでん)とは甲州(甲府)で長年作り続けられている鹿革の上へ
漆で柄付けした伝統的な革製品のことをいいます。

印傳という非常に変わったネーミング、その名の由来は、印度伝来を略した(印伝)とも、“インデア”の変化した言葉とも言われています。鹿革に漆で柄付けする独特の技法は、今から400年ほど前、遠祖・上原勇七が考案したのが始まりだと言われています。漆付け技法のほか、鹿革の上へ顔料を捺染(=プリント)する更紗技法、藁と松脂を焚いた煙でいぶして染色する燻し技法といったものがあります。

素材の鹿革と漆はもともと四方を山で囲まれた甲州(山梨県)で古くから産出されたモノが使用されていました。鹿革は人肌に最も近いといわれ、摩擦に強く使い込むほどに手によく馴染み、漆は接着力、膜面の強さ、防水性、といった丈夫さと、独特の光沢という華麗さを持ち合わせた素材です。使い込めば使い込むほど味わいが深くなります。

印傳について

印傳素材の特徴

吟味された天然素材の風合い。軽く、強く、やさしい「鹿革」。自然の感触をいつまでも楽しむことができます。

印傳素材の特徴を見る

お手入れについて

ご自宅でも簡単にできて、専門的な知識も一切要らない、印伝のお手入れや保管方法についてご紹介しています。

お手入れについてを見る

技術と製造工程

手作りの誇りをこめて、磨き抜かれた熟練の技。どの工程をとっても高度な熟練と研ぎすまされた勘をを要します。

技術と製造工程を見る

印傳の歴史

今から400年ほど前、遠祖・上原勇七が鹿革に漆で柄付けすることを考案したのが始まりだと言われています。

印傳の歴史を見る

柄の紹介

柄のいわれ

印傳の柄は日本人にずっと親しまれてきた小紋柄が中心です。

柄の意味を見る

池田屋オリジナル柄

池田屋で考案したオリジナル柄です。

池田屋オリジナル柄を見る

柄特集

ひとつひとつの柄について詳しく紹介しています。

柄特集一覧を見る



 お気に入りページに追加

インフォメーション

Copyright(C),Bag&Luggage IKEDAYA,All Rights Reserved