ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

一日のすべてを英語で表現してみる





一日のすべてを英語で表現してみる CD BOOK

朝から夜まで、身のまわりのことを英語で表現するためのフレーズが満載!

朝「私は早起きです」という表現から夜「すぐ眠りに落ちる」まで、身のまわりのさまざまな行動、遭遇する状況、頭の中を駆け巡る思いや考えを、シンプルで短い英語表現にして紹介しています。英語の上達に必要なのは日常的に英語に触れること。毎日聴いて、つぶやいてみることは、ネイティブと話す機会のない学習者が、ひとりで簡単に、すぐに実践できる効果的な学習法なのです。細やかで豊富なバリエーションを収録してあるので、文の形や語彙、フレーズもたくさん身につけられます。

レベル:初級〜中級

著者プロフィール:曽根田憲三(そねだ けんぞう)
立教大学大学院修了。現在、相模女子大学教授、中央大学兼任講師。UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)客員研究員(94、97、00)。アメリカ映画文化学会会長、映画英語アカデミー学会会長。著書に『今日のアメリカ小説』『アメリカ文学と映画』(開文社出版)、『海外で生活する英語表現集』『CD BOOK 教室で使う英語表現集』『CD BOOK 英語で経済・政治・社会が話せる表現集』『海外から商品を買うときの英語表現集』『CD BOOK 暮らしの英会話表現辞典』『CD BOOK シンプルな英語で日本を紹介する』『CD BOOK 数・単位・計算の英語表現集』『書きたいことがパッと掛ける英語表現集』(ベレ出版)、『英語の短い文章が3分で書ける』(明日香出版社)、『日常生活ですぐに使える英語表現集』「昔話で英会話シリーズ」の『桃太郎』『かぐや姫』『つるの恩返し』(勉誠出版)など。なお、『風と共に去りぬ』『第三の男』『シャレード』『欲望という名の電車』(スクリーンプレイ事業部)など数十冊のアメリカ映画シナリオ対訳本などを含めると、その数は160冊に及ぶ。
著者プロフィール:Bruce Perkins(ブルース・パーキンス)
オハイオ州立大学大学院修了。現在、相模女子大学助教授、外務省研修所講師。著書に『CD BOOK 英語で経済・政治・社会が話せる本』『CD BOOK 教室で使う英語表現集』『海外から商品を買うときの英語表現集』『CD BOOK 暮らしの英会話表現辞典』(ベレ出版)、『日常生活ですぐに使える英語表現集』「昔話で英会話シリーズ」『桃太郎』『かぐや姫』『つるの恩返し』(勉誠出版)など多数

一日のすべてを英語で表現してみる - セット内容・製品仕様

セット内容
  • 書籍 ×1
  • 音声CD ×2
仕様
著者:曽根田憲三・Bruce Perkins
ページ数:312ページ
サイズ:四六判
音声CD収録時間:CD1:67分・CD2:60分
この商品はメール便発送です。配達日時の指定不可。


一日のすべてを英語で表現してみる(メール便送料無料)CD2枚付属曽根田憲三英語教材英会話教材CDBOOK


一日のすべてを英語で表現する CD BOOK ベレ出版 曽根田憲三 英語教材 英会話教材 オーディオブック
一日のすべてを英語で表現してみる (メール便送料無料) CD2枚付属 曽根田憲三 英語教材 英会話教材 CD BOOK

商品番号  ichinichi-eigo
価格2,160円 (税込) 送料無料
ポイントアップ5倍 105ポイント
▼ 下記リストからお選びください。
配送方法を選択
代金引換
送料400円手数料324円
宅配便
送料400円日時指定可
メール便
送料無料日時指定不可

2〜4日以内に出荷予定/土日祝日を除く
選択不可
2〜4日以内に出荷予定/土日祝日を除く
×・・・売り切れ
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便

一日のすべてを英語で表現してみる

<本書「はじめに」より>
英語上達の切り札は日常的に英語に触れることです。英語の辞書を片手にお気に入りの小説や新聞、雑誌を多読するのも一つの有効な方法。ただし、これらには言語そのものに備わった最も重要、かつ基本的機能である音声がありません。

では、映画のDVDはどうでしょう。私たちの心をときめかす世界の美男美女ばかりか、音声付の多くのしゃれたセリフがあります。画面の中で躍動する彼らの眩しい姿は私たちの心を奪って話しません。しかも使われているセリフと音声は、その場の状況、役柄にもっともふさわしいものになっています。とはいえ、彼らの口をついて出る表現は、あまりにもオーセンティックであるために、省略形は言うに及ばず、スラングやジャーゴンなどに満ち溢れたもの、上級者には最適でも初級者や中級者には、しばしば難解なものと映るでしょう。

英語を母語とする友人を作るとか、日本人同士で英語を話すという方法もあります。ただし、残念ながら、誰もがこうした機械に恵まれるわけではありません。しかも英語で話し合うという方法は一見、容易に思えますが、実はハードルの高い困難が伴うもの。それを実行するには自分だけでなく、他人にも頼らざるを得ないからです。

ネイティブスピーカーの友人や英語を話し合う友人がいなければ、また友人が英語を話すのを止めてしまえば、この学習法は成り立ちません。どんな分野の学習もそうですが、最終的に頼るべきは他人ではなく、自分自身なのです。

そこで、自分の一日の行動や出来事、あるいは見たり、感じたりしたことを英語で表現するという方法を提案したいと思います。これなら他人に頼ることなく、自分一人で、また誰でも、いつでも容易に実行できるでしょう。

朝、目を覚ましたときから、夜、寝床に就くまでの多種多用な行動、動作、遭遇する出来事や状況、頭の中を駆け巡る思いや考えを、きれい事だけではなく、心の奥底で感じた人前では口にできないことも含めて、英語で表現してみることです。

たしかに、それら全てを英語で言い表すことは思ったほど簡単ではないでしょう。「だめじゃないか、そんなことしちゃ」とか「まいったな、財布にお金が入っていない」といった、日常的に使っている日本語表現を即座に英語で言えるでしょうか。

でも、それを可能にしてくれる英語表現集さえあれば、誰にでも簡単にできるはず。しかも、この心と体の日常的体験を英語で表現するというやり方は、いつ使うともわからない会話が収められた英会話本よと異なり、誰もが毎日、繰り返し体験するものであるだけに、興味や記憶の定着を含めた学習効果の点で最も優れた、超お勧めの方法です。そのことは、私たち母語である日本語を獲得してきた過程を振り返ってみれば明らかでしょう。

このような理由から、本書はワンランク、ツーランク・アップを熱望する初級者、中級者向けの英語上達の切り札として、朝の目覚めから深夜の就寝中の夢に至るまで、一日の平均的な体験と、そのときの状況ならびに人知れず心の中で感じている思いに関する様々な表現を「描写表現」「つぶやき表現」「SOS表現」に分類し、国際化たけなわの時代に夢の現実を目指して生きる英語学習者に供するものです。
(曽根田憲三)





 お気に入りページに追加