現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

レザー(革)時計ベルトのお手入れ方法



レザー(革)時計ベルトのお手入れ方法

時計革ベルトは肌に直接触れる部分も多く、日常のご使用で外に出る時間や日に当たる機会も多いので、消耗が激しいものでございます。
一日でも長くご使用が出来るようにDバックルのご使用をおすすめいたします。 Dバックルのご使用で、無理に時計ベルトを曲げる事がなくなるので、ベルトの寿命を延ばせます。
→Dバックルはこちら
また日頃のお手入れも重要です。
ご使用後は、乾いた布で拭いてあげるだけでも良い状態を保つことが出来ます。
革専用のオイルやクリーナー、防水スプレーなどのご使用も可能ですが、直接肌に触れる部分へのご使用にはご注意下さい。 肌がかぶれてしまうこともございます。

カーフ(牛革)


ブラッシングでホコリを取り、定期的にオイルやクリーナーを塗るのがおすすめです。 汚れが目立つ場合は、皮革用の汚れ落としクリーナーが市販されていますのでそれらの商品のご使用下さい。
保管の仕方としては、通気性のいい場所に保管するようにして下さい。 湿気が多いところや、直射日光が当たるようなところは避けて下さい。 もし水に濡れたときには乾いた布で水分をふき取り、 直射日光をさけ、自然乾燥させてください。
※サドルレザー以外のカーフ(型押し、耐水性など)は普通のカーフと同じようにお手入れして下さい。

サドルレザー


お手入れの必要があまりありません。
日頃からご使用になることが一番のお手入れですが、湿気には弱くカビが付きやすいです。
保管される場合は湿気の多い場所を避け、通気性の良い場所で保管して下さい。
濡れてしまった場合は柔らかい布で軽く叩くように水分を取り日陰で乾かして下さい。
必要に応じて(完全に乾ききる前に)オイルを塗り、通気性の良い場所に保管して下さい。

バッファロー


バッファロー他の革と比較しても丈夫で傷つきにくいという特徴があります。
お手入れ方法については、カーフと同じです。
普通のお手入れは乾拭きで十分です。

馬


ホースレザーもあまりお手入れの必要はありません。
ホコリを落としておくことをおすすめします。
時々乾拭きする程度で大丈夫です。

羊


通気性の良い場所で保管することを心がけてください。
お手入れ方法については、カーフと同じです。
羊皮にはツメによる傷がつきやすいですが、こすると落とせます。
定期的にオイルを塗る以外には特にメンテナンスしなくても、手の脂で自然な光沢をかもしだします。

トカゲ


表面のホコリをこまめに取ることをおすすめします。
汚れたと感じたら、柔らかい布で乾拭きとブラッシングして下さい。
他の革と同様に水・湿気・直射日光、高温には弱いので、もし、水に濡れた場合は、すぐに拭き取って風通しのよい場所で陰干し、保管するようしましょう。
なお、表面がツルツルのリザードレザーは、柔らかい布で乾拭きするくらいで基本メンテナンスは必要ありません。

ダチョウ


水と直射日光に注意して下さい。
汚れたらきつく絞った布で拭き取ります。
デリケートクリームを塗ってのお手入れがおすすめです。

シャーク


シャークスキンはイメージから防水性が高いと思われがちですが一部の特殊加工をした物を除いては耐水性が高いとは言えません。
大袈裟なメンテナンスは特に必要なく、汚れたら固く絞った布で優しく拭き上げる位で十分です。

象


非常に丈夫な革で、お手入れも簡単です。
ブラッシングをして埃を取り除いてください。

豚


お手入れ方法については、カーフと同じです。
黒いシミができたら消しゴムなどでこすることをおすすめいたします。

ヤギ


基本は羊皮と同じです。
ツヤを出すためのカイゼン仕上げを施したものは、水で濡らすと水ぶくれができることがあるので要注意です。

特殊素材


水に強く、耐久性も高い素材ですが、水に濡れた場合はすぐに拭き取って風通しのよい場所で陰干しすることをおすすめします。
日頃のメンテナンスは、時々乾拭きする程度で大丈夫です。

※オイルやクリーナー、防水スプレーなどを使用する場合は、最初に目立たない箇所で確認をしてからご使用下さい。 専用のクリーナーでも必ず目立たない部分で確認することをおすすめいたします。




 お気に入りページに追加