今あなたはポイント
-以上

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

今あなたはポイント合計#MULTI_TOTAL#倍以上

ベースポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
ボーナスポイント合計#GROUP_TOTAL#倍以上
  • #MULTI_TXT#+#MULTI_QTY#

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

佐藤さんのウクレレ製作レポート

営業日カレンダー
2016年8月
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
2016年9月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
休業日
配送休業日
配送のみ

カテゴリートップ

佐藤さんのウクレレ製作レポート

佐藤さんよりウクレレキットの製作解説をいただきました!
お買い上げいただいたキットは
ウクレレキット(表マホガニー単板)UK-KIT-4
このKITは、注意深く製作していけば誰でも簡単に仕上げられ、音の響きについても、マホガニー単板独特のまろやかな響きを堪能することができることでしょう。
※製作に関しての注意点は、まずキット付属の説明書をよく読んでください。次に、実際に接着する時や、削りだしを行う前に現物あわせを十分に行ってから固定してください。
この刷り合わせをいい加減にしていると、出来上がりの見栄えや、構造的に強度が出なくなりますのでご注意ください。
キットの説明書では最初にヘッド形状を決めるように指示がありますが、これは棹を胴体に固定する前に完成していれば問題ありません。あまり複雑な形状にすると仕上げに苦労しますので、ご自分の工作技量に合わせて形状を決めましょう。

私の場合は胴体から先に製作してしまいました。
胴体は、表面を滑らかにするため全体にサンディング(ペーパ掛け)を行います。このときに、表面のTOP板は単板であるため十分にサンディングしても問題ありませんが、側板と裏板は合板であるため、あまり削ってしまうとマホガニーが無くなって下の板が出て来てしまうので、表面以外はほどほどにしましょう。
側板と表板・裏板の継ぎ目に接着剤がはみ出ていることがあります。サンディングしても取れないミミズバレのようなものが残る場合は、カッターを使って削り取ります。このとき、本体を削らないよう十分注意してください。

この接着剤が残っていると、塗装がのらなかったり仕上がりで目立ってしまいます。場合によっては、裏板と側板のつなぎ目に隙間が出来ている場合があります。
穴が開いていない限り、音への致命的な影響はありませんが、見た目の仕上がりに差が出ますので、気になる方はDIY店で木工用パテを用意して埋めましょう。私は最終的に塗装で誤魔化せるかと思いそのままにしてしまいましたましたが、塗装だけではダメでした。側板と表板の繋ぎ目はバインディング(ハチマキ)を巻きますので、繋ぎ目に接着剤がはみ出していたら削っておきます。
胴体の下地が出来たら、バインディングとインレイです。バインディングも説明書通りにマスキングテープで固定しながら、木工ボンドで接着します。マスキングテープは粘着力が弱いものではダメで、3Mの黄色いものがよかったです。また、マスキングテープはケチらずに多めに使ったほうがよいようです。インレイは溝に薄く木工ボンドを塗布しておいて、内側から現物あわせでカットしていきます。ほんの心持、長めにしておくと微調整ができます。
インレイの合わせ面は層ごとに90度ずらしておくと、仕上がりが綺麗になりますよ。
次にフレットの打ち込みです。
説明書では長めに切って、後でヤスリ掛けで仕上げるようになっていましたので、その通りに組んでみましたが、ヤスリ掛けがかなり大変でした。フレットが指板からはみ出していたり、フレットの角が落としきれていないと弾いていて指に当たってしまいます。ギリギリを狙って削りますので、指板も一緒に削ってしまいました。
旨くやらないとダメだと思いますが、先にフレットを合わせて、角を削ってかた打ち込んだほうが綺麗に出来ると思います。私の指板の個体差かもしれませんが、解放から1フレット目までの長さが長くなっていて、所謂フレット音痴になっていました。最終的にブリッジピローを作って矯正しましたが、先に調整した方がよいと思います。このフレット間の長さは、計算式がありますので、詳細はネット等で調べてください。基本は弦の長さ÷17.817でフレットの間隔が計算できます。フレットの打ち込みには説明書の通り、硬い木を台にして小さいハンマーで打たないと打ち込めません。
仕上がりには、各フレットの高さが一定になっているか、波を打っていないか確認しましょう。一発で決めてあげればフレットは接着する必要はありません。

ヘッドの形状は決まりましたか?。よいよ棹の加工です。
棹は胴体との接合部にダボをはめ込んで、胴体とぴったり密着するか確認しましょう。私の場合、6mmのドリルで下穴をもっと開けてあげないとダメでした。ここが密着していないと、経年変化で棹が変形してきますので、しっかりと確認しましょう。
棹を胴体と接着する前に、フレット加工の終わった指板と現物合わせをします。
指板よりはみ出している部分を予めカッターやカンナで削っておいて、棹、胴体、指板の固定が終わってから最終整形をしましょう。
棹と指板の接合の目安は、胴体との繋ぎ目に12フレット目が来るようにあわせましょう。
いよいよ、全体の接着です。後でブリッジや指板などをリペアのため交換したい場合にはニカワを使いますが、木工ボンドのみでも大丈夫です。私は棹と胴体の接着とブリッジの接着に30分硬化のエポキシを使いました。
先ずは棹と胴体の接着。ここは接着材が固まるまでは強く均等に抑えておかなければなりません。エポキシの場合は30分で硬化するので利です。5分硬化は強度が落ちますので、30分タイプが良いかと思います。
次に指板を接着します。指板は木工ボンドで接着しました。目安は、12フレット目が丁度胴体との接合部に来るように位置決めしてください。
指板はそのままですと結構波打っていますので、木工用クランプ3個で固定しました。クランプが無い場合はタコ糸で縛っても良いですし、かなり邪道な方法としては、低粘度の瞬着を併用してもOKです。
ここまでできたら、棹を80番のカラ研ぎシート(紙やすりの一種)で荒削り、180番で仕上げをしましょう。胴体側も軽く仕上げて置くとより良いです。

さて、サドル、ブリッジ、ペグ以外のものが出来たらよいよ塗装です。サドルの接合部、指板の際には塗装が回らないようにマスキングしましょう。
私の場合は水性ニスのオーク色で仕上げました。エアガンではなく刷毛です。
最初にざっと塗ってしまいます。半日経ったら180番のペーパで全体をサンディングしてまた塗ります。3回塗った辺りでもう良いでしょう。
マスキングをはがす時に、カッターで切れ目を入れるを忘れずに。

螺鈿は、ニスを塗る前に貼り付けておいて、ニスが乾いたら上からカッターの背中で擦るように剥いでいきます。
もうあと少しです。ブリッジ、サドル、ペグを装着して、フレットと弦の高さを調節したら出来上がり。
佐藤さん、ありがとうございました!


 お気に入りページに追加