現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

便秘

港町神戸から愛をこめて…生きる希望!漢方・免疫専門店

ドラッグピュア楽天市場店

※医薬品の販売はご服用されるお客様の安全性を確保するためご相談販売を実施致しております。 ご相談・お問い合わせは相談専用フリーダイアル
0120-093-849
 までお気軽にどうぞ

便秘



どうして症状が起こるの?


便通は本来、毎日あるのが健康な状態です。3日以上なかったり、便が硬くて量が少なく残便感があったりする 状態を便秘と呼びます。
女性に多く、排便が困難になるほか、腹痛、腹部膨満感、食欲不振などの症状もあらわれます。肌荒れや肩こりなど、全身に影響が出ることもあります。



腸のはたらきと排便のしくみ


胃や小腸で消化された食物は、水分の多いどろどろの液状となって大腸に入り、ゆっくりと水分が吸収されて固形化(便塊化)し、肛門へと送られます。もし便塊が何日も大腸内にあると、水分吸収はさらに進み、便塊は硬く小さくなります。
腸の動きは、自律神経に支配されています。便を体外に送り出すためのぜん動運動(=腸のくびれが肛門方向に伝わっていくこと)は、胃に食物が入ると指令(=胃・結腸反射)が出て始まります。
そして、便が直腸に達すると大脳に指令が送られ、便意をもよおします(=排便反射)。ストレスにさられると、自律神経がうまくはたらかないため正常な腸のぜん動運動が起こらず、便が滞って便秘につながることがあります。
すなわち、便秘は自律神経が調節できないことによっておこる病気ともいえるわけです。



便秘の種類と原因


便秘の原因は、人によって異なります。
分類すると、機能性便秘3種類と器質性便秘の計4種類に分けられます。
症状に合った対処をするためにも、自分の便秘の種類を把握しておきましょう。


●機能性便秘(機能に何らかの障害があって便通が悪くなるもの)

【弛緩性便秘】(しかんせいべんぴ)
=大腸の運動が低下 腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ。便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多い。
おなかが張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こる。
運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが誘因に。


【けいれん性便秘】
=大腸の過緊張 副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ。
食後に下腹部痛、残便感などの症状があることも。
また便秘と下痢を交互にくり返すことも多い。精神的ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群などが誘因に。


【直腸性便秘】
=直腸に便が停滞 便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプ。
高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多い。


【器質性便秘】(具体的に物理的な障害があることによって便秘となるもの)
イレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があって、消化管(小腸・大腸)に通過障害が起こるタイプ。
血便、激しい腹痛、嘔吐などがあればすぐに病院へ行きましょう。このような便秘では腸管穿孔を起こすおそれがあるので下剤を使用してはいけません。


便秘の西洋医学的治療薬
(アントラキノン系漢方処方の一部を含む)


便秘薬(下剤)にも種類があり種類によって効果が異なります。
便秘薬を使っている場合は、その効果は種類によって異なるということは知っておくべきです。
便秘薬は大きく分けて2つの種類に分類されます。
「刺激性下剤」と「機械性下剤」です。


腸刺激性下剤と機械性下剤

腸刺激性下剤はその名の通り腸を刺激することで腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し排便を促します。
大腸を刺激性の下剤は即効性が高く短期的には効果があります。
反面副作用があり常用は避けるべきです。
大腸刺激性の下剤の中でもアントラキノン系の下剤は副作用で問題となっています。
市販の便秘薬の70%はアントラキノン系の便秘薬です。また機械性の下剤は、便をやわらかくして便のかさを増やしたりして排便を促します。
機械性の下剤も「塩類下剤」「膨張性下剤」「潤滑性下剤」の3つに分類できます。




便秘薬(下剤)の分類


大腸刺激性下剤(だいちょうしげきせいげざい)
フェノールフタレイン系/ フェノバリン ・アントラキノン系/アローゼン、プルゼニド・ジフェニルメタン系、ラキソベロン


