ヘルプ / 不適切な商品を報告

現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ダンスパーティー ピンク 5号(紫陽花 人気の…






↑6月23日撮影↑
人気のアジサイ
続々入荷中!
6月26日
数品種入荷予定です

ムクゲ
入荷予定!
人気品種【紫玉】
入荷しました!

6月20日!
ブーゲンビリア
ブライダルピンク
入荷しました!
大好評販売中!














カテゴリトップ > 樹木コーナー > アジサイ > ガクアジサイ
カテゴリトップ > 樹木コーナー > アジサイ > アジサイ 17年入荷株

アジサイ

 
【学名】Hydrangea
    「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」   

【分類】ユキノシタ科 アジサイ属


【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部


「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。


■栽培方法
早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。
鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。
ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。
いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。
また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。
具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。
置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。

■アジサイの斑点症状





アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、
後の成長や翌年の開花には影響はございません。


■アジサイの状態による販売分け
当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。
購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。


【アジサイの状態一覧表】






【入荷株】
【秋色】
【花痛み】
【花終わり(春)】
【花終わり(夏)】
【花終わり(冬)】
開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ、花の色が変化した状態 花が一部枯れや痛みのある状態 花期が終わり、花をカットした状態 花期が終わり、株が成長した状態 花期が終わり、落葉した状態
※上表はアジサイの状態を示す参考例です。品種やサイズにより、花や株の状態は異なります。


■用土、肥料と花色

 ハイドランジアはたいてい土の酸度によって花の色が変化します。
用土が酸性になると、土の中のアルミニウムが溶け出しハイドランジアに吸収され、
これが花の色素と結合して青色に傾き、
用土が中性からアルカリ性になると、アルミニウムは土に溶け出さないので、
ピンク色や赤色になります。
だから用土は、栽培しようとする品種の花色に合わせて酸度を調節する事で綺麗な花色にする事ができます。

青色を鮮明に出すには、酸性に傾いた用土を使用し、
ピンクや赤系の花は、中性の用土で作ると鮮明な色が出るようになります。
ただし、アルカリ性の用土で栽培すると、ピンク、赤系とも色はよく出ますが、
微量要素(主に鉄)が欠乏して生育が悪く、葉の色も黄色くなるので、
ピンク、赤系の花は中性の用土を使用した方がいいです。
 また肥料は、青系の花はカリ分(硫酸カリなど)を多めにし、
アルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を施すことにより、その品種本来の色に傾きます。
ピンクや赤系の花は、窒素やリン酸(骨粉など)を多く施すことにより、その品種本来の色に傾きます。
こういった事から、調整は非常に難しい部分がありますので、
当店では専用の肥料をおススメしております。

白色の花は土壌酸度や肥料にあまり影響されません。




アジサイ ダンスパーティ
学名: Hydrangea macrophylla"danceparty "
「ダンスパーティ」は西洋アジサイの「グライスチョイス」とヤマアジサイ「伊豆の華=小型のシチダンカに近い花」を掛け合わせて生まれた品種に 三宅常葉(ミヤケトキワ)=「三宅島産の常緑アジサイで、隅田の花火の丸弁にしたような花。」を掛け合わせて生まれた品種です。
庭植えもできるアジサイの開発で知られている「加茂荘花鳥園」さんの作出で、 細い花びらが優雅に広がり、庭植えにもむいているアジサイです。
八重咲の装飾花の数が多く、細弁でスッキリとした気品に満ちた名品です。


加茂セレクションの中の代表的な品種です。
近年人気が出て、大変多く流通するようになりましたが、作出されたのは1994年頃で、苗が流通始めたのは2000年を過ぎてから、さらに開花したアジサイの生産し始めたのは2009年頃からです。
花色はピンクが基本色です。販売されている鉢植はひらひらした花びらや軸が間延びしがちです。
ある程度日のあたる場所に露地植えすると花もまとまりのある大きさになり、軸も短く比較的しまった株になります。
下は露地植えされた「ダンスパーティー」2016.6.16


他のアジサイと同じように夏の直射が当たると葉焼けすることがあり、水切れすると葉が枯れることがありますので、乾燥しない半日陰が適しています。
花色はphにより、中心部の両性花は紅〜青紫となりますが、装飾花の色は比較的安定してピンク〜薄紅色で、よほど強い酸性土壌にしないと青い色にはなりにくいようです。




rアジサイ(紫陽花・あじさい)ダンスパーティー5号鉢【17年入荷株】


rアジサイ(紫陽花・あじさい)ダンスパーティー5号鉢【17年入荷株】


rアジサイ(紫陽花・あじさい)ダンスパーティー5号鉢【17年入荷株】


紫陽花 人気のあるあじさい
【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ダンスパーティー ピンク 5号

価格2,200円 (税込 2,376 円) 送料別
再入荷未定
売り切れました

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 小型宅配便
  • 大型宅配便
17年6月13日に入荷。 季節によって状態は変化します。176b ■アジサイのお手入れ方法

アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。
お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。
そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。
根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。
夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。




この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(25件)
このショップのレビューを見る
総合評価4.88

あゆ1176さん 50代/女性

評価5.00

投稿日:2017年05月24日

 迅速かつ丁寧な対応に感謝

注文してすぐ届きました。実物はとても大きく立派で、説明文も入っていて育てるのが楽しみです。また利用します。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

southern_wind2001さん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2016年06月16日

 満開でした

この時期なので,もう花は終わりかな・・・。と思って購入しましたが,なんのなんの,見事なダンスパーティが届きました。しばらく室内で楽しんで,露地植えしようと思います。こんなきれいな紫陽花,家内も大喜びです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 

kyねぇねぇさん 50代/女性

評価5.00

投稿日:2016年06月14日

凄く綺麗なピンクで、苗の状態も良く、これからお庭で育てるのが楽しみです。 

使い道 実用品・普段使い 使う人 家族へ 購入回数 はじめて 



商品の入荷情報をお届けします。購読無料!!