現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

だれでも簡単ケア方法



■時計ベルトのケア方法

基本は水で丸洗いします。中性洗剤を薄めた水につけながら洗います。 洗い終わったら水気を拭き取り陰干ししておきます。 また、ナイロンストラップは使用を続けていくと側面などが若干ほつれてきます。
そのときはライターで上の図のようにサッと炙って下さい、長時間当てると焦げて変色する場合があります。


ケアクリームなどは靴や、腰に巻くベルトと違い、直接肌に触れますのでお勧めしません。どうしてもご使用されたい場合は、ベルトの端や目立たない箇所で、色落ちなどしないかご確認下さい。
基本ケアとしましては全体を乾いた布でよく拭いた後、ライニング(ベルトの裏地)を上に向けて水分・汗を蒸発させます。保管は直射日光の当たるところや、湿度の高いところは避けて下さい。


中性洗剤の水にブレスを浸します。柔らか目の歯ブラシで溝などに詰まった汚れを落としていきます。
歯ブラシが硬すぎますと、ポリッシュを傷つけてしまう恐れがありますのでご注意下さい。 落とし終わったら乾いた布で水分を完全に拭きとって完了です。


中性洗剤の水にラバーベルトを浸し、洗います。溝などに詰まった汚れを落としたい場合は柔らか目の歯ブラシなどで汚れを落として下さい。最後に 乾いた布で水気を拭きとって完了です。


柔らかい乾いた布で全体を拭いて下さい。また、ゴールド・ピンクゴールド・PVDには研磨剤を使わないようにしてください。




■自動巻き・クォーツのケア方法
全体を柔らかい乾いた布で拭いて汚れを落として下さい。自動巻きの時計はムーブメントの中にあるローターが動くことでゼンマイが巻き上がります。動かさずに時計を放置していると停止します。コンプリケーションウォッチをご使用の場合はなるべく停止しないように時計を動かし、巻き上げ続けるようにして下さい。それ以外の自動巻き時計をご使用の場合は使用時に巻き上げるだけでも大丈夫です。

全体を柔らかい乾いた布で拭いて汚れを落として下さい。またデイト機能が付いている場合は月末に日付の調節が必要な場合がございます。クォーツは電池で動いておりますが、購入直後のクォーツ時計にはモニター電池が内蔵されています。ご購入より1年以内に電池切れが起こりましたらご連絡下さい。




■その他
バネ棒先端のねじ込みがグラついていないか確認して下さい。Y字部分が摩耗している場合は交換をお勧めします。

柔らかい乾いた布で全体を拭いて下さい。ムーブメントカフスをご利用の方は、雨天や水気のある場所を避けて下さい。ムーブメントがむき出しになっておりますのでサビなどの原因につながります。使用しないときは乾燥剤入りのケースに収納しておくことをお勧め致します。

外側を軽く湿らせた柔らかい布で拭いて、最後に乾拭きして下さい。また、磁気の強い場所の近くには置かないようにして下さい。






 お気に入りページに追加