【作用と副作用】
■アントラキノン系(センナ葉・大黄など)
→便秘薬(下剤)として広く用いられているセンナや、代表的な漢方便秘薬である大黄などがここに含まれます。
アントラキノン系便秘薬は、長期にわたって常用することで耐性がつきやすいとされています。
効果が出なくなってより強いものを服用するようになるという繰り返しは体によくありませんし、根本的な便秘の解決からは遠ざかる一方となってしまいます。
また、子宮の収縮を誘発することがあるので、妊娠中の人は流産や早産の危険性があります。
薬の成分が母乳に混ざる可能性も高いため、授乳中の使用も厳禁です。


■ジェニルメタン系:(コーラック・スルーラック・ラキソベロンなど)
便秘の市販薬で多く用いられている、ピコスルファートナトリウムやビサコジルなどに代表される薬剤です。
比較的新しく開発された成分で、刺激をソフトに抑え、自然に近い排便をもたらすのが特徴です。
そのため、一般的に副作用は少なめですが、それでも副作用が皆無というわけにはいきません。
もともと胃腸に異常がある人が使用した場合には、、腸閉塞や虚血性大腸炎といった重大な症状が 出る可能性があると言われています。


小腸刺激性下剤(しょうちょうしげきけいげざい)
ヒマシ油・オリーブ油など
【作用と副作用】
■ヒマシ油 小腸を刺激し腸の運動を活発にして排便をうながします。効果の発現は2〜4時間後です。
腸内容物をすみやかに除去するのに用います。速効性の「小腸刺激性下剤」です。
一般的な便秘薬ではなく、常習便秘に用いることはありません。食中毒における腸内の有害物質の除去を 目的に使用することがあります。
服用後、一時的に吐き気がしたり、腹痛を起こすことがあります。
腹痛、吐き気、発疹の副作用も報告されています。


機械性下剤(きかいせいげざい)
■塩類下剤 マグミット、マグラックス、マグコロール
【作用と副作用】
浸透圧の高い成分を大腸に届け、腸内の水分を増やす便秘薬です。
マグネシウム系の便秘薬がここに含まれます。腎臓に疾患を抱えている人はマグネシウムが溜まりやすいため、 高マグネシウム血症を引き起こす危険性があります。
また、心臓病の人も心不全などのリスクがあります。



■膨張性下剤 バルコーゼ顆粒
多量の水と一緒に服用すると、腸内で大きく膨張し、大腸を刺激する便秘薬です。
カルメロースカルシウムに代表される膨張制下剤の使用は、腸管が狭くなっている人は、 腸閉塞の危険性があるので、注意が必要です。



すべての便秘薬に共通している副作用は、腸への刺激からくる腹痛や吐き気、下痢、食欲不振などです。
刺激が強すぎると誰にでも起こり得るものですので、不調が出た場合には服用を中止しましょう。


不快な症状:早く治したい便秘!


今日の対処は西洋薬で出来るかもしれません。しかし根本的に改善するわけではありません。
長年便秘でお困りの方は体質的に「漢方や機能性素材」使って便秘を改善されることをお勧めします。



漢方での便秘体質改善


漢方では、「便秘なら○○」といった考えはありません。その人の体質にあわせて、治療方法を考えます。便秘の症状は様々ですが、大きく分けて下記の5つに分類できます

■熱タイプ
腸内の老廃物が、熱と結合して起こる
【特徴】
味の濃いもの、辛いものが好き
・口が渇きやすく、よく水を飲みたがる
・便はコロコロと乾燥していたり、尿は濃い黄色
・舌の色が赤かったり、黄色い苔がついている


■気滞タイプ
ストレスなどで気が張っていたり、滞っている
【特徴】
些細なことでくよくよしたり、環境の変化に弱い、また 生理前に体調が悪くなることが多い 胸脇が張ったような感覚がある、 ゲップやオナラが出やすい


■気虚タイプ
便は乾燥せず、栄養・体力不足が原因
【特徴】
顔色や舌の色が白っぽい
・疲れやすかったり、体力があまりない
・排便しても、なんだかすっきりしないことが多い
・無理なダイエットをした、ダイエット中


