現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

ウォッチメンテナンス




ウォッチメンテナンス

ウォッチメンテナンスイメージ

メンテナンス


●時計本体のメンテナンス
リューズが閉まっていることを確認してから、固く絞った濡れタオルで丁寧に拭き取り、その後、柔らかい乾いた綺麗なタオルで拭きあげて十分に乾燥させて下さい。

●バンドのメンテナンス
メタル・セラミック系素材は、時計本体に水がかからないよう、湿らせた歯ブラシや濡れタオルなどで汚れを落としましょう。ラバー・ウレタン・帆布・ナイロン系素材は濡れタオルで拭きあげましょう。天然(皮革)素材は、風通しのある所で乾かし、2〜3日は素材を休めましょう。※ラバー・ウレタン・皮革などは、ひび割れや汚れが目立ってきたら早めに交換して下さい。※非防水の時計は上記お手入れは行えません。また、防水性能は時計毎に異なりますので、取扱説明書でご確認下さい。

●プールや海で遊んだ後のメンテナンス
プールの塩素系薬剤や海の塩分が乾燥して、時計表面に付着します。そのまま放置すると錆び、変色の原因となりますので必ずお手入れしましょう。また、温泉には絶対に入れてはいけません。温泉成分で金属腐食(変色)などが起こります。(注:10気圧以下の時計は水遊びに使用できません)



【その他ご注意】
時計のリューズ(時計を合わせる箇所)がきちんと閉まっていないと、汗や水滴程度でも水が混入し、曇りや、サビの原因になります。その際は、保証対象外修理となりますのでご使用の際は必ず閉まっている事を確認しご使用下さい。


ムーブメントの種類

ムーブメントの種類イメージ

●クオーツ式時計
一番普及しているタイプで、駆動に電池を使用します。電力がなくなると時計は停止します。時間精度は月差で表示されています。時計が止まったら、時計店かメーカーにバッテリー交換を依頼しましょう。

●ソーラー式時計
文字盤のソーラーパネルで発蓄電し作動します。電灯程度の明かりでも十分に発蓄電します。時間精度は月差で表示されています。クォーツのように都度の電池交換の必要はありません。ただし、電子回路が経年で劣化しますのでオーバーホールは必要になります。

●自動巻時計/手巻き式時計(総称メカ時計)
ゼンマイを巻き上げて駆動させます。手巻き式は、リューズを手動でゼンマイを巻き上げます。自動巻きは、腕の動きで内蔵された振り子が回り、ゼンマイを巻き上げます。両タイプ共に、ゼンマイが最大に巻き上がった状態で40時間以上(機種により異なる)は作動します。作動に際して精密部品に負荷がかかるうえ、部品点数も多いため、一定期間を経てオーバーホールが必要です。※時間精度は日差で表示されています。※ゼンマイには巻き上げ方向があります。リューズを正面から見ます。時計回り(右方向)に回転させます。20〜30回程度、ゆっくりと回します。指先の僅かな抵抗を試しながら更に回します。強く抵抗が生じますのでそこで止めます。(無理に回すとゼンマイが切れて故障の原因となります。)リューズを引上げて時刻を修正します。(リューズは必ず元の位置に戻しましょう。)※反時計回り(左方向)に回してもゼンマイは巻き上がりません。

【精密部品で構成されたムーブメントのご注意】
精密部品で構成されるムーブメントは、磁力の影響を受けると不調や故障の原因となります。家電製品(ドライヤー・扇風機・冷蔵庫・洗濯機など)また、テレビやオーディオ機器(スピーカー)周辺に保管しないで下さい。携帯電話のイヤホン、ハンドバッグの留め具、磁力式健康器具にも注意が必要です。磁気を帯びた場合、時間遅れや進み、止まりなどが起こります。また「磁気抜き」修理をしない限り、機能の回復は出来ません。




 お気に入りページに追加