今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

革製品のお手入れ方法

最高の革素材が生きる職人の街グッビオのハンドメイド本革手帳カバーやバッグ、財布など、イタリア革製品の逸品を独占直輸入でお届けします。
<全商品送料無料サービス中!>

システム手帳カバー
A5サイズ
バイブルサイズ
ミニ6穴
ほぼ日手帳カバー
A5・カズンサイズ
文庫本サイズ
本革ノートカバー
Lサイズ
M・A5サイズ
Sサイズ
SSサイズ
キャンバス地ノートカバー
M・A5サイズ
Sサイズ
ダイアリーカバー
Lサイズ
M・A5サイズ
Sサイズ
SSサイズ
手漉き紙ノート
Lサイズ
Mサイズ
Sサイズ
リフィル
アウトレットSALE

バッグ               
アタッシュケース
ビジネスバッグ
    ブリーフケース
リュックサック
ショルダーバッグ
トートバッグ
トラベルバッグ
ハンドバッグ
財布                 
長財布
二つ折り財布
三つ折り財布
その他革製品        
ステーショナリー
革小物



…定休日
営業時間 10:00〜17:00
土曜・日曜・祝祭日は
お休みです。




イタリア市場グッビオへのご来店ありがとうございます!!
商品情報やイベント情報、サイト上ではお伝えしきれない情報が盛りだくさんの《グッビオのつぶやき》はこちら



革手帳のお手入れ方法

長く使うものだから、きちんとお手入れをしたいですよね。
手をかけた分、愛着が沸いて、きっともっと魅力がアップするはず!!



革は生きています。革の元は皮、要するに私たちの皮膚と同じです。
しかし、自分で栄養を補給する事はできまません。
なので、表面からのお手入れが必要になってきます。正しくお手入れすると、一生ものとすることができます。







1.毎日、手やおでこの油でなでてあげる。
2.コンスタントにお使いいただき、しまい込まない。



◇普段のお手入れ


普段は、柔らかい布での乾拭きやブラッシングでほこりをためないようにしましょう。
ほこりがカビの元です。



時々、革に必要な栄養分(専用クリームやオイル)で磨けば、革の表情が甦って傷も目立たなくなります。その後は、風通しの良い所で保存しましょう。



※お手入品に関しては、革の材質や加工法に適したものを使用して下さい。しみや色落ちの危険性もあるので、目立たないところでチェックしてから使用するようにして下さい。







軽い汚れであれば、消しゴムタイプのクリーナーの利用がオススメです。
クリーナーで汚れた部分を少しづつこすって落として下さい。
この時、こすり過ぎると革の色落ちを起こしたり、革を傷めてしまうので気をつけてください。


消しゴムタイプで落とせない位の汚れの場合は、乳化性のクリーナーを利用します。
革に直接塗るとシミになりやすいので、柔らかい布にクリーナーをよく馴染ませて全体を一気に拭き上げます。その後、クリーナーを拭き取る様に軽く空拭きをします。


水に濡れてしまった場合、水を乾いた布で拭き取ってください。
革全体が濡れている場合バッグの中や靴の中などに乾いたタオルや新聞紙などをつめて、型崩れを予防するようにしましょう。また直射日光には絶対に当てず、風通しのよい日陰で湿気が抜けるまで陰干しすると革が痛みません。


◇間違ったお手入れ方法◇


■革を早く乾かすためにドライヤー・太陽に当てて乾かす■

革が水などで濡れてしまった場合にしてはいけないのが、高温での乾燥・直射日光による乾燥です。革はもともと動物の皮ですから、高温にあてられると、その性質が変質してしまいます。濡れたからといってドライヤーで乾かしたり、太陽の光に当てたりすると、革がゴワゴワになってしまったり、固くなってしまったりとひどい状態になります。革の乾燥は日陰で、風通しのよい場所で行うのが原則です。


■革の汚れを取るために水拭きした■

基本的に革をぬらしてはいけません。革をぬらしてしまうと革本来の油分が抜けてしまい、ゴワゴワになったり、しみになったりします。汚れをとるために水にぬらすというのは、原則としてNGです。


■オイルの与えすぎ■

革に適度なしめりや栄養、光沢を与えるために保革油(ミンクオイルなど)を塗るというお手入れは大切です。しかし、過ぎたるは及ばざるが如しというように与えすぎも考え物です。特に、オイルは塗ったあとは、表面に残っているオイル分はすべてふき取るようにしましょう。オイル成分を残しておくと後日カビの原因となります。



革の風合は時間と共に変化していきます。革も歳を取るのです。
しかし日々のケアによってその歳の取り方はずいぶんと変わります。
適正な知識、方法によって末長くご使用いただけましたら幸いです。



 お気に入りページに追加

バッグ
アタッシュケース
ビジネスバッグ
    ブリーフケース
リュックサック
ショルダーバッグ
トートバッグ
トラベルバッグ
ハンドバッグ
 
手帳カバー・リフィル
システム手帳カバー
ダイアリーカバー
ほぼ日手帳カバー
リフィル
ノートカバー・ノート
本革ノートカバー
キャンバス地ノートカバー
手漉き紙ノート
 
財布
長財布
二つ折り財布
三つ折り財布
その他革製品
ステーショナリー
革小物
 
 
クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済等をご利用いただけます。
 
万が一ご注文商品と異なる商品や不良品をお届けしてしまった場合には、ご返金・交換・再製作などの範囲で善処いたします。
商品到着後7日以内にメール又はお電話でお問合せ下さい。
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。
当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 
 
ご要望により、ラッピング、のし、ギフトカードにも無料で対応いたします。

ご注文の際、お申し付けください。

配送日時をご指定いただくことができます。
【送料料金表】に基づく料金となります。

※ 離島・一部地域は追加送料がかかる場合が
御座います。
>>詳細はこちら

 
 
 
グリーンポイント株式会社

〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17
TOCビル8F51-1号

TEL:03-5436-6636

店舗運営責任者:中村好子
店舗セキュリティ責任者:中村好子
店舗連絡先:info@gubbio.jp
 
 
Copyright (C) 2010 GUBBIO. All Rights Reserved.