■血虚タイプ
血液や水分不足のため、腸を潤せない
【特徴】
顔色や髪にツヤがない、爪が割れやすい
・便はコロコロと乾燥している
・めまいや立ちくらみなどをよくしやすい
・生理後や出産後である


■寒タイプ
身体を温める機能が低下しているタイプ
【特徴】
・生ものや、冷たいものが好き
・手足やお腹が冷えている、寒がり
・尿量が多かったり、トイレが近い· 舌には白い苔がついている


タイプ別便秘漢方処方の一例
■熱タイプ
比較的体力があり、のぼせや頭痛がするタイプには、血液の滞りを良くする桃仁(とうにん、桃の種子)が入った「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)や、消化管の通りを良くし、気分もスーっとさせる大承気湯(だいじょうきとう)などが代表的です。


■気滞タイプ
精神的なストレスを受けやすい人には、気のめぐりを良くする柴胡(さいこ)という生薬が入った「大柴胡湯」(だいさいことう)や、ホルモンの分泌をよくする 「加味逍遙散」(かみしょうようさん)などもいいでしょう。


■気虚タイプ
子どもの体質改善や、妊娠中でも使用できるのは、下剤成分が入っていない「小建中湯」(しょうけんちゅうとう)です。消化機能を促進し、胃腸を丈夫にする 「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)も気虚タイプには向いています。


■血虚タイプ
読んで字のごとく、腸を潤す「潤腸湯」(じゅんちょうとう)や「麻子仁丸」(ましにんがん)などは、 コロコロの便が出るような習慣性の便秘や高齢者、手術後の方にもオススメですね。


■寒タイプ
便秘と下痢を繰り返すような人には「桂枝加芍薬湯」(けいしかしゃくやくとう)や 「人参湯」(にんじんとう)。
身体を温め、胃腸の機能をよくする働きがあります。




実際には複数の症状が組み合わさっていたり、5つのタイプにきっちりと漢方薬を分けることが出来ない場合もあります。


ドラッグピュアでは患者様の体力・気力などを見ながら処方します。また、免疫学的な観点や自律神経的な観点・そして長年の便秘状態によって引き起こされている腸内の腐敗を考えますと善玉菌を増やす「機能性素材」を併用することや、潤腸作用により腸壁から粘液を分泌させるのでこびりついた老廃物(宿便)をとれやすくするような製剤を組み合わせながら処方を組んでいく場合もございます。
生活習慣の改善も必要です。お一人お一人に合わせた製剤と養生法をご提案します。
長年の体質だからとあきらめず、当店の専門相談員までご相談ください。


ご注文の前にお読みください。
製造・取扱中止の場合はキャンセル処理をさせて頂く場合がございます。
サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。
当店では安全にご利用頂きます為に、一部の商品に関しましては医薬品管理者が必要に応じて数量を変更させて頂く場合がございます。その場合はメールにてご連絡をさせて頂きます。
商品在庫は実店舗と連動致しております。場合によっては、商品の到着迄にお時間を頂く場合がございますのであらかじめご了承下さいませ。(上記の場合は弊店よりご連絡差し上げます)
※注文確認メールが届かない場合は、こちら をご覧ください。

ご相談はお急ぎの場合は直接フリーダイアルへご連絡下さい。
専門相談員は実店舗の相談業務・学術研修などで、メールでのご返信が遅れてしまう場合がございます。大変勝手ではございますが何卒宜しくお願い致します。ちょっと気になることなど、どんな些細なことでもかまいません。フリーダイヤルを、お気軽にご利用下さい。

※お支払方法・配送方法に関しては、こちら をご覧ください。
※当店のピュアポイントに関しましては、こちら をご覧ください。
※医科向けサプリメント(メディシナルサプリ)も多数取り揃えております。お気軽にご相談くださいませ。



 お気に入りページに追加

医薬品販売について
医薬品販売について

医薬品販売業許認可証/管理・運営/一般用医薬品の販売制度に関する解説

店舗の管理および運営に関する事項


1. 許可区分

店舗販売業


2. 許可証の記載事項

許可番号   神保 第135YY1003号
発行年月日平成25年7月14日
有効期限   平成25年7月14日から平成31年7月13日まで
店舗販売業者氏名又は名称株式会社ドラッグピュア
店舗名称   ドラッグピュア
店舗所在地  神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11 サンシャイン鈴蘭台103号
許可証発行自治体名 神戸市


3. 特定販売(インターネット販売)届出書の情報

届出年月日  平成26年6月18日
届出先神戸市保健所長


4. 店舗管理者の氏名

登録販売者 大平 真理子
登録番号:28-09-90478 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:店舗管理・販売


5. 当該店舗に勤務する登録販売者の別、氏名、担当業務等

登録販売者 大平 真理子
登録番号:28-09-90478 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:店舗管理・販売

登録販売者 松田 誠司
登録番号:28-09-01552 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:統括管理・相談

登録販売者 松田 久美子
登録番号:28-14-00446 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:広報・相談対応

登録販売者 田仲 弘樹
登録番号:28-14-00451 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:企画・相談対応

登録販売者 村田 勇一
登録番号:28-12-00128 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:受注管理・販売

登録販売者 吉野 公貴
登録番号:28-12-00130 登録先都道府県:兵庫県
担当業務:発注管理・販売

厚生労働省(薬剤師)検索システム
ホームページ //yakuzaishi.mhlw.go.jp/search/


6. 取り扱う一般用医薬品の区分

指定第二類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品(店舗での対面販売、
ドラッグピュアでは、上記医薬品のみを取り扱います。)
劇薬、医療用医薬品、第一類医薬品は販売いたしません。


7. 勤務する者の名札等による区別に関する説明

登録販売者は、登録販売者と記した名札と白衣を着用しています。


8. 医薬品販売店舗の営業時間

店舗の営業時間(日祝祭日を除く)8:00〜20:00
インターネット販売の医薬品販売時間 8:00〜20:00
インターネットでの注文のみ受付時間 20:00〜8:00
(日祝祭日はインターネット注文のみ24時間受付)


9. 専門家が相談応需を受ける時間および連絡先の情報

1)通常時

電話番号:0120-093-849(フリーダイヤル)
メール:drugpure_4@shop.rakuten.co.jp
相談応需時間:8:00〜20:00

2)緊急時

営業時間外で相談できる時間なし

要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項


1. 要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の定義
およびこれらに関する解説

1) 要指導医薬品とは、医療用医薬品だったものが一般用医薬品にスイッチ(移行)され原則3年を経過していないものや、毒薬、劇薬等
2) 第一類医薬品とは 一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全上特に注意を要する成分を含むもの。
3) 第二類医薬品とは まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。
4) 第三類医薬品とは 日常生活に支障をきたす程度ではないが、身体の変調・不調が起こる恐れがある成分を含むもの。


2. 要指導医薬品、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の表示や
情報提供に関する解説

・ 要指導医薬品または一般用医薬品はリスク区分ごとに、「要指導医薬品」、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」の文字を記載し枠で囲みます。

第2類医薬品のうち、特に注意を要する指定第2類医薬品は、2の文字を○(丸枠)又は□(四角枠)で囲みます。一般用医薬品の直接の容器又は直接の被包に記載します。また記載が外から見えない場合は、外部の容器又は外部の被包にも併せて記載します。

・ 情報提供に関する解説 要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品にあっては、各々情報提供の義務・努力義務があり、対応する専門家が下記のように決まっています。

1) 要指導医薬品−薬剤師が対面で情報提供及び指導を行う(義務)
2) 第1類医薬品−薬剤師が文書を用いて情報提供する(義務)
3) 第2類医薬品−薬剤師・登録販売者が情報提供に努める(努力義務)
4) 第3類医薬品−義務はないが薬剤師・登録販売者が情報提供に努める

※ドラッグピュアでは取り扱う医薬品については、すべて登録販売者が対応します。


3. 指定第二類医薬品に関する販売サイト上の表示等の解説

指定第2類医薬品は分類を明確にし、他リスク区分の医薬品と混在しないよう表記を行っております。サイト上では【第(2)類医薬品】の文字を記載します。

指定第2類医薬品は小児や妊婦が禁忌とされている成分、相互作用や過量投与により心停止のおそれのある成分、習慣性・依存性がある成分を含みます。ご不明な点がありましたら、弊社の登録販売者にご相談ください。


4. 一般用医薬品の販売サイト上の表示の解説

一般用医薬品はリスク区分ごとに、【第2類医薬品】、【第3類医薬品】の文字を記載します。弊社では、第1類医薬品は取り扱っておりません。リスク区分に関する記載は、商品名とあわせて見ることができるよう記載します。


5. 要指導医薬品に関する陳列等に関する解説

要指導医薬品を、購入者又は使用者が直接手の触れられない陳列設備に陳列します。現状、要指導医薬品を取り扱っておりません。


6. 指定第二類医薬品に関する陳列等に関する解説

指定第2類医薬品を、新構造設備規則に規定する情報提供を行うための設備から7メートル以内の範囲に陳列いたします。


7. 一般用医薬品の陳列に関する解説

第1類医薬品を購入者又は使用者が直接手の触れられない陳列設備に陳列します。 現状、第1類医薬品を取り扱っておりません。また、第2類医薬品、第3類医薬品は、それらが混在しないように陳列します。


8. 販売記録作成に当たっての個人情報利用目的

医薬品の販売記録作成にあたっては、当社個人情報保護方針に従い適法かつ、適切に取り扱います。作成した販売記録(品名、数量、販売日時、販売・情報提供等を行った登録販売者氏名、購入者が情報提供等の内容を理解した確認結果、購入者の連絡先)は当店舗内で責任をもって保管し2年間保存いたします。


9. その他必要な事項

1) 当店では安全にご利用頂きます為に一部の商品に関しましては医薬品管理者が必要に応じて数量を変更させて頂く場合がございます。
2) 効能・効果、成分内容等をご確認いただくようお願いします。
3) ご使用にあたっては、用法・容量を必ず、ご確認ください。
4) 医薬品のご使用については、商品の箱に記載または箱の中に添付されている「使用上の注意」を必ずお読みください。
5) アレルギー体質の方、妊娠中の方等は、かかりつけの医師にご相談の上、ご購入ください。
6) 神戸市保健所予防衛生課の連絡先
(住所:神戸市中央区加納町6丁目5-1市役所1号館6階 電話番号:078-322-6796)
7) 厚生労働省「一般用医薬品の販売サイト一覧」はこちら
8) 店舗のアクセス方法はこちら


医薬品による健康被害の救済制度に関する事項

医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説 【 健康被害救済制度 】
独立行政法人医薬品医療機器総合機構は医薬品、生物由来製品による健康被害の救済に取組んでいます。

【 救済制度相談窓口 】

電話: 0120-149-931(フリーダイヤル 相談受付 9:00-17:30)
電子メール: kyufu@pmda.go.jp

【 医薬品副作用被害救済制度 】

くすりの副作用による健康被害には、医薬品副作用救済制度が適用されます。
これは、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。

医薬品は人の健康の保持増進に欠かせないものですが、有効性と安全性のバランスの上に成り立っているという特殊性から、使用に当たって万全の注意を払ってもなお副作用の発生を防止できない場合があります。このため、医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したものも含みます。)を適正に使用したにもかかわらず副作用による一定の健康被害が生じた場合に、医療費等の給付を行い、これにより被害者の救済を図ろうというのが、この医薬品副作用被害救済制度です。この医療費等の給付に必要な費用は、許可医薬品製造販売業者から納付される拠出金が原資となっています。

医薬品の安全販売のための業務手順

医薬品販売について
医薬品に関するご相談は、登録販売者がお答えします。
メールで相談する場合 メールアドレス: drugpure_4@shop.rakuten.co.jp
相談窓口 : TEL : 0120-093-849  FAX : 078-591-3608
| HOME | 会社概要 | 買い物かご | お支払い・送料 | レビュー | 商品一覧 |
一般社団法人 子宝カウンセラーの会 会員店
(c) 2010 DRUGPURE CORPORATION All rights reserved